石上神社(出雲市塩津町)

石上神社(いしがみじんじゃは 出雲風土記733 AD.所載の楯縫郡 神祇官社「宇美社 (うみ)のやしろ」とされています 本来の御祭神は「海童(カイドウ)=和田津見命(ワタツミノミコト)」とされ ご神体の「石」から「いしがみさま」と呼ばれていました

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳』

➂最後に出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 楯縫郡(tatenui no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】宇美社 
読み(うみ)のやしろ
How to read(umi no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 楯縫郡(tatenui no kori)

【社名】宇美神社 
読みうみのかみのやしろ
How to readUmi no kami no yashiro

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用
国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

石上神社(Ishigami shrine

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

島根県出雲市塩津町279

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》布都御魂命ふつのみたまのみこと

【御神格】(God’s great power)

海上安全 大漁満足

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

石上(イシガミ)神社 由緒記

鎮座地  出雲市塩津町大浦279
御祭神  布都御魂命 ( ふつのみたまのみこと )
旧社名  宇美神社  ( うみじんじゃ )
旧御祭神 海童カイドウ( 和田津見命:わだつみのみこと )
   例祭 11月9日
御本殿  玉垣角格子造 社無し幣串を立てる

由緒沿革
創立年代不詳なれど出雲国風土記 ( 733 ) に神祇官社 宇美神社と記載されるのは当社のことである。
 他に出雲風土記鈔、出雲国風土記解、出雲国神明帳、神祇全書第一韓と出雲国神明帖秘抄 伊勢神宮蔵書に、宇美神社津村 海童と記され海童は和田津見命すなわち海神とされる。
平安時代 延久元年 ( 1069 ) 洪水海嘯 ( かいしょう ) のため社殿も人家も流出、其後暫く 十三戸回復した時に、御神体である霊石が大浦沖の二ツ平島という島間の海底に沈んでいる旨、松村家の祖先某 ( 大浦・中居 ) に神告あり、之を今の社地に奉斎したと伝える。
爾来、里人は石神様と崇敬した。
石神 ( いしがみ ) が 石上 ( いそのかみ ) に改められた大和の石上神宮 ( いそのかみじんぐう )が想起され、
祭神を布都御魂命と誤ったものと思われる。
明治四年、船守神社に合祀、和泉定路翁は古社の由緒を具し再興出願、明治九年復旧、大正十一年村社に列せられ、神饌幣帛供進神社に指定される。

境内神社
 神社  大彦龍命  県内で他に奉祭なし
      大姫龍命  水や航海、雨乞いの守護神
稲荷神社  稲倉魂命
 神社  須佐之男命

境内に設置の案内より

Please do not reproduce without prior permission.

【由緒】(history)

由緒
旧社名を宇美社と言い、出雲風土記に登場。
伊勢神宮御文庫出雲国神名帳に「宇美神社、塩津村、海童」と銘記されている。
神社史研究会HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

 神社《主》大彦龍命大姫龍命
 神社《主》須佐之男命
稲荷神社《主》稲倉魂命

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

石上神社(出雲市塩津町)明治四年(1871)に合祀された「船守神社ついて

船守神社(出雲市塩津町)

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載の楯縫郡 神祇官社「宇美社 (うみ)のやしろ」の論社は 二ヶ所です

・宇美神社

・石上神社

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

雲州平田駅から 県道232号と23経由で 北上 日本海に面する塩津漁港を目指します 約10.5km 車20分程度

Please do not reproduce without prior permission.

塩津漁港見えてきたら その少し手前に「神祇官社 宇美社 出雲風土記掲載社」と案内がありますので そこを曲がるとすぐです

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

社頭には 大きな丸石に「村社 石上神社」と刻まれています

Please do not reproduce without prior permission.

石上神社(出雲市塩津町)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をして鳥居をくぐります 扁額には「石上神社」すぐ左手に稲荷社 正面に拝殿が建ちます

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

拝殿の奥には本殿はありません
玉垣に囲まれた中に石があり幣帛が立てられています

Please do not reproduce without prior permission.

お参りの後 塩津の海は穏やかでしたが 海面がざわつき始めています

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『神名帳考証土代(Jimmyocho kosho dodai)』〈文化10年(1813年)成稿〉に記される伝承

塩津村〈現 石上神社(出雲市塩津町)〉を比定しています

【意訳】

宇美神社(ウミノカミノヤシロ) 〇塩津村

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『神名帳考証土代』(文化10年(1813年)成稿)選者:伴信友/補訂者:黒川春村 写本 [旧蔵者]元老院https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000039328&ID=M2018051416303534854&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』楯縫郡 塩津 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

石上明神と記され
社なし 幣帛を立てるなり
 正月十四日 神田植 九月九日神祭」と記しています

『原文』参照

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD.楯縫郡 にある伝承

平田村にある宇美社〈現 宇美神社(出雲市平田町)〉とするならば 宇乃治比古命(うのじひこのみこと)を祀るものではないかと記しています

意訳

『 宇美神社Umi no kamino yashiro)

風土記に同じ 今 平田にあり 布都御魂(ふつみたまのみこと)を祭るという
按ふ〈考えるに〉宇乃治比古命(うのじひこのみこと)を祭るならむ
風土記 沼田郷のくだりに 宇乃治比古命の故事なり 平田は沼田の内なればなりされと事したい言ひくるむ 祭日 正月七日

『原文』参照

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)』〈大正15年(1926)〉に記される伝承

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載の楯縫郡 神祇官社「宇美社 (うみ)やしろ」の論社は 二ヶ所ですが 本来は塩津浦の石神明神〈現 石上神社(出雲市塩津町)〉であろうと記しています

鹽津浦が 平田町に借金をして 質として ご神体を奪われた話などもあり
平田町の熊野社に諸社を併合して 宇美社〈現 宇美神社(出雲市平田町)〉と名付けたのは 歴史から見て非常に疑わしいと記しています

【意訳】

宇美社 うみのやしろ

今、平田町にて、元の熊野社に諸社を併合して、宇美社と名付け、大正九年に縣社とせられたものがある。
風土記鈔には、盾縫郡 鹽津浦大神なりとあるが、それが正しかろう。
雲陽誌には、布都御魂(ふつみたまのみこと)を祀る所の迫大明神(さこだいみょうじん)の條に「風土記に沼田郷 宇美社というは この社なり」と書いて居れども、風土記には沼田郷にあるとは云ってない。

 鹽津浦大神とは、石神明神(いそのかみみょうじん)をいったものか、御神体として重い海石があったが、天和と享保との間(1681~1736)のことであろうか、鹽津浦の負債を平田町から催促し、弁償せぬに於いては、氏神を質に取って置くとて、かの御神体を持ち帰り、熊野社の境内に置いた。これを布都御魂であるとし、又 細川玄旨の歌詞にある 生ノ浦(おみのうら)をウミノウラとし、宇美社はもと平田(ひらた)にあったものと主張して、ついに宇美社にしたものである。   

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

石上神社(出雲市塩津町) (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.