羽豆神社(知多郡)

羽豆神社(知多郡)は 尾張氏の祖神「建稲種命(take inatane no mikoto)」が祀られています 1900年前 強大な尾張水軍を統率し 日本武尊(yamatotakeru no mikoto)の東征を勝利に導いた将軍「幡頭(hata gashira)の神」です

目次

ご紹介(Introduction)

【神社名】(shrine name) 

羽豆神社(hazu shrine)
 (はずじんじゃ)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location) 

愛知県知多郡南知多町師崎明神山

【地 図】(Google Map)

【延喜式神名帳】    「旧国名 郡 ・ 神社名」

(927年12月完成) The shrine record was completed in December 927 AD.
【engishiki jimmeicho】「old region name・shrine name」

 尾張國     知多郡    羽豆神社
 owari no kuni  chitagun  hazu no kaminoyashiro

【御祭神】(God's name to pray)

《主》 建稲種命(take inatane no mikoto)「尾張氏の祖神」

【御神格】(God's great power)

・大漁満足 Good harvest and big catch
・商売繁盛 Wishing business prosperity
・家内安全 Safe and comfortable home life
・縁結び   Deepen connections and intimacy with people
・等 etc
 ※ 恋のみくじ がありました

【格式】(Rules of dignity)

延喜式内社(engishikinaisha)

尾張国内神名帳(owari no kokunai jimmyocho)「従一位上」

【創建】(Beginning of history)

創立白鳳年中(七〇〇~)
※白鳳は私年号で 正式に朝廷で定められた年号ではありません

【由緒】(history)

羽豆神社 社傳

祭神 建稲種命「尾張氏の祖神」
神位 従一位羽豆名神「尾張本国神名帳」

由緒 創立白鳳年中(七〇〇~)
一、 熱田大宮司攝津守親昌その猶子昌能羽豆崎に城を築く神社修復(一三二二~一三五五)
一、 宗良親王御奉幣(一三七〇)
一、 尾張徳川家 累代御参詣 東照神君 義直公 頼宣公 光友公 義誠公 吉通公
一、 明治五年郷社に列する
一、 延喜式内名神

宝物 県文化財指定
心阿彌陀経一巻妙法連華経八巻
應永十五年(一四〇八)一色道範奉施

例祭 旧八月十四十五日
大名行列山車五台神輿行列

宮司 間宮家三十五代 正道

境内設置 羽豆神社社傳 案内板より

【境内社】(Other deities within the precincts)

両皇大神宮・住吉社・春日社・厳島社・月読社・海神社・蛭子社・三狐社・八王子社・天神社・津島社・八幡社

スポンサーリンク

【この神社の予備知識】(Preliminary knowledge of this shrine)

由緒書きの看板について

由緒書きの看板には 神社の創立「白鳳(hakuho)年中(700~)」と記されていますが 白鳳(hakuho)は 私年号で 正式に朝廷で定められた年号ではありません

通説では 白雉(650-54年)の別称とか 大化改新 (645) ~和銅3年の平城京遷都 (710) の約 60年間であるといわれ いずれも飛鳥時代と奈良時代との中間を指しているので 西暦700年頃には 既に在ったと伝えているのだと思います 1300年以上の古社ということでしょう

その後も (927年12月完成)延喜式神名帳には 尾張國 知多郡で3座の1座として記載されて
貞冶3年(1364年)『尾張国内神名帳(owari no kokunai jimmyocho)』の筆頭に式内社 波豆名神(羽豆神社)と記載されています

『尾張国内神名帳(owari no kokunai jimmyocho)』に記された社格は 「正一位」熱田皇太神宮(熱田神宮)の次格「従一位上」と高く
羽豆神社の宮司(社家)は 間瀬家が世襲し 創建以来 1千余年の旧家であると伝わります 
由緒の案内板には 第35代 間宮 正道とありますが 宇多源氏 佐々木氏の「佐々木神社」神主家系 間宮家と関係はあるのでしょうか?

御祭神は 「建稲種命(take inatane no mikoto)」で 古代の尾張国の支配者であった豪族「尾張氏の祖神」とされています
御祭神については 次の項で詳しくお話します
神社が鎮座する 知多半島の先端部は 師崎(morozaki)と呼ばれて その地名の起源も 古代豪族の尾張氏一族の師介(moro suke)が この地を支配したからだと伝えらています

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】(Points selected by Japanese Otaku)

御祭神 建稲種命(take inatane no mikoto)は「尾張氏の祖神」とされています

御祭神について 少し詳しく
別名を 建稲種公(take inatane no kimi)とも称します

(1900年程昔) 第12代景行天皇(keiko tenno)と第13代成務天皇(seimu tenno)の2代の天皇(朝廷)に仕えたとされていて
日本武尊(yamatotakeru no mikoto)の東征の際は 副将軍として軍を従え 軍功を挙げた神とされています

尾張国内では 熱田神宮・内々神社・幡頭神社・羽豆神社・成海神社・尾張戸神社・八雲神社などの古社に祀られています

古代豪族の尾張氏(owari uji)は 『記紀』では(天火明命(ameno hoakari no mikoto)の後裔とされ 名門氏族なので「天孫族(tenson zoku)」とも呼ばれています

『姓氏録』や系図史料では綿津見神(watatsumi no kami)の後裔とされて
皇統譜の古い時期には・第5代孝昭天皇の皇后・第6代孝安天皇の母・第10代崇神天皇の妃など 尾張氏からしばしば后妃を輩出しています

建稲種命(take inatane no mikoto)は 初代の尾張国造(owari kuni no miyatsuko)となった乎止与命(otoyo no mikoto)の子ですが これ以降 尾張氏一族が さらに朝廷への影響力を強めて発展していきます 御祭神「建稲種命(take inatane no mikoto)」が この礎を築いたとされていて 「尾張氏の祖神」と呼ばれていくことになります

御祭神「建稲種命(take inatane no mikoto)」を「尾張氏」の家系で 順に説明しますと

父は「初代 尾張国造 乎止与命(otoyo no mikoto)」
  (天火明命(ameno hoakari no mikoto)の子孫)

母は「眞敷刀婢命(mashikitobe no mikoto)」
  (尾張大印岐(owari no oimiki)の娘)

妹は「宮簀媛(miyazu hime)」
  (日本武尊(yamatotakeru no mikoto)の妃(hi)草薙剣を熱田神宮に奉斎しました)

妃は「玉姫(tama hime)
  (丹羽氏の祖 大荒田命(oarata no mikoto)の娘)

※ 玉姫(tama hime)妃(hi)との間には 二男四女があったとされ

息子は 尻綱根命(shiritsunane no mikoto)
    (第15代 応神天皇の大臣)

下娘は「志理都紀斗売(shiritsuki tome)」
   (五百城入彦皇子(iokiiribiko no miko=第12代景行天皇 皇子)の妃 

   (品陀真若王(honda no mawaka no miko)=第12代景行天皇 孫)の母 

下娘は「金田屋野姫命(kanetayane no hime no mikoto)」
   (品陀真若王(honda no mawaka no miko)の妃 

    第15代応神天皇(ojin tenno)の皇后(kogo)と妃(hi)3人の娘を産む)

孫娘は  

応神天皇 皇后(kogo)「仲姫命(nakatsuhime no mikoto)」
     (第16代仁徳天皇(nintoku tenno)の母)

応神天皇 妃(hi)  「高城入姫命(takaki no irihime no mikoto)」

応神天皇 妃(hi)  「弟姫命(otohime no mikoto)」

尾張氏の影響力は 大和朝廷の中枢に位置するようになっていきます

「名古屋市博物館 企画展 尾張氏☆志段味古墳群をときあかす」より
http://www.museum.city.nagoya.jp/exhibition/special/past/tenji120428.htmlより画像

御祭神 建稲種命(take inatane no mikoto)は 「尾張水軍」の大将軍です

第12代景行天皇(keiko tenno)が 皇子の日本武尊(yamatotakeru no mikoto)に東国平定を命じました時
尾張国造(owari kuni no miyatsuko)の子である建稲種命(take inatane no mikoto)は 副将軍として東征に向かって 武功を挙げた神です

妹の「宮簀媛(miyazu hime)」は 日本武尊(yamatotakeru no mikoto)の妃(hi)となり 草薙剣を熱田神宮に奉斎しました

尾張氏(owari uji)の御曹司 (onzoshi)が なぜ副将軍なのかと言えば 尾張氏(owari uji)は 強大な尾張水軍を有して 伊勢湾一帯の中部日本地域を支配していたからです

この神社が鎮座する 知多半島の先端 羽豆岬(hazu misaki)は 古代より 水軍の見張所が築かれるなど 伊勢湾の海上交通路の要衝であり 東征の折には 水軍の出発地点にもなったのであろうと推測されています

中世になっても ここは城が築かれていました
14世紀初 元亨年間の南北朝時代 熱田神宮の大宮司「千秋昌能(senshu masayoshi)」は 後醍醐(godaigo)天皇の建武(kemmu)の新政で側近であり
武者所(mushadokoro)結番(kechiban)となって 知多半島の波豆(hazu)城をおさえて再築したとあります 
ここを確保することは 吉野(yoshino)・伊勢(ise)と 東国をむすぶ海上交通路の要衝を抑えることとなり 重要な戦略拠点と伝わる「羽豆(hazu)城跡の石碑」もあります

この海上の要衝を基地として 強大な尾張水軍を 統率し 日本武尊(yamatotakeru no mikoto)の率いる 皇軍を勝利に導いたのが「建稲種命(take inatane no mikoto)」です

しかし 尾張水軍が東征の帰途についた折  駿河の海にさしかかり めずらしい海鳥を見つけたので 日本武尊(yamato takeru no mikoto)に献上しようと思われて 捕まえようとされて 駿河の海で命を落とされた 或いは 駿河の海で 船が難破されて 命を落とされた と伝わります

この知らせを聞かれた「日本武尊(yamatotakeru no mikoto)」が「ああ うつつかな」と嘆かれたところが 現在の「内々神社」になります

スポンサーリンク

伝承により 2つの「はずじんじゃ」があります
 「羽豆神社(hazu shrine)」「幡頭神社(hazu shrine)」

駿河の海で命を落とされた 「建稲種命(take inatane no mikoto)」ですが

その遺骸が 宮崎海岸に漂着し 葬られたのが
「幡頭神社(hazu shrine)」(吉良町) 延喜式内社(参河國 播豆郡 羽豆神社)

・幡頭神社(西尾市吉良町)

その衣服が 羽豆岬に漂着し 御神体とされたのが
「羽豆神社(hazu shrine)」(師崎)当社 延喜式内社(尾張國 知多郡 羽豆神社)

・羽豆神社(知多郡南知多町)

にそれぞれ祀られています

御祭神が 成海から強大な尾張水軍を統率し 勝利に導いた将軍ですので
「幡頭 はたがしら(hata gashira)の神」とされて「羽豆(幡頭hazu)」と呼ばれると言われています

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

中部国際空港セントレアからレンタカー 南知多道路を南下して 三河湾と伊勢湾に囲まれた かつての海上交通路の要衝 知多半島の最南端「師崎(morozaki)」にある羽豆岬(hazu misaki)を目指します

日本武尊(yamatotakeru no mikoto)の東征には 副将軍として 強大な尾張水軍を統率し勝利に導いた「幡頭(hata gashira)の神」
建稲種命(take inatane no mikoto)を祀る「羽豆神社(hazu shrine)」へ向かいます

羽豆岬の明神山の西北側の道路沿いに 鳥居があります 北側からの参道で階段をのぼって行けそうですが
しかしながら車なので 駐車場確保 師崎港にある観光船乗り場をぬけて 有料立体駐車場に向かい 下車 徒歩

「羽豆神社(hazu shrine)」に到着

こちらが 南側からの参道で 伊勢湾に向かって 大きな朱色の鳥居が建っています 一礼


大きな鳥居をくぐると 海岸沿いに明神山(小高い原生林)への階段があり ここからでも眺望はよく景色は最高です 上に登れば展望台があります

階段を登ると いよいよ羽豆神社(hazu shrine)の境内鳥居が建ちます 

一礼して鳥居をくぐると 左手に手水舎があり 天然記念物に指定されているウバメガシの遊歩道が 参道となっています 
木々の参道をを抜けると 「日間賀島 篠島 三河湾 伊勢湾が見渡せます」との案内の通り  広がる絶景に 暫し 言葉を失う

さて
社殿は 明神山(小高い原生林)の上に 海に向かって鎮座します 

拝殿本殿へむかう「三の鳥居」の手前に「羽豆岬 矢穴石」と「ちいさな手水鉢」が置かれていて
傍らに 案内板があり 次のように書かれています

昔、石を切るためにあけた「矢穴」が残る石です。
加藤清正は、今から約400年前の慶長年間に、名古屋城の石垣に用いるための石を篠島から切り出したと伝えられています。

羽豆神社の境内に置かれているこの石は、清正が、航海安全を祈って羽豆の神様に奉納するために持って来たといわれています。

師崎まちづくり協議会

 石造りのご神橋を渡り「三の鳥居」に一礼して くぐると 
「羽豆大明神(hazu daimyojin)」と書かれた 白地の旗が 境内中央の参道に たなびきながら立ち並びます  

旗頭(hata gashira)の御祭神へ誘うように 拝殿へと進み出て お詣りです
遥か下から かすかに香る磯の根音
この地に 鎮まる御祭神は 頭脳明晰で心穏やか 人々から慕われた水軍の将であったであろう 1900年の時を超えて ここに届かん ご神威に添い給い かん高い柏手(kashiwade)を打ち 両手を合わせ 祈り願う

お詣りを終えて振り返りますと
境内の左右に細い参道があり 境内をぐるりと囲みながら 境内社が12社もあります

両皇大神宮・住吉社・春日社・厳島社・月読社・海神社・蛭子社・三狐社・八王子社・天神社・津島社・八幡社 各々 お詣りを済ませると境内を一周して再度 拝殿前に戻って もう一度 お詣り

参道を戻り 三の鳥居をくぐると
ちょうど傾きかけた日の輝きが 伊勢湾に跳ねて 陽光が道を創っています またもや 広がる絶景に 暫し 言葉を失います 眺めていて飽きることがない
羽豆岬からの眺めは 200度以上の視野(首が回りきらない)見渡す限りが 水平線と大小の島影 遠く離れた陸地のシルエット 絶景ポイントにふさわしい

絶景に見とれ階段を下りながら 海に向かう赤い大鳥居の横に 小さな小さな丘が見えます 何だろう? 小さな祠も?
次の 神社の伝承でお話します

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

玉姫(tama hime)妃(hi)の伝承

羽豆神社(hazu shrine)の御祭神 建稲種命(take inatane no mikoto)は 日本武尊(yamatotakeru no mikoto)の東征には 副将軍として 強大な尾張水軍を統率し勝利に導いた「幡頭 はたがしら(hata gashira)の神」ですが 東征の帰途 命を落とされた と伝わります

ここに 一つの伝承があります
御祭神の妃(hi)は「玉姫(tama hime)(丹羽氏の祖 大荒田命(oarata no mikoto)の娘)と伝わり お二人はとても 仲の良い夫婦であった

玉姫(tama hime)妃(hi)は この地から 東国へ出征された将軍 建稲種命(take inatane no mikoto)の帰りを ずっと待っておいでだったそうです
海に向かう大きな赤鳥居の横に小さな小さな丘があり その上に「羽豆岬 玉姫様(hazumisaki tamahime sama)」という小さな祠(hokora)があり 玉姫(tama hime)様が 祀られています 

案内掲示板には

「羽豆岬玉姫様」

建稲種命(take inatane no mikoto)は、日本武尊に従い水軍を指揮して出征する直前、妻の玉姫と師崎に住み、風光明媚な羽豆岬を毎日の様に散歩しました。

やがて建稲種命が出陣すると、玉姫は夫の帰りをこの浦でずっと待っていました。
いつしか人は、玉姫が夫の帰りを待ち望んだこの浦を「待合浦」と呼び、玉姫を祀る祠が安置されています。

師崎まちづくり協議会

御祭神 建稲種命(take inatane no mikoto)が愛した 
 妻の玉姫(tama hime)と師崎(morozaki)

出陣の直前に 妻の玉姫(tama hime)と師崎(morozaki)に住み 風光明媚な羽豆岬を毎日の様に散歩したとつたわり
強く優しい将軍の愛は 妻の玉姫(tama hime)に 出陣後も その帰りを待ち続けさせます

願いかなわず 帰らぬ人となりましたが 玉姫(tama hime)の将軍への想いは通じたのでしょう 衣服は流れ着き 羽豆神社(hazu shrine)へと祀られていきます

そして 夫婦の間に生まれた子供らは やがて尾張氏一族を隆盛期へ導くことになっていきます
里人も この夫婦をいつくしみ その様子を 1900年に渡り 今に伝えます

「羽豆岬玉姫様(hazumisaki tamahime sama)」の小さな祠に 柏手(kashiwade)を捧げ 両手を合わせ 祈ります

尾張水軍の将軍「幡頭 はたがしら(hata gashira)の神」

羽豆神社(hazu shrine)に「拝 (hai)」(90度のお辞儀)

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.