元森神社〈金鑚神社の旧鎮座地〉・八坂神社(神川町二ノ宮)

元森神社(もとのもりじんじゃ)は 本殿をもたず御室山(御室ヶ嶽)を遥拝した上古に於ける信仰形態と伝わる金鑚神社の社殿跡地です 社伝には景行天皇の御代 (西曆100年頃 )日本武尊(やまとたけるのみこと)が火打石・火鑽金を鎮め祀ったことを創始とする 延喜式内社 武蔵國 兒玉郡 金佐奈神社(名神大)(かなさなの かみのやしろ)の旧跡となります

Please do not reproduce without prior permission.

目次

1.ご紹介(Introduction)

 この神社の正式名称や呼ばれ方 現在の住所と地図 祀られている神様や神社の歴史について ご紹介します

【神社名(Shrine name

元森神社Motonomori shrine〈金鑚神社の旧鎮座地〉

八坂神社(Yasaka shrine

通称名(Common name)

【鎮座地 (Location) 

埼玉県児玉郡神川町二ノ宮

  (Google Map)

【御祭神 (God's name to pray)】

元森神社《主》天照大神(あまてらすおほかみ)

八坂神社《主》素盞嗚尊(すさのをのみこと)

【御神徳 (God's great power)】(ご利益)

【格  (Rules of dignity) 

・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社の旧鎮座地
・〈金鑚神社の旧鎮座地〉元森神社(神川町二ノ宮)

【創  (Beginning of history)】

元森神社

本社の北東約500メートルの地、国道沿いに八坂神社と並んで鎮座する。 元々は金鑚神社の旧鎮座地であって当地から御室山(御室ヶ嶽)を遥拝したと伝えられている。 摂社元森神社秋尽祭では御室山を褒める「山ほめ神事」が行われている。

例祭(摂社元森神社秋尽祭):10月19日

金鑚神社公式HPよりhttps://www.kanasana.jp/2.html

【由  (History)】

『児玉郡神社一覧』昭和10年〉に記される内容

【抜粋意訳】

縣社 金鑚神社

一境外神社 元森神社

祭神 天照大神、素戔嗚尊、日本武尊

由緒 上古に於ける神社 社殿跡地なりと傳へあり

社殿 本殿、外宇

【原文参照】

『児玉郡神社一覧』,埼玉県神職会児玉郡支会,昭和10. 国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/pid/1033002

当社古は村の東方今の本森社ある処に建し由こゝに移せし 年代詳ならされども今の社地も陰森とし・・・

『武蔵国郡村誌』第8巻,埼玉県立図書館,1954. 国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/pid/2976653より

神社の境内 (Precincts of the shrine)】

 ・石祠二宇

Please do not reproduce without prior permission.

神社の境外 (Outside the shrine grounds)】

元森神社は 金鑚神社(神川町)の境外社です

・金鑚神社(神川町)

スポンサーリンク

この神社の予備知識(Preliminary knowledge of this shrine)

この神社は 由緒(格式ある歴史)を持っています

『日本三代實録(Nihon Sandai Jitsuroku)〈延喜元年(901年)成立〉』に記される伝承

貞觀四年(八六二)に 官社神階を授けられたことが記されています 

【抜粋意訳】

卷六 貞觀四年(八六二)六月四日辛丑

○六月戊戌朔 四日辛丑 武藏國 正六位上 金佐奈(カナサナノ) 於官社

卷六 貞觀四年(八六二)八月六日壬寅

○六日壬寅 授武藏國 正六位上 金佐奈(カナサナノ)に 從五位下

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス『日本三代実録』延喜元年(901年)成立 選者:藤原時平/校訂者:松下見林 刊本(跋刊)寛文13年 20冊[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047721&ID=M2014093020345388640&TYPE=&NO=画像利用

国立公文書館デジタルアーカイブス『日本三代実録』延喜元年(901年)成立 選者:藤原時平/校訂者:松下見林 刊本(跋刊)寛文13年 20冊[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047721&ID=M2014093020345388640&TYPE=&NO=画像利用

『延喜式Engishiki)』巻3「臨時祭」中の「名神祭Meijin sai)」の条 285座

延喜式Engishiki)律令の施行細則 全50巻』〈平安時代中期 朝廷編纂

延喜式巻第3は『臨時祭〈・遷宮天皇の即位や行幸国家的危機の時などに実施される祭祀〉です
その中で名神祭Meijin sai)』の条に 国家的事変が起こり またはその発生が予想される際に その解決を祈願するための臨時の国家祭祀「285座」が記されています

名神祭における幣物は 名神一座に対して 量目が定められています

【抜粋意訳】

名神祭 二百八十五座

・・・
・・・

金佐奈神社 一座 巳上 武蔵
・・・

座別に
絁(アシギヌ)〈絹織物〉5尺
綿(ワタ)1屯
絲(イト)1絇
五色の薄絁(ウスアシギヌ)〈絹織物〉各1尺
木綿(ユウ)2兩
麻(オ)5兩

嚢(フクロ)料の薦(コモ)20枚若有り(幣物を包むための薦)
大祷(ダイトウ)者〈祈願の内容が重大である場合

加えるに
絁(アシギヌ)〈絹織物〉5丈5尺
絲(イト)1絇を 布1端に代える

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス『延喜式 巻3-4』臨時祭 名神祭 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

国立公文書館デジタルアーカイブス『延喜式 巻3-4』臨時祭 名神祭 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

国立公文書館デジタルアーカイブス『延喜式 巻3-4』臨時祭 名神祭 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)(927年12月編纂)に所載
(Engishiki JimmeichoThis record was completed in December 927 AD.

延喜式Engishiki)律令の施行細則 全50巻』〈平安時代中期 朝廷編纂
その中でも910を『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)といい 当時927年12月編纂「官社」に指定された全国の神社式内社の一覧となっています

「官社(式内社)」名称「2861
・「鎮座する天神地祇」数「3132座」

[旧 行政区分](Old administrative district)
(神様の鎮座数)東海道 731座…大52(うち預月次新嘗19)・小679

[旧 国 名 ](old county name)
(神様の鎮座数)武蔵国 44座(大2座・小42座)

[旧 郡 名 ](old region name)
(神様の鎮座数)児玉郡 1座(大)

[名神大 大 小] 式内名神大

[旧 神社 名称 ] 金佐奈神社(名神大)
[ふ り が な ]かなさなの かみのやしろ
[Old Shrine name]Kanasana no kaminoyashiro

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

あなたが この神社に興味が湧くような予備知識をオタク視点でご紹介します

『原日本考』昭和17年〉に記される内容

金鑚神社の神寶゛火打ち金゛は ゛八咫御鏡゛の破片であると所傳される 事が記され 御祭神〈天照大神〉の由縁について考えることが出来ます

【抜粋意訳】

七 金鑽神社と八咫御鏡

 このサナが固有の意味をもって他の言葉と結合し、特異な表勇してゐるものに金鑽神社(埼玉縣兒玉郡青柳村)がある。武藏四十四座の神社のうち、氷川神社と共に大名神と延喜式に記され、往事から御神體のない宮であることで有名で、更に此の特徴を以て非常に古い宮であることとなってゐる。現在は國幣中社と立てられてあるが、社格はそれ以上に高かるべきものに推せられる。惜しいことに由緖を示す確たるものが不備である。從って明治の初め僅かに縣社として立てられた。後に昇格して國幣中社となっても一般にはこの神社の尊い意味が知られてゐない。

 だが御神實として保存されてある火打ち金は、日本武尊が燒津で野火の難に遭はれた時に使用せられたものを、尊から献進せられたもので、元來に八咫の御鏡の破片であると所傳されることから、本社の社格に一層高義な意義が帶びさせられてゐる。
八咫御鏡に御瑕のあることは、日本書紀の一書に立派に明記してあり、崇神天皇の朝に是れを模して、以後宮中内侍所に奉安置せられたる御鏡に就いても、

内裏焼亡の時、内侍所の神鏡焼損せず、其の鏡經八寸許り頭に小瑕ありと雖も、專ら圓矩を損ふ事無し云々
と天徳御起 (村上天皇大徳年間文献 )に記してあると傅へ、御瑕があるとすれば本社の火打ち金の由來説も、かうして丸きり根のないものではない。

 八咫の御鏡が、銅製の御品であるか、乃至鐵製の御品であるか、何分國家最高の神器であって、神秘森厳窺ひ知るよしもないのであるが、金鑚社が前述の如く我が國内でも稀れなる古い特徵を帶びてゐる神社であることと共に、著名な火切りの神事があり、火切り金は當然に鐵製物であるから、こゝの所傳も却々に棄てられない。
わが日本金属文化史の研究に手を着けられた先覚の一人山本信也博士は、伊勢雜例集二の、

内侍所神鏡今度焼亡 (中略)天地開闘之初、高天原に於て銅を以て鑄造之神鏡也
とある語句、並に小野宮•實資の小右記の、
十一月十七日迄申神鏡焼損事其定趣者。可改鑄歟。將如何 (中略)。若改鑄すべくば俗銅を以て神物と混ずべからず。焼遺されたる神物等を以て齋き奉る可き歟。猶鑄造せらるべき鏡體は、新たに銅を以て鑄奉り相副奉安置るか如何。
とある語句を以て、御鏡の銅製の御物たることを主張する人であるが、それにしても此の金鑚の所傳はわが國の最も古い記憶に添ひ、解釋さるべき貴重なものがある。と云ふのは此のカナサナなる言葉に、わが民族の最も古い信仰の徵表が見えるからである。

【原文参照】

福士幸次郎 著『原日本考』,白鳥書房,昭和17. 国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/pid/1041604

福士幸次郎 著『原日本考』,白鳥書房,昭和17. 国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/pid/1041604

延喜式内社 武蔵國 兒玉郡 金佐奈神社(名神大)(かなさなの かみのやしろ)の論社

・金鑚神社(神川町)

・元森神社〈金鑚神社の旧鎮座地〉・八坂神社

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(For your reference when visiting this shrine)

この神社にご参拝した時の様子をご紹介します

金鑚神社に参詣

・金鑚神社(神川町)

金鑚神社の一の鳥居〈R462号沿い〉を出てから北へ250m 徒歩3分

Please do not reproduce without prior permission.

途中左手に「大光普照寺」があり 聖徳太子の開創 舒明天皇 (じょめいてんのう)の 勅願寺 (ちょくがんじ)と伝えられています

金鑚神社の別当寺でした

金鑚大師(かなさなだいし)大光普照寺に参着

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

お詣りをします

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

大光普照寺の境内には神社も祀られています

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

境内を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

R462号沿い〉の東側に大木がありますのでわかります

元森神社(神川町二ノ宮)〈金鑚神社の旧鎮座地〉・八坂神社に参着

Please do not reproduce without prior permission.

祠に近づくと 大きな石が置かれていて その後ろに石祠が二宇

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

御神木は老木で 胴は抜けていますが 注連縄が廻され威厳を放っています

Please do not reproduce without prior permission.

御神木の奥に 覆い屋があり 二つの本殿が祀られています
扁額には
向かって右 元森神社
向かって左 八坂神社 とあります

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りをします
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

社殿の脇は すぐR462号です
道路側から見ると

Please do not reproduce without prior permission.

社殿に一礼をして 空を見上げると

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

神社の伝承】(A shrine where the legend is inherited)

この神社にかかわる故事や記載されている文献などをご紹介します

『神社覈録(Jinja Kakuroku)〈明治3年(1870年)〉』に記される伝承

式内社 金鑚神社 名神大について 所在は金鑽村に在す〈現 金鑽神社神川町二ノ宮〉と記しています

【抜粋意訳】

金鑚神社 名神大

金佐奈は 加奈左那と訓べし

〇祭神 素箋嗚尊、地名記

〇金鑽村に在す、地名記、参考、

例祭  日、 

式三、臨時祭 名神祭二百八十五座、中略 武蔵國 金佐奈神社一座

神位 官社
三代実録 貞觀四年(八六二)六月四日辛丑 武藏國 正六位上 金佐奈(カナサナノ) 於官社

貞觀四年(八六二)八月六日壬寅 授武藏國 正六位上 金佐奈(カナサナノ)に 從五位下

【原文参照】

鈴鹿連胤 撰 ほか『神社覈録』下編 ,皇典研究所,1902. 国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/pid/991015

『神祇志料(Jingishiryo)』〈明治9年(1876)出版〉に記される内容

式内社 金鑚神社 名神大について 所在は金鑚村にあり、五宮金鑚大明神といふ〈現 金鑽神社神川町二ノ宮〉と記しています
金佐奈(カナサナ)と 銅が産出した山なので 金砂の意から来ていると記しています

【抜粋意訳】

児玉郡一座大 金佐奈(カナサナノ)

今 金鑚村にあり、五宮金鑚大明神といふ、神道集、武蔵志料、拝舊祠記、神名帳考証、
〇按 本社の後なる山を金華山といふ、銅を掘し岩穴今現存と云り、之に據るに、金佐奈、金砂の義、其銅を出す山なるを以て、之を神とし祭る事 陸奥八溝黄金神社の如し、姑附て考に備ふ、

清和天皇 貞觀四年(八六二)六月四日辛丑 武藏國 正六位上 金佐奈(カナサナノ) 於官社

貞觀四年(八六二)八月六日壬寅 授武藏國 正六位上 金佐奈(カナサナノ)に 從五位下

醍醐天皇 延喜の制、名神大社に列る、延喜式

【原文参照】

栗田寛 著『神祇志料』第1巻,温故堂,明9-20. 国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/pid/815490

『特選神名牒(Tokusen Shimmyo cho)〈明治9年(1876)完成〉』に記される伝承

式内社 金鑚神社 名神大について 所在は金鑚村(児玉郡青柳村大字二の宮)〈現 金鑽神社神川町二ノ宮〉〈明治五年金鑽村 萩原村 二村を合して二宮村と改称す〉と記しています

【抜粋意訳】

児玉郡一座大 金佐奈神社 名神大  稱 金鑚大明神

祭神
神位 清和天皇 貞觀四年(八六二)六月四日辛丑 武藏國 正六位上 金佐奈(カナサナノ) 於官社
   貞觀四年(八六二)八月六日壬寅 授武藏國 正六位上 金佐奈(カナサナノ)に 從五位下

祭日 (四月十五日)
社格 (明治十八年四月二十二日列官幣中社)

所在 金鑚村(児玉郡青柳村大字二の宮)

今按 岩鼻縣神社考に本村に金鑚寺あり 寺の朱印高三十石はもと此神社のなりけむを奪はれしならんと云りさもあるべし さて思ふに金鑽寺は金佐奈神社の神宮寺なりけん 二宮村金鑽神社と云へとも 金鑽村と云ひ金鑽寺あれば此方なるべし

(湯川潔云 明治五年金鑽村 萩原村 二村を合して二宮村と改称す されば二宮村は即 金鑽村なり本書注 両村とせしば誤なり)

【原文参照】

教部省 編『特選神名牒』,磯部甲陽堂,大正14. 国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/pid/971155

『新編武蔵風土記稿(Shimpen musashi fudoki ko)』〈文政13年(1830)に完成〉に記される伝承

金鑚神社について 延喜式内社であるとし 往古 八幡太郎義家の奥州征伐の伝承を記しています

旧跡地として 見先社 本森社〈現 元森神社(神川町二ノ宮)〈金鑚神社の旧鎮座地〉・八坂神社〉を記しています

【抜粋意訳】

新編武蔵風土記稿 卷之二百四十一目錄 兒玉郡之四 八幡山領之一 金鑚村 金鑚神社

神體金山彦命或は 素戔嗚尊とも云 二十二村の惣鎮守なり
延喜式神名帳に 武蔵國兒玉郡 金佐奈神社名神大と載す
三代實録に 貞観四年六月四日武蔵國正六位上金佐奈神列於官社 同年八月六日授武蔵國正六位上金佐奈神從五位下と見ゆ
古は 村東今の見先森の兩社ある所に建し由 今の社地も松杉繁茂したれば
轉遷も古きことなるべし
往古の社傳は 元禄十一年回禄にかかり烏有となり 永禄年中の古鰐口を別當寺に蔵す 銘文に金鑚五宮と彫れり 其故は詳ならず 其圖に載す

末社 白山 諏訪 天神 駒繋石 旗掛杉 義家橋
此の三祠 何れも社邊にあり 往古 八幡太郎義家 奥州征伐のとき当社へ参籠ありて 駒を繋ぎ旗を掛 橋を渡せしものと云 今橋は石にて作り長九尺許

・・・
・・・

見先社 祭神詳ならず 以下同じ

本森社 以上二社は 金鑚明神の舊地にあり 即ち金鑚の末社に屬せりと云 村民の持
・・・

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス 『新編武蔵風土記稿』1830年(文政13年)著者:間宮士信 [旧蔵者]太政官正院地志課・地理寮地誌課・内務省地理局 活版 ,明治17年https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002820&ID=M2017051812110439332&TYPE=&NO=

国立公文書館デジタルアーカイブス 『新編武蔵風土記稿』1830年(文政13年)著者:間宮士信 [旧蔵者]太政官正院地志課・地理寮地誌課・内務省地理局 活版 ,明治17年https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002820&ID=M2017051812110439332&TYPE=&NO=

元森神社(神川町二ノ宮)〈金鑚神社の旧鎮座地〉・八坂神社 (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

武蔵国 式内社 44座(大2座・小42座)について に戻る

 

おすすめ記事

1

世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」のクライテリア(iii)として「古代から今日に至るまで山岳信仰の伝統を鼓舞し続けてきた 頂上への登拝と山麓の霊地への巡礼を通じて 巡礼者はそこを居処とする神仏の霊能を我が身に吹き込むことを願った」と記されます

2

出雲國(izumo no kuni)は「神の國」でありますので 各郡の条に「〇〇郡 神社」として 神社名の所載があります
『風土記(fudoki)』が編纂(733年)された 当時の「出雲の神社(399社)」を『出雲國風土記 神名帳(izumo no kuni fudoki jimmeicho)』として伝える役割をしています

3

大国主神(おほくにぬしのかみ)が 坐(ましま)す 古代出雲の神代の舞台へ行ってみたい 降積った時を振り払うように 神話をリアルに感じたい そんな私たちの願いは ”時の架け橋” があれば 叶うでしょう 『古事記(こじき)』〈和銅5年(712)編纂〉に登場する神話の舞台は 現在の神社などに埋もれています それでは ご一緒に 神話を掘り起こしましょう

4

出雲国造神賀詞(いずものくにのみやつこのかんよごと)は 律令体制下での大和朝廷で 出雲国造が その任に就いた時や遷都など国家の慶事にあたって朝廷で 奏上する寿詞(ほぎごと・よごと)とされ 天皇(すめらみこと)も行幸されたと伝わっています

5

出雲国造(いつものくにのみやつこ)は その始祖を 天照大御神の御子神〈天穂日命(あめのほひのみこと)〉としていて 同じく 天照大御神の御子神〈天忍穂耳命(あめのほひのみこと)〉を始祖とする天皇家と同様の始祖ルーツを持ってる神代より続く家柄です 出雲の地で 大国主命(おほくにぬしのみこと)の御魂を代々に渡り 守り続けています

6

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

7

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

8

對馬嶋(つしまのしま)の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳』に所載されている 対馬〈対島〉の29座(大6座・小23座)の神社のことです 九州の式内社では最多の所載数になります 對馬嶋29座の式内社の論社として 現在 67神社が候補として挙げられています

-延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)
-, ,

error: Content is protected !!

Copyright© Shrine-heritager , 2024 All Rights Reserved.