鏡神社(雲南市大東町新庄)

鏡神社(かがみじんじゃ)は 社記に 当地住人の福間重賢が鑪(タタラ)事業で成功し櫨場の守護神として鏡作社(石凝姥尊)を勧請し祀っていたが土地の産土 比和社へ合祀せんと(独力で)再建御造営して社号を鏡宮大明神と改めたとあり出雲風土記733 AD.』所載の大原郡 不在神祇官社「比和社(ひわ)のやしろ」の論社の一つです 

Please do not reproduce without prior permission.

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 大原郡(ohara no kori)

   不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】比和社
読み(ひわ)のやしろ
How to read(hiwa no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

官社ではない為 該当しません

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

鏡神社(Kagami shrine)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

島根県雲南市大東町新庄432

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》天照大神あまてらすすめおおかみ
   瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)
   石凝姥尊(いしこりどめのみこと)

【御神格】(God’s great power)

・人生儀礼、お宮参り、七五三、厄除、賀齢祭

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

鏡神社

[本 殿]
大社造変態 間口一間 奥行一問

[由緒・沿革]
 創立年代は久遠にして詳らかではないが、出雲風土記所載の比和社である。御祭神も天照皇大神、瓊瓊杵尊を主祭神として祭られていたが、当地住人 福間重賢と言う者が山尾谷において鑪(タタラ)を築いて砂鉄事業を営み成功したため、それまでに大和国城下郡の伊多社、麻気社より石凝姥尊を櫨場の守護神として勧請、鏡作社として祭っていたのを土地の産土、比和社へ合祀せんと思い、(独力で)再建御造営して社号を鏡宮大明神と改めたと古記に有る。

尚 拝殿東側山に宮尾古墳有り。その付近より古墳時代の高坏が出土(神主宅に保管)。又 東側古墳付近より大東町の展望がすばらしい。

現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【由緒】(history)

鏡神社

[鎮座地]
 島根県雲南市大東町大字新庄平432

[主祭神]
 天照大神 瓊瓊杵尊 石凝姥尊

[境内神社・祭神]
地主神社素盞嗚尊 大己貴尊 事代主尊 大山祇尊
・社日神社(天照大神 少彦名命 埴安姫命 大己貴命 稲倉魂命)

[境外神社・祭神]
・山神神社(大山祇)・瘡瘡神社(稲背脛命)
・幸神神社(猿田彦命)・秋田神社(軒遇突智命)・荒神神社(素蓋鳴尊)

[神紋]
 二重亀甲三星に一ツ引

[祭日]
 例祭 十月二十九日 祈年祭 三月九日 新嘗祭 十一月二十四日

[本殿]
 大社造変態 間口一間 奥行一間

[由緒・沿革]
 創立年代は久遠にして詳らかではないが、出雲風土記所載の比和社である。
御祭神も天照皇大神、瓊瓊杵尊を主祭神として祭られていたが、当地住人福間重賢と言う者が、山尾谷において鑪(タタラ)を築いて砂鉄事業を営み成功したため、それまでに大和国城下郡の伊多社、麻気社より石凝姥尊を場の守護神として勧請、鏡作社として祭っていたのを土地の産土比和社へ合祀せんと思い、(独力で)再建御造営して社号を鏡宮大明神と改めたと古記録に有る。
因って 明治維新 神社取調の際、社名を復旧しようと藩庁へ請願したが当時 事務繁雑のため不幸詮議に成らず、今だに鏡神社と言っている。
往時は社地が東西300間(550米)南北30間(55米)馬場100間(180米)神田7畝(693平方米)畑6畝(594平方米)神主屋敷2畝(198平方米)の記録が残っている。

[特殊信仰並神事]
 禱祭 旧二月十日に行う五穀成就を祈る(祭)行事で献饌に併せタヅとウツギの木を平年は一尺二寸、閏年は一尺三寸の二本を白紙に巻き藁で結んだ禱木を氏子中の水田地主の戸数程供へ、中臣祓をその年の戸数程唱え祝詞祈念をして徹下して配る。各家では田の水口に差し立てて豊作を祈る。尚当日は社家へ集り一汁二菜一飯神酒を頂き祀つたのであるが、戦時中より取りやめた。  

 賀齢祭、氏子中の厄年と年賀の者が春祭に参拝昇殿、献饌、二柱の行事、 祝詞、各自玉串拝礼、直会を行なう神札、お守、福豆を授与する。

[神事・芸能]
 七座神事 例大祭に奉納 春祭(祈年祭)二柱神事

[宝物]
 棟札 萬治二年より十三枚 獅子頭 二頭

尚拝殿東側山に宮尾古墳有り。その付近より古墳時代の高坏が出土(神主宅に保管)。

[教化活動]
・氏子及び地域住民によって毎年正月十日にとんど祭が執り行われる。又、夏祭りなどの奉仕を通して氏子地域の活性化を担う。
・人生儀礼、お宮参り、七五三、厄除、賀齢祭を執り行い氏神様を中心に地域住民の親睦を図る。

[氏子数]百戸 [崇敬者数]約百八十戸

拝殿に置かれた案内紙より

Please do not reproduce without prior permission.

【境内社】(Other deities within the precincts)

本殿向かって右側に祀られる境内社
・石祠
・撫で牛
・境内摂社 地主神社(牛馬安全 農耕の神)
《主》素盞嗚尊 大己貴尊 事代主尊 大山祇尊
(旧 鎮座地 新庄絲谷 明治四十年一月九日 鏡神社境内に遷座す)

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

本殿向かって左側に祀られる境内社
・七社合殿

Please do not reproduce without prior permission.

〈向かって左より〉

秋田社《主》軻遇突智尊
・幸神神社《主》猿田彦命

Please do not reproduce without prior permission.

・御崎社

Please do not reproduce without prior permission.

・大月社
・山神社《主》大山祇

Please do not reproduce without prior permission.

・社日社《主》天照大神 少彦名命 埴安姫命 大己貴命 稲倉魂命
・瘡神社《主》稲背脛命

Please do not reproduce without prior permission.

・荒神神社《主》素蓋鳴尊

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

出雲風土記733 AD.』所載の大原郡 不在神祇官社「比和社(ひわ)のやしろ」の論社について

・〈御代神社に合祀〉日吉社

・比和神社

・鏡神社

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

JR木次線 出雲大東駅から 県道24号を赤川を遡るように西へ海潮温泉方面を目指します 約2.8km 車5分程度

鷹が止まり木のように電柱に近づいたので その下を見ると神社への案内の石板「鏡神社 参道入口」がありました 道案内をしてもらったのでしょうか

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

社頭には 大きな社号標「鏡神社」と刻字されています
参拝日は11/10でしたが 国旗が掲揚されています

鏡神社(雲南市大東町新庄)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

社頭 参道は南南西を向き 天気も良くとても明るい 注連縄柱の両前には石碑があります 右には「特別社 鏡神社 平成十九年七月指定」 左には「鏡神社 境内摂社 地主神社」の御祭神と例祭日が刻まれています

Please do not reproduce without prior permission.

次に 石燈籠と鳥居が建ちます 一礼をして鳥居をくぐります

Please do not reproduce without prior permission.

再び 石燈籠が立ち 参道は石段となって上がって行きます

Please do not reproduce without prior permission.

上段に踊り場があり 出雲式の狛犬が構えています その後ろに手水舎があり 清めます その先には 隋神門が建ちます

Please do not reproduce without prior permission.

隋神門をくぐると 石段は綺麗に刈りこまれた植込みの中を続き その先に社殿が姿をあらわします

Please do not reproduce without prior permission.

実に手入れされて立派に祀られていると感心をしながら 大注連縄の懸かる社殿へと進みます 神幕にある神紋は「二重亀甲三星に一ツ引

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には 幣殿 大社造りの本殿が鎮座します

Please do not reproduce without prior permission.

本殿向かって右側に祀られる境内社
・石祠・境内摂社 地主神社

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

本殿向かって左側に祀られる境内社
・七社合殿・荒神

Please do not reproduce without prior permission.

社殿に一礼をして 参道石段を戻ります 鳥居の先にも田の中を参道が伸びているのが見えます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』大原郡 新庄 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

新庄「鏡冨大明神」と記され

石凝姥命をまつる
寛文十三年(1673)再建の棟札あり 祭禮 九月二十九日なり」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)〈大正15年(1926)〉』に記される伝承

【意訳】

比和社(ひわ)のやしろ

三代(みしろ)の日吉山王(ひえさんのう)であろうか。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

鏡神社(雲南市大東町新庄)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.