波迦神社(斐川町三絡)

波迦神社(はかじんじゃ)は 出雲風土記733 AD.に 鎮座地の(たけるべのさと)とは  第12代 景行天皇の勅(みことのり)により 御子倭健命(やまとたけるのみこと)の御名を忘れることのないようにと健をお定め給われたとあり 出雲郡 不在神祇官社「波如社(はね)のやしろ」とされます

Please do not reproduce without prior permission.

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳』

➂最後に出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

   不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】波如社 
読み(はね)のやしろ
How to read(hane no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

社ではない為 該当しません

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

波迦神社(Haka shrine)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

島根県出雲市斐川町三絡208

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》神倭健尊かむやまとたけるのみこと
   健部臣古禰尊たけるべおみこのみこと

《合》健御名方神(たけみなかたのみこと)

【御神格】(God’s great power)

出世開運

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

創建年代は不詳

【由緒】(history)

波迦神社(はかじんじゃ)
 出雲国風土記に「波如社」と記されている

主祭神 倭建命(やまとたけるのみこと)・建部臣古彌命(たけるべのおみこみのみこと)

由緒
出雲国風土記に「景行天皇が “私の皇子の偉大な功名を永遠に忘れないようにしたい”と仰せられて、御子神の名を後世に伝えるための部族として、建部という姓(かばね)を定められ、神門臣(かむどのおみ)古彌を建部臣とされた。それでこの建部臣たちは今に至るまでこの郷に住んでいる」とある。
 このような理(ことわり)により、この地に御祭神二柱が御鎮座になっている。

現地案内板

Please do not reproduce without prior permission.

【境内社】(Other deities within the precincts)

本殿向かって左手
・小祠

Please do not reproduce without prior permission.

社日碑 & ・諏訪神社 明治44年合祀記念碑

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

出雲国風土記、棟札に最古の引用か 出雲・波迦神社で見つかる

産経新聞2017/5/25 07:07

奈良時代に編纂(へんさん)された「出雲国風土記」の記述を引用したとみられる戦国時代の神社棟札が、島根県出雲市斐川町の波迦(はか)神社で見つかり、市文化財課が24日発表した。出雲国風土記を棟札に引用した例としては最も古いとみられ、「棟札の製作者が風土記の写本を見たか持っていた可能性もある」と評価している。

 見つかったのは、天文20(1551)年に社殿を造営した際、掲げられたとみられる棟札(長さ56センチ、幅12センチ)。「この社の峯に天降り坐して」と墨書されている点が、風土記の「其の山の峰に天降り坐しき」という記述と酷似しており、同課は「風土記を踏まえて書かれた可能性が高い」とみている。

 同課が今年3月、波迦神社を調査した際、見つかった棟札25点の中にあった。このうち、慶長9(1604)年の棟札1点にも、同じような引用がみられた。

 出雲国風土記をめぐっては、733年に成立して以後、最古とされる1597年の写本が作られるまでの間、出雲地方では読まれたり引用されたりした例が長らく確認されていなかった。しかし、今年2月、奥出雲地方に建てられた堂の由緒書として1502年に書かれた「灰火山社記」に引用例がみつかるなど、空白期を埋める発見が相次いでいる。

 これらの棟札2点が31日〜6月5日、出雲弥生の森博物館で公開される。入館無料。

https://www.sankei.com/article/20170525-X63BEI7Y55KWPGIPW26T6OV5EM/

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

山陰自動車道の菱川ICの東直線で 約200m程 車5分程度

Please do not reproduce without prior permission.

北東方向には約300m程で 荒神谷遺跡で有名な神庭荒神谷があります

Please do not reproduce without prior permission.

出雲郡 神名火山(かんなびやま)(仏経山)を背後にした 出雲の大切な祭祀であったろう「神庭荒神谷」の傍に鎮座する波迦神社(はかじんじゃ)その祭神が 大和朝廷の神倭健尊やまとたけるのみこと」とその神を奉じる一族の武部氏の祖神「健部臣古禰尊たけるべおみこのみこと」であると考えると 大和勢力が出雲制圧には欠かせない拠点であったのだろうか? などと想いつつ

山陰自動車道の高架橋を目指して進んでいきます

Please do not reproduce without prior permission.

神社への道は片側は川が流れ 狭い道で すれ違いは出来ません Uターンも不可 なので進むしかありません

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

やがて山側神社が見えて 一台程度なら駐車スペースもあります

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居はありませんが 石段の上に狛犬がしていて 拝殿が建っています

波迦神社(斐川町三絡)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿に進みます
扁額には「建部郷鎮座 波迦神社」とあります

Please do not reproduce without prior permission.

御神紋は「二重亀甲に違い矢

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には 幣殿 本殿

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

本殿向かって左の境内には 境内社が鎮座します

Please do not reproduce without prior permission.

本殿向かって右の境内に 瓦屋根のお堂のような 境内社なのでしょうか

Please do not reproduce without prior permission.

参拝後 又 狭い道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.出雲郡にある伝承

鎮座地の(たけるべのさと)について記されます

【意訳】

(たけるべのさと)
〈現 斐川町の三路・神庭・学頭 松江市宍道町伊志美付近

郡家の正東一十二里二百二十四歩の所
先に宇夜里(うやのさと)とすのは 宇夜都弁命(うやつべのみこと)が その山の峰に天降(あまくだ)り坐(ましま)すなり

の神の社(やしろ) (いまなお)坐(ましま)すこの所 故に 宇夜里(うやのさと)と云う

後に改めて すのは
纏向檜代宮御宇天皇(まきむくひしろのみやに あめのしたししめ すめらみこと)〈第12代 景行天皇〉の勅(みことのり)による
「わたしの御子 倭健命(やまとたけるのみこと)の御名を忘れることのないようにをお定め給われた

その時 神門臣古彌(かんのおみこみ)を健とお定め給われた
臣たちは 古くから今(いまなお)此処に住んでいる 故にという

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』出雲郡 武部 にある伝承

十二権現 諏訪明神と記されています

『雲陽志(unyo shi)では

武部十二権現 諏訪明神と記され

十二権現 本社五尺四方 拝殿一間半に二間 慶長九年建立棟札あり 祭礼九月九日 五穀成就の神楽を奏そう」

諏訪明神 社二尺にて 祭礼七月二十七日」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)』〈大正15年(1926)〉に記される伝承

波加(はか)神社と呼んでいるが 本来は 波如(はね)が 正しいと記しています

【意訳】

波如社(はね)のやしろ

今、庄原(しょうばらむら)武部(たけべ)に 波加神社といって居れどもその名は訂正風土記などに 波如(はね)を誤りて波加と改めたものを、そのままに取って新しくつけた名である。
正倉院文書の中、天平十一年 出雲国大税賑給帳に 波如(はね)里といふ名がある。 

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

波迦神社(斐川町三絡)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.