八口神社(雲南市加茂町神原)

八口神社(やぐちじんじゃは 出雲風土記733 AD.』所載の大原郡 神祇官社「矢口社(やくち)のやしろ」とされます 伝承によれば 八塩折りの酒に酔い草枕(くさまくら)山に伏せっている八岐大蛇(やまたのおろち)を 須佐之男命が この地から矢で仕留めたと伝わります

Please do not reproduce without prior permission.

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 大原郡(ohara no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】矢口社
読み(やくち)のやしろ
How to read(yakuchi no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 大原郡(ohara no kori)

【社名】八口神社
読みやくちの かみのやしろ
How to readYakuchi no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

八口神社(Yaguchi shrine)

【通称名】(Common name)

草枕山入口大明神・八口大明神・矢口大明神

【鎮座地】(location)

島根県雲南市加茂町神原98

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》素盞嗚命(すさのをのみこと)

【御神格】(God’s great power)

厄除け・商売繁盛

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

当社は延喜式 所載の式内社で、又 風土記 所載の矢口の社である。
風土記解 所載の神原郷 草枕山入口大明神である。
島根県神社庁HPより

【由緒】(history)

八口神社由緒

鎮座地 雲南市加茂町神原九八番地

祭神 素盞嗚命(スサノオノミコト)

由緒
 当社は延喜式神名帳(927年)に記載されている式内社であり、
また出雲国風土記733年にも八口社と記載されている極めて古い社である。
 八口の由来は 神代の昔、簸の川上に於いて素戔嗚尊(スサノオノミコト) 八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治し給う時、命(ミコト)に追われた大蛇(オロチ)が川を流れ下って、かろうじてこの地まで辿りき、草を枕に呻き苦しんでいた時、命(ミコト)が大蛇(オロチ)の八頭を切り伏せ給うた故事に因み八口という。
 また、当社の旧記によれば、現今の社地は創建以来の社地であり、遷宮を重ねながら現在に至っている。
 尚、当社の最古のものは永禄五年1562年 室町時代と記されており、その棟札が現存している。

現地案内板

Please do not reproduce without prior permission.

【境内社】(Other deities within the precincts)

横山神社《主》応神天皇
金比羅神社《主》大物主神

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

草枕(くさまくら)山 について

Please do not reproduce without prior permission.

八塩折の酒(やしおおりのさけ)を飲んだ八岐大蛇(やまたのおろち)が苦しんで枕にして寝た山であるといわれる草枕山
これを 須佐之男命(すさのをのみこと) 大蛇(オロチ)の八頭を切り伏せ給うた故事に因み八口という 伝わります

八口(やぐち)神社・草枕(くさまくら)

出雲国風土記には、「矢口社」と記載されています。
また延喜式には「八口社」と記載されています。
須佐之男命(すさのをのみこと)が八岐大蛇の八つの頭を斬られたことにより八口大明神といわれた。
また、大蛇が八塩折りの酒に酔い草枕山を枕に伏せっているところを男命(みこと)が矢をもって射られたので矢代郷、式内社矢口社という。

赤川は、安政年間まで草枕山の東南方を迂回して斐伊川に注いでいたが、度重なる水難のため山を真二つに切り開き流れを変え、現在に至っている。

主祭神 須佐之男命(すさのをのみこと)

現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

赤川の氾濫により 開削山を真二つに切り開き〉された草枕山

Please do not reproduce without prior permission.

安政年間(1854~1859)頃まで 赤川は 草枕山の東南方を迂回して斐伊川に注いでいましたが 治水工事によって 現在のように北西に流れて斐伊川と合流するようになったとのこと
この時に 草枕山を開削山を真二つに切り開き〉して 現在は 草枕山の全貌はなく その一部が残されています

案内板の通り 中央部が開削されています

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR木次線 加茂中駅から 県道157号を 赤川を下るように西へ 約4.7km 車8分程度
斐伊川に注ぐ赤川の合流点近くに来ると 草枕山が見えてきます

Please do not reproduce without prior permission.

社頭の県道案内があります

Please do not reproduce without prior permission.

八口神社(雲南市加茂町神原)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をして 鳥居をくぐるとすぐに境内地です
斐伊川と赤川が氾濫を繰り返した地なのだろうと思え 古木や大木もなく 平坦な地勢です

Please do not reproduce without prior permission.

参道には 狛犬が座し 正面に社殿が建っています

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿に掲げられた扁額には「式内 八口神社」と記されています

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には 幣殿 大社造りの本殿が鎮座します

Please do not reproduce without prior permission.

境内社にお詣りをして 参道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

社頭から県道へ出ると正面に 草枕(くさまくら) 素戔嗚尊の放った矢は この方向に飛んでいったのか と つい想っていた

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.』にある伝承

鎮座地の神原について 記しています

【意訳】

神原郷(かんばらのさと〈現 雲南市の加茂町神原 延野 大竹

郡家の正北九里

古老の伝に曰く 所造天下大神(あめのしたつくらししおおかみ) 神御財(かみのみたから)を積み置き給う所なり 則ち 神財郷(かんたからのさと)というべきに 今の人はただ誤たる故に 神原と号すだけである

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』大原郡 神原 にある伝承

八口神社(雲南市加茂町神原)と草枕が記され 神原は 神在月に八百万神が集われた原であると 記されています

『雲陽志(unyo shi)では

神原「矢口大明神」と記され

風土記に 矢口社(やくち)のやしろ あり
延喜式には 八口社(やくち)のやしろと記す これなり 素戔嗚尊をまつる

社家の伝え 八口明神といふ 八岐大蛇の八の頭を斬りたまう故に八口と称して可ならむ 本社 四尺四方
正保年中 建立棟札あり 祭禮 正月初卯の日 六月十五日 九月十九日 巫現神前に相會して神饌を供ふ」

神原「草枕」と記され

「横山といふ所あり 八岐大蛇 斬り処の草を枕としきて 故に号す」

神原神原と記され

「代室垣原といふ 土人 上の原ともいふ

古老の伝に曰く 十月十日八百萬神達 その原に来臨したまう 往古は御供百手の神事ありしが 何代絶えていふことを知らず

二十一日 諸神 佐陀の社集まりたまいて
二十六日には 又 神原へ帰えりたまふ 故に この所の神去風なり
里民 この間を 上の忌 下の忌 といふ

古歌詠人しらず
神在の月日になきで諸神の 時雨しくしく 神原の里」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD. にある伝承

【意訳】

八口神社

風土記に矢口社とあり 神原郷草枕村 八口大明神

祭神社家の説には 須佐之男命を祭ると云う
里俗の伝には 八岐大蛇の首頭 この処に埋めたりといふ

予按ふに 八口は八岐大蛇の事をいふたまひ 頭八つあれば 口も八つあれなり
又 風土記 意宇郡母里郷の條に 所造天下大神(あめのしたつくらししおおかみ)大穴持命 (こし)の八口を平(ことむ)け賜いて 坐(かえりましま) となる この八口の大蛇ならむと思える

神代記に 素戔嗚尊 勅蛇曰く 汝是可畏之神とありて 大蛇も悪神(ブル)の内の悪神を和め祭る事 神代よりの道なれは これは八岐大蛇の霊の祟る事のないようにとに斎ひ祭るものにて 里俗の伝えの方が実ならむ この地を草枕といふも八岐大蛇の草を枕としていたといふと里俗にいへり
〇祭日 正月初卯日 六月十五日 九月十九日

【原文参照】

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

【意訳】

矢口社(やくち)のやしろ

延喜式に八口神社とある。下神原の矢口大明神、素盞嗚尊(すさのをのみこと)を祀る。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

八口神社(雲南市加茂町神原) (hai)」(90度のお辞儀)

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る 

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.