荒田神社(多可町中区 安楽田(あらた))

荒田神社あらたじんじゃ 天平神護元年(765年創建の古社〈兵火により荒廃し 寛文年間(1661~1672)現在地に社殿が復興鎮座地名は゛安楽田(あらた)゛延喜式神名帳927 AD.所載 播磨國 多可郡 荒田神社(あらたの かみのやしろ)とされ 中世以降に隆盛を極めた加美町の二宮荒田神社と式内論社本家争いをしたと伝わります

Please do not reproduce without prior permission.

目次

1.ご紹介(Introduction)

 この神社の正式名称や呼ばれ方 現在の住所と地図 祀られている神様や神社の歴史について ご紹介します

【神社名(Shrine name

荒田神社Arata shrine

通称名(Common name)

【鎮座地 (Location) 

兵庫県多可郡多可町中区 安楽田(あらた)982

  (Google Map)

【御祭神 (God's name to pray)】

《主》少名彦命(すくなひこなのみこと)
   五百箇磐石命(いほついわむらのみこと)

【御神徳 (God's great power)】(ご利益)

【格  (Rules of dignity) 

・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創  (Beginning of history)】

荒田神社あらたじんじゃ
  • ご祭神 少名彦命(すくなひこなのみこと)
        五百箇磐石命(いほかいわれいしのみこと)

 創立年代は明らかでありませんが、慶長(けいちょう)年代 安楽田の東端道路の北側に建立されていました。寛文(かんぶん)八年(一六六八)九月、荒田町大火の際、神社を始め、別当(べっとう)大乗寺(だいじょうじ)などとともに全部消失してしまいました。

 この頃、既に北方の「貝野村」は、人家も少なく荒田町に合併されていたので、「貝野村」の氏神「大歳神社」の地を拡張し、寛文十一年に合祀(ごうし)されました。

 鳥居は元禄(げんろく)六年(一六九四)、石燈籠(いしどうろう)は寛保(かんぽう)三年(一七四三)、狛犬(こまいぬ)(現存しない)は寛保四年(一七四四)、そして、拝殿(はいでん)・鐘楼(しょうろう)・随身門(ずいじんもん)が延享(えんきょう)三年(一七四六)に建立されています。

 延喜式神名帳(えんぎしきしんみょうちょう)(九〇五年)に「荒田神社」天平神護(てんぴょうじんご)元年(七六五)とあり、加美町の二宮荒田神社と本家争いをしたとされています。鳥居から随身門を経て社殿に至る参道は、広大であり、大乗寺跡などもあります。

歴史街道

現地案内より

Please do not reproduce without prior permission.

【由  (History)】

由 緒

 天平正宝元年(729)、創立。
 女神、この地に降臨されしを奉齋。

 延喜年代、田村麻呂将軍の崇敬あり。社殿改修。白馬六十疋奉る。

 天平年間(729~748)、兵火により荒廃。
 寛文年間(1661~1672)、社殿復興。
 延享3年(1746)、拝殿建立。
 明治7年(1874)、村社に列せられる。

 2008 兵庫県神社庁HPより
https://www.hyogo-jinjacho.com/data/6312061.html

スポンサーリンク

神社の境内 (Precincts of the shrine)】

・本殿

Please do not reproduce without prior permission.

・本殿の覆屋より 中の本殿を覗く

Please do not reproduce without prior permission.

・本殿の覆屋

Please do not reproduce without prior permission.

・本殿の覆屋 背面の拝所

Please do not reproduce without prior permission.

・拝殿内 拝所

Please do not reproduce without prior permission.

・拝殿内 絵馬

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

・拝殿

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

〈本殿の向かって右側 境内社 祠群〉

Please do not reproduce without prior permission.

〈上段〉稲荷社
〈下段 向かって右〉金比羅宮〈下段 中央〉天照皇大神宮〈下段 向かって左〉八幡宮

Please do not reproduce without prior permission.

・妙見宮

Please do not reproduce without prior permission.

〈社殿の向かって左側 複数の拝所〉

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

・参道

Please do not reproduce without prior permission.

・隋神門

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

・社頭の鳥居

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

神社の境外 (Outside the shrine grounds)】

播磨國の一之宮~四之宮

播磨一之宮 伊和神社宍粟市一宮町

播磨二 荒田神社多可町的場

播磨三 住吉神社加西市北条町

播磨四 白国神社姫路市白国町

スポンサーリンク

この神社の予備知識(Preliminary knowledge of this shrine)

この神社は 由緒(格式ある歴史)を持っています

『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)(927年12月編纂)に所載
(Engishiki JimmeichoThis record was completed in December 927 AD.

延喜式Engishiki)律令の施行細則 全50巻』〈平安時代中期 朝廷編纂
その中でも910を『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)といい 当時927年12月編纂「官社」に指定された全国の神社式内社の一覧となっています

「官社(式内社)」名称「2861
・「鎮座する天神地祇」数「3132座」

[旧 行政区分](Old administrative district)
(神様の鎮座数)山陽道 140座…大16(うち預月次新嘗4)・小124

[旧 国 名 ](old county name)
(神様の鎮座数)播磨 50座(大7座・小43座)

[旧 郡 名 ](old region name)
(神様の鎮座数)多可郡 6座(並小)

[名神大 大 小] 式内小社

[旧 神社 名称 ] 荒田神社
[ふ り が な ]あらたの かみのやしろ
[Old Shrine name]Arata no kaminoyashiro

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

あなたが この神社に興味が湧くような予備知識をオタク視点でご紹介します

延喜式神名帳927 AD.所載のある ゛荒田神社゛について

①和泉國 ②播磨國 ③紀伊國に各々一社 計三ヶ所が記載されています

①和泉國 大鳥郡 陶荒田神社二座(鍬)(すえのあらたの かみのやしろ ふたくら)

・陶荒田神社(堺市中区上之)

②播磨國 多可郡 荒田神社(あらたの かみのやしろ)

・荒田神社(多可町加美区的場)

・荒田神社(多可町中区安楽田)

③紀伊國 那賀郡 荒田神社二座(あらたの かみのやしろ ふたくら)

・荒田神社(岩出市森)

荒田神社多可町加美区的場) 御祭神を ゛道主日女命(みちぬしひめのみこと゛とする説について

『播磨國風土記(Harimanokuni Fudoki)〈和銅6年(713年)〉』に記される伝承

荒田村の伝承として ゛道主日女命(みちぬしひめのみこと゛という神があり が無い兒(子)を生んだ゛と 当地には゛道主日女命゛の神が居られたと伝えていて
盟酒(うけひざけ)を醸すと その子は 天目一命(あまのひとつめのみこと)に向かって奉られた゛とあり
道主日女命天目一命と契りの伝承が記されています

【抜粋意訳】

一、託賀略記 賀眉里(かみのさと)
賀眉里(かみのさと)大海山(おおうみやま)荒田村(あらたむら)

賀眉は 川上の為 名付けられ

大海は 昔 明石郡の大海里人がここに至り この山の麓に於いて居住した に大海山と云い 松が生えている所です

荒田は この所に神名を゛道主日女命(みちぬしひめのみこと゛という神があり が無い兒(子)を生んだ
そこで 盟酒(うけひざけ)を醸して 田を七町(約7ヘクタール)作ると 七夜の間に稲が成熟した
よって 酒を醸し 諸神を集め遣わした
その子に 父神に酒を潤すように命じると その子は 天目一命(あまのひとつめのみこと)に向かって奉られたので その父であるとられた
後に その田は荒れてしまったので 故に荒田村と名付けた

【原文参照】

国立公文書館デジタルアーカイブス『播磨国風土記』[書誌事項]写本,明治11年,地誌課[旧蔵者]太政官正院地志課・地理寮地誌課・内務省地理局 皇典研究所https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003386&ID=&TYPE=&NO=

鍛冶の神天目一箇神(あめのまひとつのかみ)について

天目一箇神は 鍛冶の神とされ
『古事記』の岩戸隠れの段で鍛冶であった゛天津麻羅(あまつまら)゛と同神ともされ 別名も多く 天目一命(あまのひとつめのみこととも呼ばれます

神名の゛目一箇(まひとつ)゛とは 鍛冶師は 製鉄の時 片目をつぶり 鉄の色を見て温度を見た事によるとも 鍛冶の職業病として 鉄を打つ火の粉によって片目を失明する゛一つ目(片目)゛の意味であろうとされます

天目一箇神(あめのまひとつのかみ)゛を祀る 播磨國の式内社について

播磨国は 古くから製鉄や鍛冶が行われていたと伝わり 鍛冶の神゛天目一箇神(あめのまひとつのかみ)゛を信仰する製鉄・鍛冶の拠点に祀られたと考えられます

播磨國 佐用郡 天一神玉神社(貞)(あめのひとつかんたま かみのやしろ)

・天一神社(佐用町東徳久)

播磨國 多可郡 天目一神社(あまめのひとつの かみのやしろ)の論社

・天目一神社(西脇市大木町)

・青玉神社(多可町加美区鳥羽)

・稲荷神社(多可町中区糀屋)

・天目一神社(多可町中区間子)
〈加都良神社 境内社〉

播磨國 賀茂郡 菅田神社(すかたの かみのやしろ)

・菅田神社(小野市菅田町)

・住吉神社(小野市中番町)

・山王神社(加東市厚利)

・八坂神社(小野市中番町)

【神社にお詣り】(For your reference when visiting this shrine)

この神社にご参拝した時の様子をご紹介します

JR福知山線 谷川駅から県道77・86号経由で西へ約17.7km 車25分程度

多可町の水田を北上します

社伝に゛慶長(けいちょう)年代 安楽田の東端道路の北側に建立されていました。寛文(かんぶん)八年(一六六八)九月、荒田町大火の際、神社を始め、別当(べっとう)大乗寺(だいじょうじ)などとともに全部消失してしまいました゛
とあるのは この辺りか?

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

少しわかり難い場所ですが 長い参道の入り口には 鳥居が立っています

荒田神社多可町中区安楽田に参着

一礼をして 扁額に゛荒田大明神゛と掲げられている鳥居をくぐり 参道を進みます

Please do not reproduce without prior permission.

神社は 山裾に鎮座します
参道の途中に 山から獣が下りてくるのを防ぐ 防獣柵〈電気柵〉が張られていて 鉄製の門扉が設けられています 解錠して入場します
私の参拝中に 獣が里へ出てもいけないので 再び施錠して 参道を進みます

Please do not reproduce without prior permission.

鉄製の門扉のすぐ先には 延享三年(1746)建立 隋神門〈瓦葺の八脚門〉が構えています

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

ここから更に なだらかに上る参道を進むと 社殿が見えてきます

Please do not reproduce without prior permission.

整地された境内には 石灯籠が立ち 奥には さらにもう一段高く 壇が設けられていて 立派な社殿が建てられています

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿にすすみます

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿は開け放たれていて 祭でもあるかのように 榊が祀られていて 手入れがされています

素足になり 拝殿に上がり 幣殿の内部に設けられた拝所に進みます

賽銭をおさめ お祈りをします
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

祈り終えて 拝殿内で振り返ると 参道が南方向に一直線に伸びています

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の奥には 幣殿・本殿覆屋があり その覆屋の背面には 拝所が設けられています
ここでは 何をどのように祈るのたろうか?

Please do not reproduce without prior permission.

社殿の向かって左側にも 幾つかの拝所が設けられています

Please do not reproduce without prior permission.

社殿の向かって右側には 境内社が祀られています

Please do not reproduce without prior permission.

境内は深い森に覆われていて 地面には苔蒸しているようなところもあり
ふと見ると何匹か゛カエル゛がいます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

大きさは アマガエル程ですが みどり色ではなく 初めて見るような色と柄でしたので 御祭神 少彦名命の神使いは゛カエル゛です てっきり神使いかと想い 暫く見ながら゛どのような御告げ゛なのだろうとか 嬉しくて写真を撮りました 帰ってから調べてみると この形態は゛アマガエル゛が 樹皮や落葉の擬態をしているらしい

Please do not reproduce without prior permission.

社殿に一礼をして 参道を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

隋神門をくぐり抜けて 防獣柵扉を再び締めて 参道を鳥居へと向かいます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

ここから西方 約3km程の的場にある荒田神社に向かいます

Please do not reproduce without prior permission.

Google Map

・荒田神社(多可町加美区的場)

神社の伝承】(A shrine where the legend is inherited)

この神社にかかわる故事や記載されている文献などをご紹介します

『神社覈録(Jinja Kakuroku)〈明治3年(1870年)〉』に記される伝承

式内社 荒田神社について 所在は゛高田庄奥荒田村に在す゛〈現 荒田神社多可町加美区的場〉とし
『播磨國風土記』の賀負里の条にあるように 祭神は゛道主日女命゛とし 道主日女命は 父の無い子を生んだが 盟酒によってその父は「天目一命」であると知った とする伝承を載せ
『峯相記』にある゛女体の唐人の束帯赤衣の姿゛は信用できないとも記しています

【抜粋意訳】

荒田神社

荒田は 安良多と訓べし、和名鈔、〔郷名部〕荒田、

〇祭神 道主日女命〔風土記〕

〇高田庄奥荒田村に在す、〔播磨鑑〕

〇當國二宮也〔頭注〕

〇永萬記云、荒田社、〔上品紙二百帖〕

〇播磨國風土記云、賀負里、〔荒田村〕所以號ニ荒田者、此處在神名 道主日女命、无父而生兒、爲之醸ニ盟酒、作ニ田七町、七日七夜之間、稻成熟、竟乃釀酒集ニ諸神、遣ニ其子捧ニ酒而令養之、於是其子向ニ天目一命而奉之、乃知ニ其父、後荒ニ其田、故號ニ荒田村

峯相記に、二宮荒田大明神者、天平勝寶元年己丑五月七日、女體赤裝而來臨、即少彦名命也、延曆年中、將軍田村麻呂、尊ニ崇此神而定ニ神田、又以ニ勅使奉授ニ正一位、と云るは信用がたし、然れども女體赤裝とあるは、自然に道主日女の故事の遺れるなるべし、

類社
和泉國 大烏郡 陶荒田神社の條見合すべし、

【原文参照】

鈴鹿連胤 撰 ほか『神社覈録』下編 ,皇典研究所,1902. 国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/pid/991015

鈴鹿連胤 撰 ほか『神社覈録』下編 ,皇典研究所,1902. 国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/pid/991015

『神祇志料(Jingishiryo)』〈明治9年(1876)出版〉に記される内容

式内社 荒田神社について 所在は゛ 高多莊荒田村に在り、荒田明神と云゛〈現 荒田神社多可町中区安楽田〉とし
『播磨國風土記』の賀負里の条にあるように 祭神は゛蓋 天目一命の妃 天道主日女命を祀る゛とし 道主日女命は 父の無い子を生んだが 盟酒によってその父は「天目一命」であると知った とする伝承を載せ記しています

【抜粋意訳】

荒田(アラタノ)神社

 高多莊荒田村に在り、荒田明神と云、〔播磨事始、神名帳考証、播磨國圖、神社覈録

之を二宮とす、〔峯相記、神名帳頭注

蓋 天目一命の妃 天道主日女命を祀る、初此神 父なくして御子生坐き 故田七町を作り、其田に成熟(ナレル)稲もて盟酒を釀て、諸神等を集て、其神子をして酒を捧奉らしむる時に、天目一命に向て杯を奉りき、即其父神なる事を知て、後に其田荒らしたりき、〔播磨風土記〕

稱徳天皇 天平神護元年、神封四戸を充奉らしむ、〔新抄格勅符〕
〔〇按 峯相記、桓武天皇延曆中、坂上田村麻呂専ら此神を敬て神領四至を定む、凡 神殿改造の時は、白馬六十匹を奉り、當國及丹波並に田村麻呂所領なるを以て、其 土貢を充て造宮料とし、其 遷宮の日には、朝廷より勅使を立られ、正一位を授奉ると云り、蓋 土人の傳説也、然れと他書考ふる所なし、姑附て考に備ふ〕

【原文参照】

栗田寛 著『神祇志料』第1巻,温故堂,明9-20. 国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/pid/815490

『特選神名牒(Tokusen Shimmyo cho)〈明治9年(1876)完成〉』に記される伝承

式内社 荒田神社について 所在は゛的場村(明細帳に福原村とあり)゛〈現 荒田神社多可町加美区的場〉とし
『播磨國風土記』の賀負里の条にあるように 祭神は゛蓋 天目一命の妃 天道主日女命を祀る゛と記しています

【抜粋意訳】

荒田神社

祭神 天目一箇命
   道主日女命

今按 社傳 祭神少彦名命とあるは 臆測のなり 其は播磨風土記 託賀郡賀負里〔大海山 荒田村〕云々
所以號ニ荒田者、此處在神名 道主日女命、无父而生兒、爲之醸ニ盟酒、作ニ田七町、七日七夜之間、稻成熟、竟乃釀酒集ニ諸神、遣ニ其子捧ニ酒而令養之、於是其子向ニ天目一命而奉之、乃知ニ其父、後荒ニ其田、故號ニ荒田村とあるによらば
天目一箇命 道主日女命を合せ祭れる神社なるべく思はるればなり

祭日 九月九日
社格 郷社(縣社)

所在 的場村(明細帳に福原村とあり)(多可郡松井庄村大字福原)

【原文参照】

教部省 編『特選神名牒』,磯部甲陽堂,大正14. 国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/pid/971155

荒田神社多可町中区安楽田 (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

播磨国 式内社 50座(大7座・小43座)について に戻る

 

おすすめ記事

1

世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」のクライテリア(iii)として「古代から今日に至るまで山岳信仰の伝統を鼓舞し続けてきた 頂上への登拝と山麓の霊地への巡礼を通じて 巡礼者はそこを居処とする神仏の霊能を我が身に吹き込むことを願った」と記されます

2

出雲國(izumo no kuni)は「神の國」でありますので 各郡の条に「〇〇郡 神社」として 神社名の所載があります
『風土記(fudoki)』が編纂(733年)された 当時の「出雲の神社(399社)」を『出雲國風土記 神名帳(izumo no kuni fudoki jimmeicho)』として伝える役割をしています

3

大国主神(おほくにぬしのかみ)が 坐(ましま)す 古代出雲の神代の舞台へ行ってみたい 降積った時を振り払うように 神話をリアルに感じたい そんな私たちの願いは ”時の架け橋” があれば 叶うでしょう 『古事記(こじき)』〈和銅5年(712)編纂〉に登場する神話の舞台は 現在の神社などに埋もれています それでは ご一緒に 神話を掘り起こしましょう

4

出雲国造神賀詞(いずものくにのみやつこのかんよごと)は 律令体制下での大和朝廷で 出雲国造が その任に就いた時や遷都など国家の慶事にあたって朝廷で 奏上する寿詞(ほぎごと・よごと)とされ 天皇(すめらみこと)も行幸されたと伝わっています

5

出雲国造(いつものくにのみやつこ)は その始祖を 天照大御神の御子神〈天穂日命(あめのほひのみこと)〉としていて 同じく 天照大御神の御子神〈天忍穂耳命(あめのほひのみこと)〉を始祖とする天皇家と同様の始祖ルーツを持ってる神代より続く家柄です 出雲の地で 大国主命(おほくにぬしのみこと)の御魂を代々に渡り 守り続けています

6

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

7

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

8

對馬嶋(つしまのしま)の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳』に所載されている 対馬〈対島〉の29座(大6座・小23座)の神社のことです 九州の式内社では最多の所載数になります 對馬嶋29座の式内社の論社として 現在 67神社が候補として挙げられています

-延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)
-,

error: Content is protected !!

Copyright© Shrine-heritager , 2024 All Rights Reserved.