神魂伊能知奴志神社(出雲市)【後編】

神魂伊能知奴志神社かみむすび いのちぬし の かみのやしろ)は 『記紀神話』の「天地開闢(tenchi kaibyaku)」の時 もともとは混沌として一つであった天と地が 初めて分かれました その時 高天原(takamagahara)に 生まれた神「神皇産霊神(kami musubi no kami)」を祀る古社です

Please do not reproduce without prior permission.

 

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した『出雲國風土記』
次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)に完成した『延喜式神名帳』
最後に『出雲國風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori) 条 

    神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】 同社

【読み】(おなじきやしろ)
【How to read】(onajiki ) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

【社名】同社 神魂伊能知奴志神社

【読み】(おなじきやしろ かみむすび いのちぬし の かみのやしろ )
【How to read】(onajiyashiro kamimusubi inochinushi no kaminoyashiro)

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用
国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)

スポンサーリンク

【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

神魂伊能知奴志神社かみむすび いのちぬし の かみのやしろ
(kamimusubi inochinushi no kaminoyashiro

【通称名】(Common name) 

命主社 inochinonushi no yashiro

【鎮座地】(location) 

島根県出雲市大社町杵築東

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》 神皇産霊神(kami musubi no kami)

【御神格】(God’s great power)

・天地開闢(The beginning of the world)の造化三神(The world was led by the three gods)の一柱(This god is one of them)
・生産の神 God of production
・縁結び  Deepen connections and intimacy with people
・等 etc

【格式】(Rules of dignity)

延喜式内社(engishikinaisha)

【創建】(Beginning of history)

神代
Shrines are very old, from the days when the gods flourished
And the faith is still going on

スポンサーリンク

以下 「神魂伊能知奴志神社(出雲市)(前編)」と同じ内容です

一緒に読む
神魂伊能知奴志神社(出雲市)【前編】

神魂伊能知奴志神社(かみむすび いのちぬし の かみのやしろ)は 『記紀神話』の「天地開闢(てんちかいびゃく)」の時 もともとは混沌として一つであった天と地が 初めて分かれました その時 高天原に 生まれた神「神皇産霊神(kami musubi no kami)」を祀る古社です

続きを見る

スポンサーリンク

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.