物部神社(与謝野町石川物部)

物部神社(もののべじんじゃ)は 創建年代は不祥ですが 延喜式内社 丹後國 與謝郡 物部神社もののへの かみのやしろとされます 『朝野群載』承暦四年(1080)には 〈天皇の身体を亀甲で卜い 卜兆に現れたところを奏上する儀式〉御卜にて゛丹後國 物部神の神祟あるを以て社司に中祓を科す゛と記されていますので 神威ある神社であることは確かです

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

目次

1.ご紹介(Introduction)

 この神社の正式名称や呼ばれ方 現在の住所と地図 祀られている神様や神社の歴史について ご紹介します

【神社名(Shrine name

物部神社(Mononobe shrine

通称名(Common name)

【鎮座地 (Location) 

京都府与謝郡与謝野町石川物部2013

  (Google Map)

【御祭神 (God's name to pray)】

《主》宇摩志麻遅命うましまぢのみこと

一説に蘇我石川宿そがいしかわすくねのみこと)〉
神道を奉じる物部氏の宗家〈物部守屋大連〉は 仏教を信奉する蘇我氏〈蘇我馬子 大臣〉と戦い敗れ〈用命天皇2年(587)〉 物部氏は徐々に衰退をして行く事になります
この蘇我氏およびその同族の伝説上の祖が 蘇我石川宿
どのような説で 物部神社の祭神となっているのだろか

【御神徳 (God's great power)】(ご利益)

【格  (Rules of dignity) 

・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創  (Beginning of history)】

創建年代不詳
〈延喜式927年)より以前

(式内)物部神社(もののべじんじゃ)

 この社(やしろ)は、平安時代の始め(西暦九〇〇年頃)醍醐(だいご)天皇の命によってつくられた延喜式神名帳(えんきせしきしんめいちょう)に登録されている由緒ある式内神社であります。
 神殿は江戸中期(一七三〇~一七四〇)に造営されたとわれているもので、その型式は権現造(ごんげんつくり)向拝付(こうはいつき)で欅材(けやきざい)られており、屋根は榑葺(くれふき)の建物です。
祭神宇麻志麻遅命 うましまぢのみこと(一説に蘇我石川宿 そがいしかわすくねのみことご神体神鏡 しんきょうです。
神像 しんそうは左大臣(さだいじん)、右大臣(うだいじん)の木造像と記されていますが 現存していません。

 神殿正面の「物部大明神 もののべだいみょうじん」の額は天明年(一七八五)日野資枝の筆によるもので元は鳥居にあがっていたものです。

参道の鳥居(横3.7メートル×高4.3メートル)は文化一〇年(一八一四)に建立されたものであり、掲げてある扁額「物部社」は「正二位 清原宣光公」の落款のある書と記されています。

 祭事は毎年四月二十五日、石川区合同の祭礼が行われ 当社より神楽・獅子舞・太刀振り・笹噺踊の行列が宮司・神社総代・区役員を先頭にして 上・中・下地区屋台とともに大宮神社まで巡行します。

 尚、当社では秋に「社日(しゃにち)祭」を行い農作物の豊じょうを感謝します。

現地由緒書きより

Please do not reproduce without prior permission.

【由  (History)】

物部神社

 石川村 小字 物部谷鎮座、村社 祭神 石川宿
延喜式神名帳所載の神社にて 朝野群載に
承暦六年 御卜に物部神の神祟あるを以て社司に中祓を科す旨あり、
田敷帳物部神神田四反
七十八歩 別当社僧 石川山神宮寺普門院累代奉仕し 霊代聖観音像 今同院に遺存す、
明治六年豊岡縣より村社に列せられ 祭典九月九日 氏子二百二十戸を有す。

国立国会図書館デジタルコレクションより抜粋https://dl.ndl.go.jp/pid/978724/1/125 『与謝郡誌 上』著者 京都府与謝郡 編 出版者 京都府与謝郡 出版年月日 大正12年

神社の境内 (Precincts of the shrine)】

神社の境外 (Outside the shrine grounds)】

スポンサーリンク

この神社の予備知識(Preliminary knowledge of this shrine)

この神社は 由緒(格式ある歴史)を持っています

『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)(927年12月編纂)に所載
(Engishiki JimmeichoThis record was completed in December 927 AD.

延喜式Engishiki)律令の施行細則 全50巻』〈平安時代中期 朝廷編纂
その中でも910を『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)といい 当時927年12月編纂「官社」に指定された全国の神社式内社の一覧となっています

「官社(式内社)」名称「2861
・「鎮座する天神地祇」数「3132座」

[旧 行政区分](Old administrative district)
(神様の鎮座数)山陰道 560座…大37(うち預月次新嘗1)・小523

[旧 国 名 ](old county name)
(神様の鎮座数)丹後国 65座(大7座・小58座)

[旧 郡 名 ](old region name)
(神様の鎮座数)與謝郡 20座(大3座・小17座)

[名神大 大 小] 式内小社

[旧 神社 名称 ] 物部神社
[ふ り が な ]もののへの かみのやしろ
[Old Shrine name]Mononohe no kamino yashiro)

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

あなたが この神社に興味が湧くような予備知識をオタク視点でご紹介します

『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』(927年12月編纂)に所載 「物部神社」の名称を持つ式内社について

物部氏は 太古の大和朝廷では 神道を奉じ軍事を司る氏族として「八十物部(やそのもののべ)」と云われ 絶大な勢力を保持していました
その後 神道を奉じる物部氏の宗家〈物部守屋大連〉は 仏教を信奉する蘇我氏〈蘇我馬子 大臣〉と戦い敗れ〈用命天皇2年(587)〉 物部氏は徐々に衰退をして行く事になります

『延喜式(Engishiki)』(927年12月編纂)の時代となっても かつての物部氏の勢力の大きさを示すように 広範囲に物部の神社は分布しています

各々の式内社〈物部神社〉の論社について

東海道

「伊勢國 飯高郡 物部神社」 

・伊勢寺神社(松阪市伊勢寺町)〈合祀〉

 

「伊勢國 壹志郡 物部神社」 

・物部神社(津市新家町)〈山辺の行宮〉

 

「尾張國 春日部郡 物部神社」 

・味美白山神社(春日井市二子町)〈合祀〉

・味美二子山古墳(春日井市二子町)〈旧鎮座地〉 

・諸大明神社(春日井市松本町)

・八所神社(豊山町豊場木戸)

「尾張國 愛智郡 物部神社」 

・物部神社(名古屋市東区筒井)

・御器所八幡宮(名古屋市昭和区)

「甲斐國 山梨郡 物部神社」 

・物部神社(笛吹市石和町)

・御室山〈大蔵経寺山〉(笛吹市春日居町)〈旧鎮座地〉

・大石神社(山梨市西)

・大石神社(甲州市塩山赤尾)

・白山建岡神社(山梨市上栗原)

「武蔵國 入間郡 物部天神社」 

・北野天神社(所沢市小手指元町) 

東山道

「美濃國 厚見郡 物部神社」 

・伊奈波神社(岐阜市伊奈波通)

・伊奈波神社 旧跡(岐阜市赤ケ洞)

・岩戸八幡神社(岐阜市長森岩戸)

・岩戸神社(岐阜市長森岩戸)〈参考論社〉

北陸道

「越中國 射水郡 物部神社」 

・物部神社(高岡市東海老坂)

「越後國 頸城郡 物部神社」 

・物部神社(上越市清里区)

「越後國 三嶋郡 物部神社」 

・二田物部神社(柏崎市西山町)

「佐渡國 雑太郡 物部神社」 

・物部神社(佐渡市小倉)

山陰道

「丹後國 與謝郡 物部神社」 

・物部神社(与謝野町石川)

「但馬國 城崎郡 物部神社」 

・韓國神社(豊岡市城崎町)

「石見國 安濃郡 物部神社」 

・物部神社(大田市)石見国一之宮

山陽道

「播磨國 明石郡 物部神社」 

・可美真手命神社(押部谷町細田)

・惣社(神戸市西区伊川谷町)

西海道

「壱岐島 石田郡 物部布都神社」 

・物部布都神社跡(壱岐市郷ノ浦町田)〈旧鎮座地〉

・天手長男神社(壱岐市郷ノ浦町)〈物部布都神社を合祀〉

・國津神社(壱岐市郷ノ浦町)

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(For your reference when visiting this shrine)

この神社にご参拝した時の様子をご紹介します

京都丹後鉄道 与謝野駅から東南方向へ約1.9km 車5分程度

府道613号で 野田川を渡り 続いて香河川を渡ると R176号との交差点があり そのまま直進すると旧道に突き当たる これを左折すると 右手に参道入り口の鳥居が見えてきます

Please do not reproduce without prior permission.

社頭には駐車スペースはあります

Please do not reproduce without prior permission.

石段に覆いかぶさるように古木があり 古社の様相を示しています

Please do not reproduce without prior permission.

建屋があり 中を覗くと 手水鉢があり 手水舎でした 清めます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

石段の前には 獣除けのバリケード柵と扉があり 開け閉めを行いながら参拝します

物部神社(与謝野町石川)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

獣除けの扉には シカ・イノシシの侵入を防ぐとあり 熊と書かれていないので 扉を開け閉めて 石段をあがります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

長い石段を上がると 踊り場があり もう一度 石段があります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

境内は 二段になっていて 石垣が積まれた上壇に社殿が鎮座します

Please do not reproduce without prior permission.

下壇には 土俵だろうか 祭祀場だろうか 中央に土の盛られた場所があります 石灯籠と 百度参りの゛百度碑゛があります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿にすすみます
上壇に上がる石段の手前には 狛犬が座します

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

石段を上壇にすすみます

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿はなく 幣殿が拝所のようになっていて 本殿は覆屋の中に在ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りをします
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

本殿のすぐ手前に置かれていた これは何でしょうか
仏教で云う゛木魚゛のようなものでしょうか?

使い方がわからなかったので 触れませんでした

Please do not reproduce without prior permission.

扁額は 説明書きによると
神殿正面の「物部大明神 もののべだいみょうじん」の額は天明年(一七八五)日野資枝の筆によるもので元は鳥居にあがっていたものです

Please do not reproduce without prior permission.

社殿の周囲には 玉垣が廻されていて 奥は山となっています

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

玉垣の内には 神田の寄進の碑が建っています

Please do not reproduce without prior permission.

社殿に一礼をして 参道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

神社の伝承】(A shrine where the legend is inherited)

この神社にかかわる故事や記載されている文献などをご紹介します

『神名帳考証土代(Jimmyocho kosho dodai)』〈文化10年(1813年)成稿〉に記される伝承

式内社 物部神社について 大水口宿禰(おおみなくちのすくね)に関係するのではないかと考察しています

大水口宿禰
『先代旧事本紀』「天孫本紀」や「物部」系図では出石心大臣命(いずしこころのおおおみのみこと 饒速日尊三世孫)と新河小楯姫の子と記され
『新撰姓氏録』「左京神別 天神 穂積臣」条では 伊香賀色雄(伊我男命)と新河小楯姫命の子 神饒速日命の六世孫と伝える

同書では伊香色雄命(伊香賀色雄)は 饒速日尊六世孫と

【抜粋意訳】

物部(モノノヘノ)神社

志麻

「旧事紀」物部呉足尼連公依羅連祖 續紀 宝亀七年閏八月 丹後国 與謝郡 人米女部乃自女一産三男
〇按 米女朝臣 大水口宿祢之後 物部同祖也

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『神名帳考証土代』(文化10年(1813年)成稿)選者:伴信友/補訂者:黒川春村 写本 [旧蔵者]元老院https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000039328&ID=M2018051416303534854&TYPE=&NO=画像利用

『神社覈録(Jinja Kakuroku)〈明治3年(1870年)〉』に記される伝承

式内社 物部神社について 所在は石川村〈現 物部神社(与謝野町石川)〉と記しています

【抜粋意訳】

物部神社

物部は毛乃乃倍と訓べし、和名抄、郷名部 物部

〇祭神 志麻

〇石川村に在す 舊事記

類社 伊勢國 飯高郡 物部神社の條見合すべし

雑事 朝野群載云、承暦四年六月十日、秦亀卜 御體御卜、中略 坐 丹波國 物部神云々、社司等依過穢神事祟給、遣使科 中祓可 令祓清奉仕事、下略 宮主正六位上行少祐 卜部宿祢兼宗、中臣従六位下行大祐 大中臣朝臣惟維、

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『神社覈録』著者 鈴鹿連胤 撰[他] 出版年月日 1902 出版者 皇典研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991015

『神祇志料(Jingishiryo)』〈明治9年(1876)出版〉に記される内容

式内社 物部神社について 所在は石川村〈現 物部神社(与謝野町石川)
物部大明神と呼ばれている と記しています

承暦四年(1080)に 御卜〈天皇の身体を亀甲で卜い 卜兆に現れたところを奏上する儀式〉にて 物部神の神祟あるを以て社司に中祓を科す とも記しています

【抜粋意訳】

物部(モノノベノ)神社

今 石川村にあり、物部大明神といふ、

蓋 物部連の祖神を祭る

白河天皇 承暦四年六月 御卜に、物部神の神祟あるを以て社司に中祓を科す
伏見天皇 正慶元年 物部郷の神田凡四段七十八歩ありき
凡 九月九日を例祭とす

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『神祇志料』https://dl.ndl.go.jp/pid/815490著者 栗田寛 著 出版者 温故堂 出版年月日 明治9[1876]

『特選神名牒(Tokusen Shimmyo cho)〈明治9年(1876)完成〉』に記される伝承

式内社 物部神社について 所在は石川村〈現 物部神社(与謝野町石川)
と記しています

【抜粋意訳】

物部(モノノベノ)神社

祭神 宇麻志摩遅(ウマシマジノ)

祭日 九月九日
社格 村社
所在 石川村 字物部(與謝訓石川村大字石川)

【原文参照】

国立公文書館デジタルコレクション『特選神名牒』大正14年(1925)出版 磯部甲陽堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/971155

物部神社(与謝野町石川) (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

丹後国 式内社 65座(大7座・小58座)について に戻る

おすすめ記事

1

世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」のクライテリア(iii)として「古代から今日に至るまで山岳信仰の伝統を鼓舞し続けてきた 頂上への登拝と山麓の霊地への巡礼を通じて 巡礼者はそこを居処とする神仏の霊能を我が身に吹き込むことを願った」と記されます

2

出雲國(izumo no kuni)は「神の國」でありますので 各郡の条に「〇〇郡 神社」として 神社名の所載があります
『風土記(fudoki)』が編纂(733年)された 当時の「出雲の神社(399社)」を『出雲國風土記 神名帳(izumo no kuni fudoki jimmeicho)』として伝える役割をしています

3

大国主神(おほくにぬしのかみ)が 坐(ましま)す 古代出雲の神代の舞台へ行ってみたい 降積った時を振り払うように 神話をリアルに感じたい そんな私たちの願いは ”時の架け橋” があれば 叶うでしょう 『古事記(こじき)』〈和銅5年(712)編纂〉に登場する神話の舞台は 現在の神社などに埋もれています それでは ご一緒に 神話を掘り起こしましょう

4

出雲国造神賀詞(いずものくにのみやつこのかんよごと)は 律令体制下での大和朝廷で 出雲国造が その任に就いた時や遷都など国家の慶事にあたって朝廷で 奏上する寿詞(ほぎごと・よごと)とされ 天皇(すめらみこと)も行幸されたと伝わっています

5

出雲国造(いつものくにのみやつこ)は その始祖を 天照大御神の御子神〈天穂日命(あめのほひのみこと)〉としていて 同じく 天照大御神の御子神〈天忍穂耳命(あめのほひのみこと)〉を始祖とする天皇家と同様の始祖ルーツを持ってる神代より続く家柄です 出雲の地で 大国主命(おほくにぬしのみこと)の御魂を代々に渡り 守り続けています

6

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

7

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

8

對馬嶋(つしまのしま)の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳』に所載されている 対馬〈対島〉の29座(大6座・小23座)の神社のことです 九州の式内社では最多の所載数になります 對馬嶋29座の式内社の論社として 現在 67神社が候補として挙げられています

-延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)
-,

error: Content is protected !!

Copyright© Shrine-heritager , 2024 All Rights Reserved.