伊勢天照御祖神社〈大石神社〉(久留米市大石町)

伊勢天照御祖神社(いせあまてらすみおやじんじゃ)は 『延喜式神名帳(927年12月編纂)所載の式内社とされていますが 久留米市御井町の高良大社の末社と当社に比定が分かれています 当社の祭神は天照国照彦天火明尊饒速日命とされ 物部氏の日神祭祀に関連していたと思われます

目次

1.ご紹介(Introduction)

 この神社の正式名称や呼ばれ方 現在の住所と地図 祀られている神様や神社の歴史について ご紹介します

【神社名(Shrine name

伊勢天照御祖神社(Ise amaterasumioya Shrine)
(いせあまてらすみおやじんじゃ)

 [通称名(Common name)]

大石神社(おおいしじんじゃ)

【鎮座地 (Location) 

福岡県久留米市大石町312

 [  (Google Map)]

【御祭神 (God's name to pray)】

《主》天照国照彦天火明尊(Amaterukuniteruhiko amenohoakari no mikoto)
  饒速日命

【御神格 (God's great power)】(ご利益)

【格  (Rules of dignity)

『延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社

【創  (Beginning of history)】

創建年代は不詳

【由  (History)】

伊勢天照御祖神社

鎮座地・・・福岡県久留米市大石町312
祭 神・・・天照国照彦天火明尊(饒速日命)

 大石太神宮ともいわれ、天照国照彦天火明尊。『先代旧事本記』の天孫本記は、この神のまたの名を饒速日命・天火明命などといい、高天原から河内の哮峯に天降ったのち大和の鳥見に遷り、長髄彦の妹を娶って 物部氏の祖 宇麻志麻治命を生む、と伝える。

 『延喜式』神名帳は、筑後国三井郡三座のうちに「伊勢天照国照御祖神社」を記すが、久留米市御井町の高良大社の末社と当社に比定が分かれ、他に『筑後国神名帳』の三潴郡「正六位上大石兵男神」を当てる説もある。

 古代の郡界が不明のため本来の所在地は定めがたい。矢野一貞は『諸社拾実鈔』で当社を式内社としているが、その論拠は注目に値する。いわく「社後の土中に許多の齎瓮埋もれたり、掬うべし、千年外の祭器なること疑いなし」今、大石村と庄島村の界いに小川あり、此わたりにて白鳥川と云い、此源は三井郡国分村より出て、同郡中村を過ぎ西久留米(三潴郡)を分かち、府下三本松町、池町を経て大石と庄島を分かち筑後川に入る。此川や古の郡界なりけむ。(中略)此地必御井に属すべき地勢なれば此御社こそ式に載れる御祖神社なるべし。神号の均しき、社伝の拠のある、神実の甚古記、祭器の許多残れる、地理の接はれる、相殿の神等の厳重なる由緒ある。彼是以て思い定べし。

 現在の神社は市街地になっているが、台地と筑後川の自然堤防の上に、大石神社遺跡・速水遺跡・南崎遺跡など弥生時代中~後期の遺跡がひろがっている。大石町の当社の神体は、本殿土間にある巨石で、支石墓の上石あるいは古墳石室の蓋石かと推測されているが、江戸時代の『筑後志』や社伝は、この霊石が年々肥大するという伝承を伝える。また石の大きさは「方九尺」、別に「方三尺」という。この巨石を祀る伝承が神社発許にひきつがれているとすれば、祭祀はより古く、巨石は磐座であるかも知れない。

 またこの神社も、社名と祭神から見て物部氏の日神祭祀に関連していたと思われる。例祭は1026日。夏祭りは714日、15
(奥野正男)

境内案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

【境内社 (Other deities within the precincts)】

・祇園神社・佐波神社・粟島神社・天満宮

Please do not reproduce without prior permission.

【境外社 (Related shrines outside the precincts)】

スポンサーリンク

この神社の予備知識(Preliminary knowledge of this shrine)

この神社は 由緒(格式ある歴史)を持っています

『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)(927年12月編纂)に所載
(Engishiki JimmeichoThis record was completed in December 927 AD.

延喜式Engishiki)律令の施行細則 全50巻』〈平安時代中期 朝廷編纂
その中でも910を『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)といい 当時927年12月編纂「官社」に指定された全国の神社式内社の一覧となっています

「官社(式内社)」名称「2861
・「鎮座する天神地祇」数「3132座」

[旧 行政区分](Old administrative district)
(神様の鎮座数)西海道 107座…大38・小69
[旧 国 名 ](old county name)
(神様の鎮座数)筑後国 4座(大2座・小2座)
[旧 郡 名 ](old region name)
(神様の鎮座数)三井郡 3座(大2座・小1座)
[名神大 大 小] 式内小社

[旧 神社 名称 ] 伊勢天照御祖神社
[ふ り が な ]いせのあまてらすみおやの かみのやしろ)
[Old Shrine name]Iseno amaterasumioya no kamino yashiro)

https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用
【原文参照】国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

あなたが この神社に興味が湧くような予備知識をオタク視点でご紹介します

『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)(927年12月編纂)に所載の「筑後國 三井郡 伊勢天照御祖神社」の論社は2つあります

廃絶したとも伝わる当社の現在の論社は2つ

・伊勢天照御祖神社(久留米市御井町)〈高良大社 参道に鎮座〉

・伊勢天照御祖神社〈大石神社〉(久留米市大石町)

式内社にある 伊勢天照御祖神と類似する名称の神社〈論社一覧〉

大和国(奈良県)
(大和國城下郡 鏡作坐天照御魂神社 大)

・鏡作坐天照御魂神社(田原本町)

・鏡作神社(三宅町石見)

大和国(奈良県)
(大和國城上郡 他田坐天照御魂神社 大)

 ・他田坐天照御魂神社(桜井市太田)

・春日神社(桜井市戒重)

山城国(京都府)
(山城国 葛野郡 木島坐天照御魂神社(名神大 月次相嘗新嘗))

・木嶋坐天照御魂神社(蚕の社)(太秦森ケ東町)

山城国(京都府)
(山城国 久世郡 水主神社十座(並大月次新嘗・就中同水主坐天照御魂神水主坐山背大国魂命神二座預相嘗祭)

・水主神社(城陽市水主宮馬場)

摂津国(大阪府)
(攝津國嶋下郡 新屋坐天照御魂神社 三座 並名神大)

・新屋坐天照御魂神社(西福井)

・新屋坐天照御魂神社(宿久庄)

・新屋坐天照御魂神社(西河原)

スポンサーリンク

神社にお詣り(For your reference when visiting this shrine)

この神社にご参拝した時の様子をご紹介します

JR久留米駅から 南西に約650m 徒歩8分程度

Please do not reproduce without prior permission.

境内は西向きになっていて 西側から境内へ 石畳みの参道に石の鳥居が建ち 鳥居の台座には 幣が立てられています 社号標には「伊勢天照御祖神社

伊勢天照御祖神社(Ise amaterasumioya Shrine)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をして 注連縄の掛かる鳥居をくぐります 扁額には「伊勢天照御祖神社」と刻まれています

Please do not reproduce without prior permission.

境内地は更に高い檀になっていて階段を上がると 二之鳥居が建ちます

Please do not reproduce without prior permission.

一之鳥居と同じように 二之鳥居にも丁寧に注連縄が架かり その先に社殿が見えてきます

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿にすすみます
賽銭をおさめ お祈りをします 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には 御垣に囲まれて本殿があります

Please do not reproduce without prior permission.

沈む西日に向かい参道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

神社の伝承(A shrine where the legend is inherited)

この神社にかかわる故事や記載されている文献などをご紹介します

『神名帳考証土代(Jimmyocho kosho dodai)』〈文化10年(1813年)成稿〉に記される伝承

神社名のみが記されています

【意訳】

伊勢 天照御祖(アマテラスミオヤノ)神社

【原文参照】国立公文書館デジタルアーカイブ『神名帳考証土代』(文化10年(1813年)成稿)選者:伴信友/補訂者:黒川春村 写本 [旧蔵者]元老院
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000039328&ID=M2018051416303534854&TYPE=&NO=画像利用

Please do not reproduce without prior permission.

『神社覈録(Jinja Kakuroku)』〈明治3年(1870年)〉に記される伝承

廃絶しており 祭神や所在等は 良くわからない 久留米志によれば 今 高良山中に有り と記しています

【意訳】

伊勢天照御祖神社

伊勢は仮字なり 天照御祖は阿麻弖留美於夜と訓ずべし
〇祭神所在等詳らかならず

久留米志云 今廃にその地失い 今 高良山中に有り 天照社 標を以って式中四社の一非是 或いは云う 社旧在 その下 府中町 後遷に山之上

類社 山城国 愛宕郡 賀茂御祖神社の條見合うべし
神位 古文書 同前 御井郡正5位下 伊勢天照明名神 召 間古老申云 元来 公家奉授之位也者 而位記紛失 天慶7年4月22日

【原文参照】国立公文書館デジタルコレクション『神社覈録』著者 鈴鹿連胤 撰[他] 出版年月日 1902 出版者 皇典研究所
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991015『神社覈録』

『特選神名牒(Tokusen Shimmyo cho)』〈明治9年(1876)完成〉に記される内容

式内社の所在を大石村 祭神を天照御祖神と記しています

【意訳】

伊勢天照御祖神社

祭神 天照御祖神

今按〈今考えるに〉
社伝 祭神 天照大神 二荒祭宮 豊受大神を合せ祭るとみえ
式帳に伊勢天照御祖神と云い
当社の古記に伊勢御前神社 又 天照御前神社とも記せる由なれば 誰も天照大御神ならんと思う事なれとも 天慶7年 大祝家所蔵の古文書に正5位下 伊勢天照名神とありて 神階を授けられたる趣なれは 天御神に坐さる事明けしさて 大御神に坐されとも天照と云える例は 木島水主他田鏡作新屋等にます天照御魂神社 天照玉命神社なともあれば 天照御祖神と云うとも天照大御神とは云いかたし故 姑く式に従いて神名を記せり

社格 縣社
所在 大石村(三潴郡鳥飼村大字大石)

【原文参照】国立公文書館デジタルコレクション『特選神名牒』大正14年(1925)出版 磯部甲陽堂
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/971155『特選神名牒』

『明治神社誌料(Meiji Jinja shiryo)』〈明治45年(1912)〉に記される伝承

所在は「鳥飼村 大字 大石」としているが 「高良神社に詣る山路の中央に移し 新たに小社を建立せり」との説も記しています

【意訳】

福岡縣 筑後國 三潴郡 鳥飼村 大字 大石

縣社 伊勢天照御祖(イセアマテラスミオヤノ)神社

祭神 天照國照彦天火明命(アマテルクニテルヒコアメノホアカリノミコト)

創建年代詳らかならず
延喜式に 三井伊勢天照御祖神社あり
管内志に伊勢天照御祖は 意世阿萬弖留美於也と訓むべし 名の義は 伊勢国に鎮座す 天照大御祖神の意なり 社社の名に伊勢何と云う「式」に多く見ゆ 又 社記一説に云く 伊勢は石の訛にて この地の名なり 天照御祖とあるは 物部氏の祖先 饒速日命を祭れるならん 諸州 その例多し云云」と見えたり
民部省園帳の残編に「筑後國云々 神明神 貢57束有餘田 桓武天皇 延暦3年甲子9月 依 国司 藤原易興之受奏 自伊勢国山田原御遷座」とあるも 正しく この御神の事と知られたり
又 筑後鑑に「伊勢天照御祖神社 愚按 此神者有何処也 頃尋 高良神職家云 在山麓石社地」とあるは詳ならざれども 強いて考えるに 古くより玉垂神社 豊比咩神社と 三社同所ありしなるべし 豊前香春の永宇御宮なども 三社同所あり 又 「天正6年 筑紫鎮恒が斎ける神にも高良三社とあり」
次いで筑後 志當神社の下に「中世 兵火に罹り廃絶し 今その旧蹟を尋ねるに據(ヨリドコロ)なし 後年 山下石鳥居の傍に 小祠を建て勧請せり 何人の所為なることを知らず 近會 又 高良神社に詣る山路の中央に移し 新たに小社を建立せり云々」と見えたるは すなわちこの神社を指せるのなり
明治6年3月14日縣社に列す

【原文参照】国立国会図書館デジタルコレクション『明治神社誌料』明治45年(1912)著者 明治神社誌料編纂所 編
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1088244映像利用『明治神社誌料』

十五夜さん大綱引き」について

口伝によれば約400年前 江戸時代初頃 伊勢天照御祖神社(通称大石神社)の氏子が 名月の夜に綱引きを行ったものと伝わり 綱引きをしなかった年には悪疫がはやるとの伝承もあり 無病息災・五穀豊穣を祈願して行われた行事であると考えられています

十五夜さん大綱引(おおつなひ)

久留米市指定無形民俗文化財
平成22年8月26日 指定

 正確な由緒や開始時期は不明ですが、口伝によれば約400年前の江戸時代初め頃から、伊勢天照御祖(いせあまてらすみおや)神社(通称大石神社)の氏子の人々が名月の夜に綱引きを行ったものと伝わります。綱引きをしなかった年には悪疫がはやるとの伝承もあり、無病息災・五穀豊穰を祈願して行われた行事であると考えられますが、大綱の形状が、一方の端に丸く輸を作り、他方を二又に分けることから、大蛇の姿を表現したものとも考えられ、筑後川を鎮めるための行事とも言われています。


 昭和12年に戦争の影響で途絶えましたが、昭和52年に、廃絶前を知る人への聞き取り等を行い古い形態を復活させました。
 大綱引きは毎年旧暦の8月5日開催されます。使用される大綱は長さ35m太さ35㎝程で、約1トンの重量があります。大綱とともに長さ10~15m、太さ10~15㎝の小綱も準備されており、当日の夕刻、綱の奉納神事の後に大綱小綱をかついで町内を練り歩きます。
 綱引ぎは東西に分かれた地区対抗戦の後、源平合戦に見立てた子ども〔源氏役)対大人(平氏役〕の綱引きが行われます.この綱引きは「ゲンゴベの綱引き」と呼ばれ、子どもが必ず勝つことになっています。
 綱は神聖なものとして、その後正月まで絵馬殿に保管され、正月の深夜0時に卸神火式を行い焼納されます。また、綱の灰は「御神灰」としで参拝者に分配されます。

 盆綱引き行事は、1996年の福岡市の調査データによると、県内ではかって61例が存在していたとされていますが、調査時点において、既に29例が廃絶し、4例が形を変えて存続している状況であり、伝統の通りに実施しているのは28例に過ぎないと報告されています。なお、筑後では14例が確認されており、内11例が廃絶しています。
 久留米市内では、近年まで大善寺町や安武町で実施されていたと伝えられますが、境在はこの「十五夜さん大綱引き」を除き、ほとんど行なわれていません。
 筑後地方の盆綱引きの一例として、失われつつある民俗行事を守るため、平成22年8月26日に久留米市指定の無形民俗文化財となりました。

平成23年9月久留米市

境内掲示板より

Please do not reproduce without prior permission.

伊勢天照御祖神社(Ise amaterasumioya Shrine) (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

筑後国 式内社 4座(大2座・小2座)について に戻る 

 

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.