玖夜神社〈切明社〉(松江市国屋町)

玖夜神社〈切明社〉(くやじんじゃ)は 出雲風土記733 AD.』所載の島根郡 不在神祇官社「同玖夜社(おなじきくや)やしろ」で 御子神 国忍別命を祀る〈切明社〉と呼ばれます 又 同じ境内にある玖夜社(くや)やしろ」は 父神 素戔嗚尊を祀る鞍掛社〉と呼ばれています 

Please do not reproduce without prior permission.

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 島根郡(shimane no kori)

   不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】同玖夜社
読み(おなじきくや)やしろ
How to read(onajiki kuya no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

社ではない為 該当しません

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

玖夜神社〈切明社〉(Kuya shrine)

【通称名】(Common name)

切明社(きりあけしゃ)

【鎮座地】(location)

島根県松江市国屋町313

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》国忍別命(くにおしわけのみこと)

【御神格】(God’s great power)

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

創建年代不詳

【由緒】(history)

玖夜(くや)神社の由緒

玖夜神社(村社)は 松江市国屋町鞍掛に鎮座。

通称名を鞍掛神社と称し
素盞嗚尊(すさのをのみこと)」をご祭神とし、地区住民の守護神であります。
当社の建立年代は定かではありませんが、上古代、出雲の国の創立のご功績により『出雲国風土記』に登場する神様として古くより斉奉されております。

 中古代において 鞍掛社と称せられ『出雲国風土記俗解鈔』には「久羅加気(くらかけ)社」とも記されています。

 この社は地方開発の神様として古くよりあがめられ五穀豊穣、家内安全の守護神としてあらたかな御神徳をもたらされております。

主な祭礼日

春 祭 三 月 十九日 祈年祭(としごいのまつり)
例大祭 十 月 十九日 大祭
秋 祭 十一月二十九日 新嘗祭(にいなめさい)

切明神社(無格社)は 参道を入ってすぐ左の石段を登ったところに鎮座し

「国忍別尊(くにおしわれのみこと)」をご祭神として奉らけております。
『雲陽誌』享保二年(1717年)には「両社を鞍掛明神、切明明神と記し、祭神は 鞍掛明神 素盞嗚尊、切明明神 国忍別尊なり」と記されています。

 鞍掛明神は父神、切明明神は子神という関係にあたります。

切明神社の祭礼日は

春 祭 三 月一日 祈年祭(としごいのまつり)
例大祭 九 月一日 大祭
秋 祭 十一月一日 新嘗祭(にいなめさい)

でしたが、
今後は 玖夜神社(村社)の例大祭に取りまとめて行うことになっております。

現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【境内社】(Other deities within the precincts)

スポンサーリンク

【境外社 (Related shrines outside the precincts)】

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載の 玖夜社 (くや) (kuya no) yashiro

・玖夜神社 (鞍掛社)

 

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

玖夜神社境内に露出している「松江層」海の潮の満ち引きによってできた地層(サンドウェーブ)

Please do not reproduce without prior permission.

玖夜神社境内に露出している「松江層(まつえそう)」と呼ばれるこの地層は 約1000万年前に堆積した潮汐堆積層ちょうせきたいせきそう)」です 潮汐現象を示す内湾性の地層で 複雑な水の流れあった事を示唆しています

Please do not reproduce without prior permission.

玖夜神社境内の松江層(まつえそう)

この玖夜神社境内の崖には貴重な地層が観察されますこの地層は、約1000万年前に堆積した「松江層」と呼ばれるものです。松江層は、私たちの暮らす松江市の中心付近に分布します。主にここ、玖夜神社境内にみられるような砂岩泥岩から形成される地層と嫁が島や上乃木、茶臼山といった高台みられる玄武岩という岩石松江層は形成されています。

 松江層が形成された1000万年前は、人類が誕生(およそ260万年前)する遥か昔、新生代第三紀中新世紀と呼ばれる時代にあたります。当時の松江市周辺は、浅い海から内湾の環境であったと考えられています。
玖夜神社境内の地層は、砂岩と泥岩から構成されますが、海の潮の満ち引き、つまり潮汐によってできた地層(サンドウェーブと呼びます)が観察できる日本でも珍しい大変貴重なものです。

玖夜神社境内のサンドウェーブは、主に潮が満ちるときと引くときの流れがあるときに堆積した砂岩と、鹽の満ち引きの間の流れが停滞したときに堆積した薄い泥岩とで形成された事がわかってきましたが、まだまだ謎に満ちた貴重な地層であると言えます。

 境内で観察される地層は、崖の下半部と上半部の主に2つの部分に分けられます。
崖の下半部は、ヒメスナホリムシなどの生痕化石(生物巣穴跡などが化石として残ったもの)や二枚貝の化石が見られます。
一方、崖の上半部ではスナガニの生痕化石や植物根の化石が観察でき、河川などの影響が認められる内湾であったと考えられています。サンドウェーブが観察されるのは境内の南側の露頭の中程やや上あたりになります。
ここ、玖夜神社境内の露頭は、古松江湾とも呼ばれる昔の環境を良く保存していると言えます。
地層のしま模様や化石を観察し、悠久の地質時代や松江の地を想像・勉強する一つのきっかけになれば幸いです。

解説・写真 島根大学 松本一郎

現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

松江城の西にある国屋町の宮ノ池(ため池)龍徳寺の間
玖夜神社〈鞍掛社〉の参道を入ってすぐ左の石段を登ったところに鎮座します

Please do not reproduce without prior permission.

石段を上がると 出雲式の狛犬が構えています
玖夜神社〈切明社〉(松江市国屋町)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

その上に手水鉢あり 拝殿と 本殿が鎮座します

Please do not reproduce without prior permission.

境内への参道階段は 北から南へと上がりますが 拝殿は東向きに建ちます

Please do not reproduce without prior permission.

本殿の扁額は 字が薄くなっていますが「玖夜社」とあります

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

東から朝陽が差し込んでいます

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.島根郡にある伝承

ご祭神の 国忍別命(くにおしわけのみこと)は 須佐素命(すさすのみこと)の御子であると 島根郡 方結郷(かたえのさと條に 記されています

【意訳】

方結郷(かたえのさと〈現 美保関町片江惣津 玉江 七類の一帯 〉

郡家の正東二十里八十歩の所

須佐素命(すさすのみこと)の御子 国忍別命(くにおしわけのみこと)が 「わたしが敷いている地は 国の形が宣(え)〈国の形が良い〉と のたまえり
故に 方結(かたえ)という

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』島根郡 國屋 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

鞍掛明神 切明明神と記され

「風土記に玖夜社 同社とあり 此神を云 鞍掛明神は素盞嗚尊、切明明神は國忍別命なり
両社とも破壊して今は假殿にて 東向き 境内 九十間に二十五間
祭礼 五月朔日 六月五日 八月二十五日 御坐替ノ神事と云う 九月十九日 年中四度の祭事なり
に曲たる古松あり 鞍掛松と云い傳て 明神の神木なるによりて名をつくるか たるによりて名つくるかいかさま故あるべけれども 知る人のなきこそ本意なけれ」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

【意訳】

玖夜社(くや)のやしろ

國屋(くや)の鞍掛(くらかけ)大明神である。須佐之男命を祀る。

【意訳】

同玖夜社おなじきくや)のやしろ

國屋(くや)の貴利阿氣(きりあけ)大明神である。須佐之男命の子、國忍別命(くにおしわけのみこと)を祀る。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

玖夜神社〈切明社〉(松江市国屋町)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載の 玖夜社 (くや) (kuya no) yashiro

・玖夜神社 (鞍掛社)

 

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.