地神神社(松江市八束町二子)〈大根島〉

地神神社(ちじんじんじゃ)は 中海に浮かぶ蜛蝫島(たこしま〈現 大根島〉に鎮座します 出雲風土記733 AD.所載の島根郡 不在神祇官社「同蜛蝫社(おなじきたこ)のやしろ」の論社です

Please do not reproduce without prior permission.

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 島根郡(shimane no kori)

   不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】同蜛蝫社
読み(おなじきたこ)のやしろ
How to read(onajiki tako no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

官社ではない為 該当しません

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

地神神社(Chijin shrine)〈大根島〉

【通称名】(Common name)

二子のお宮さんふたごのおみやさん

【鎮座地】(location)

島根県松江市八束町二子501

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》瓊瓊杵尊(ににぎのみこと

【御神格】(God’s great power)

家内安全・厄除け・学問成就・縁結び

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

創建年代不詳

【由緒】(history)

詳しい由緒不明
永正7年(1510)の棟札あり

『出雲風土記抄 1683AD.』「蜛蝫ノ社 と 同社は 俗に曰く 大根島の社なり 一社は 地神大明神(くにつかみだいみょうじん) 一社は三社大明神なり」

【境内社】(Other deities within the precincts)

歳徳神 & 小祠

Please do not reproduce without prior permission.

・小祠 & 祭祀場

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

「中海に浮かぶ2つの島」「大根島」と「江島」は 19万年前の「火山」です

Please do not reproduce without prior permission.

航空写真にある中海に浮かぶ2つの島は

大きい島が「大根島」・・・蜛蝫島(tako shima)  『出雲国風土記』
小さい島が「江島」・・・・蜈蚣島(mukade shima)『出雲国風土記』

「中海に浮かぶ2つの島」は 19万年前の「火山」です

大根島・江島は「中期更新世の約19万年前に形成された小規模火山」とされています
大根島(だいこんしま)は 最高地点が標高約42メートルという日本一低い火山島です

現在も島に 残った溶岩(黒い石)は「島の石」と呼ばれて 石垣や建築材として活用されてきたらしく 神社の参道や手水鉢などにも利用されます

出雲風土記733 AD.所載の島根郡 不在神祇官社「同蜛蝫社(おなじきたこ)のやしろ」の論社は 四か所あります

同蜛蝫社 (おなじきたこ) (onajiki tako no) yashiro

・若宮社〈蜛蝫神社の境内社〉

・地神神社

・三所神社

・三社神社

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

中海浮かぶ大根島(だいこんしま)の北西 二子地区に鎮座します

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居扁額には「地神社」とあります
地神神社(松江市八束町二子)〈大根島〉に参着

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をして鳥居をくぐると すぐに一般道が参道を横切っていて その先に境内地があります

Please do not reproduce without prior permission.

境内の大木の横に 注連柱(しめばしら)二本の石柱の間に注連縄を張ったもの〉があり ここより御神域であることが判ります 再度一礼をして くぐります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿には 龍の彫刻が施されています

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には 幣殿 本殿が鎮座し 周りには境内社の祠が祀られています

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

中海に浮かぶ2つの島の名前の由来は

大きい島が「大根島」・・・蜛蝫島(tako shima) 『出雲国風土記』

小さい島が「江島」・・・・蜈蚣島(mukade shima)『出雲国風土記』

画像「文政四年 出雲国十郡絵図より(島根県立図書館蔵) 」

「大根島」の名称は
『出雲国風土記』にある「蜛蝫島たこしま」の伝承「杵築の御崎のたこを捕らえた大鷲が この島に飛来した故に蜛蝫」と名付けた」これからの転化とする説
島の古名「たくしま(栲島・多久島・焼島)」の俗称とする
大根の名産地であったことに由来する説などがありますが いずれも明確ではありません

蜈蚣島(mukade shima)は 形がムカデに似ていたとも云われます

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.島根郡にある伝承

中海に浮かぶ二つの島 
蜛蝫島(たこしま〈現 中海に浮かぶ大根島
蜈蚣島(むかで)〈現 中海に浮かぶ江島〉 について 記しています

古代 官営の牧場の設置にともない蜈蚣島(江島)に移住を命ぜられ住民と共に もともとは蜛蝫島(大根島)にあった蜛蝫神社は 遷座されたのではないかと考えられています

【意訳】

蜛蝫島(たこしま〈現 中海に浮かぶ大根島

周り一十八里一百歩 高さ三丈
古老伝え云う 出雲郡 杵築御埼(きづきのみさき)〈日御碕〉蜛蝫たこあり 天羽鷲(あのははわし)が捕らえて この島まで飛燕(とび)来たりて止まった
故に 蜛蝫島(たこしま呼ぶ 今の人は 拷島(たくま)と号している
土地は豊かに渡り 西の(ほとり)に松が二り 以外(ほかに)茅・沙(はますげ)・薺頭蒿(おぎ)・蕗(ふふき)の類が生え 靡(なび)いている 古代 官営の牧場がある 陸地去ること三里

蜈蚣島(むかでしま)〈現 中海に浮かぶ江島

周り五里一百三十歩高さ二丈
古老伝え云う 蜛蝫たこあり島に蜈蚣(むかで)を食べ来たりて この島に留まりき 故に蜈蚣島(むかでしま)という

辺の神社以外は ことごとく皆 百姓(おおみたから)の家
(つち)豊かに渡り 草木が扶踈(フソ)〈まばらに広がり〉 豊富なり
此淵(このふち〈この人の集まる所いわゆる島の里がこれである
去ること二里一百歩

即ちこの島より伯耆国(ほうきのくに)の郡夜見島(よみしま〈現 弓ヶ浜半島達する磐石(いわ)二里ばかりあり 広さ六十歩あまり

馬に乗りて猶往来する 鹽満る時満潮の時 深さ二尺五寸あまり 鹽乾く時〈干潮の時 己(すで)に陸地の如し

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲風土記抄(Izumo fudokisho)天和3年(1683)』にある伝承

蜛蝫ノ社 と 同社は 大根島に鎮座し 一社は 地神大明神(くにつかみだいみょうじん)〈現 地神神社(松江市八束町二子) 一社は三社大明神〈現 三社神社(松江市八束町遅江)or三所神社(松江市八束町入江)〉と記しています

【抜粋意訳】

蜛蝫ノ社 と 同社は 俗に曰く 大根島の社なり 一社は 地神大明神(くにつかみだいみょうじん) 一社は三社大明神なり

【原文参照】

Shimane University Library Digital Archive Collection『出雲風土記抄』著者 岸崎,時照(島根大学附属図書館所蔵)https://da.lib.shimane-u.ac.jp/content/ja/1609

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』意宇 焼島 二子 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

地神社と記され
「瓊々杵尊をまつる 永正七年 造立棟札あり
神のといふ岩あり 俚民ゆく事なし と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

『出雲国風土記』を引用して 同蜛蝫社は 江島(えしま)にある「東邊に神社あり」〈現 蜛蝫神社 境内若宮社 若宮畑(渡上)に元社地があったと伝〉に当たる と記しています

【意訳】

同蜛蝫社(おなじきたこ)のやしろ

江島(えしま)にあって、蜈蚣島條に「東邊に神社あり」とあるものに当たるであろう。倉稲魂命(うかのみたまのみこと)を祀る。
今、若宮畑(わかみやはた)とて、島の中部より少し西にある地は、天平時代には島の東部であって、その所に この社があったが、後に字 宮脇(みやわき)にうつした。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

地神神社(松江市八束町二子)〈大根島〉に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.