秋鹿神社(松江市秋鹿町)& 御井神社〈秋鹿神社に合祀〉

秋鹿神社(あいかじんじゃ)& 御井神社〈秋鹿神社に合祀〉は 御祭神秋鹿日女(あいかひめのみこと)の名から出雲風土記(733年)秋鹿郷の名の由来とされています 所載社として「秋鹿社(あきか)のやしろ」と〈秋鹿神社に合祀〉の「御井社(みい)のやしろ」の二つの論社とされます

拝殿に掲げられたの三枚扁額

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳』

➂最後に出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

秋鹿神社(あいかじんじゃ)&〈秋鹿神社に合祀〉の御井社の各々

秋鹿神社(あいかじんじゃ)

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 秋鹿郡(aika no kori)

   不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】秋鹿社 
読み(あきか)のやしろ
How to read(akika no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

〈秋鹿神社に合祀〉の御井神社

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 秋鹿郡(aika no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】御井社 
読み(みい)のやしろ
How to read(mii no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社の神祇官社
〈秋鹿神社に合祀〉の御井神社

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 秋鹿郡(aika no kori)

【社名】御井神社 
読み(みいのかみのやしろ)
How to readMii no kami no yashiro

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用
国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name)

秋鹿神社(あいかじんじゃ)& 御井神社〈秋鹿神社に合祀〉 

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location)

島根県松江市秋鹿町2853

【地 図】(Google Map)

https://www.google.com/maps/dir/35.4772186,132.956546/%E3%80%92690-0261+%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8C%E6%9D%BE%E6%B1%9F%E5%B8%82%E7%A7%8B%E9%B9%BF%E7%94%BA%EF%BC%92%EF%BC%98%EF%BC%95%EF%BC%93+%E7%A7%8B%E9%B9%BF%E7%A5%9E%E7%A4%BE/@35.4859277,132.9515305,15.54z/data=!4m9!4m8!1m0!1m5!1m1!1s0x35570e1cab8a40d7:0x5525b2dc22ba9bcd!2m2!1d132.9516289!2d35.491577!3e0

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》秋鹿日女(あいかひめのみこと)〈秋鹿神社
   罔象女命(みずはめのみこと) 〈御井神社〉
   誉田別命(ほんだわけのみこと)〈八幡宮〉

※神社の伝承では 秋鹿日女 蛤貝比売命うむがいひめのみこと)と同神

【御神格】(God’s great power)

家内安全 郷内無事 五穀豊穣 諸人快楽 皆令満足の願いを成就させて下さる守り神

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 所載社

【創建】(Beginning of history)

秋鹿神社(あいかじんじゃ)

御祭神 秋鹿日女(あいかひめのみこと)
    罔象女命(みずはめのみこと) 〈御井神社〉
    誉田別命(ほんだわけのみこと)〈八幡宮〉

由緒
出雲風土記に「秋鹿社」とある。
また、秋鹿郡の郷名の由来に「秋鹿と号くる所似は、郡家の正北に秋鹿日女坐せり。故、秋鹿と云う」とある。
雲陽誌に「姫二所大明神 風土記に載る秋鹿社 是なり」とある。
・・・・・・・・
 御井神社は 延喜式内社であったが、中古、社が衰頽して秋鹿神社に合祀された。
慶長7年8月の棟札に「姫二所大明神」の社号で社が再興されている。社号を「姫二所大明神」と称する故は、秋鹿日女罔象女命 二柱の女神が鎮座されている所似である。
 秋鹿は収穫の秋に活動する鹿で、豊作の象徴、秋鹿日女は、その秋鹿一郡を開拓した部族の守り神であり、罔象女命は伊邪那美命が火の神をお産みになった後ご臨終のお苦しみの中、その尿からお生まれになり、肥料分を含み植物の養液となる水の神である。
この二柱の女神は、古より家内安全 郷内無事 五穀豊穣 諸人快楽 皆令満足の願いを成就させて下さる守り神として厚く信仰されている。

 八幡宮は秋鹿川の河溿に鎮座されていたが、ある時 洪水でお社が境内地とともに流されたために秋鹿神社に合祀されたが、その年代は不詳である。貞享3年8月の棟札には、「奉建立 八幡大神 秋鹿日女 天長地久祈所」とある。
  また、秋鹿日女を蛤貝比売命とし、大己貴命の火傷を治療なされた女神と伝わる。

境内社・・・・・
主な祭事・・・・

現地案内板より

【由緒】(history)

由緒
本社は、風土記に載する神社で、記に秋鹿と名つくる所以は、「郡家の正北に秋鹿日女命坐す故秋鹿という」云々。
故に松平藩の時代にも社殿の再興修繕の際には米穀を寄附して費用を補助する例であったが、寛保3年其の例絶、明治5年3月村社に列せられる。
本社祭神。秋鹿日女命(一名蛤貝比売命と称し)は、嘗て天勅を蒙り大巳貴命(大国主命)の火傷を療し給わんとして、此国に降り給いて其の任を果し給う。是の御功績甚だ顕著にして、やがて大巳貴命の逐に万民の為、大に利用厚生の道を開き給える一の原動力と成りたる故、此の御縁由に依て永く此の地に鎮座した給えるなり。

※「全国神社祭祀祭礼総合調査(平成7年)」[神社本庁]から参照

 

由緒
創立年不詳。出雲風土記に載する社で、記に秋鹿と名つくる所以は「郡家の正北に秋鹿日女命坐す故秋鹿という」云々。秋鹿日女命は嘗て天勅を蒙り、大己貴命の火傷を癒し給わんとして此国に降りて其の任を果たし給いたと伝えられる。
神社史研究会HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

若宮神社 《主》仁徳天皇
八坂神社 《主》須佐之男命
国本神社 《主》伊邪那岐命
秋鹿町荒神社《主》荒神(こうじん)
稲荷社 《主》宇迦之御魂
・社日塔 《主》天照大御神 他四柱の神

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社御井社 (みい) (mii no) yashiro論社は2ヶ所です 更にⒷ〈秋鹿神社に合祀〉の御井神社には 旧鎮座地とされる場所があります

・〈秋鹿神社に合祀〉御井神社

・御井神社の旧鎮座地

・〈佐太神社の境内社 御井社に合祀〉御井神

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

宍道湖の北岸 秋鹿町駅から秋鹿川を上流へ北上2km程 車5分程度
秋鹿川から橋を渡ると 真正面に 秋鹿神社(松江市秋鹿町)の鳥居が見えてきます

秋鹿神社(松江市秋鹿町)& 御井神社〈秋鹿神社に合祀〉に参着

一礼をしてから 社頭に建つ石鳥居をくぐり抜けます

階段を上がると 出雲式の狛犬が構えていて 隋神門が建っています

参拝日11/13でしたが 境内には祭りの舞台ような足場が組まれていました

拝殿へと近づきます 拝殿には 三枚扁が額掲げられています

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

境内社お詣りをして 社殿に一礼をして 参道を戻ります

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『古事記(kojiki)』神代 大穴牟遅神(onamuchi no kami)の受難を救う(二柱の神 貝の女神)伝承

秋鹿神社(あいかじんじゃ)では 蛤貝比売命が秋鹿日女と同神と伝わります

『古事記(kojiki)』大穴牟遅神(onamuji no kami)〈大国主命〉の火傷を治療なされた女神の伝承が記されています

意訳
『八上比売(yagami hime)は 八十神(yasogami)達に返答をしました
「わたくしは あなた方の言うことを聞けません 大穴牟遅神(onamuji no kami)の嫁となります」

八十神(yasogami)達は怒って 大穴牟遅神(onamuji no kami)を殺そうと思い 皆で話し合いました

そして伯耆国(hoki no kuni)の手間山(tema no yama)の麓(fumoto)に至って 言いました
「この山には 赤い猪(inoshishi)がいるらしい
我々が 赤い猪(inoshishi)を追い立てるので お前は 麓(fumoto)で待ち受けて捕らえなさい もし待ち受けて捕らえないなら 必ずお前を殺す」

猪(inoshishi)に似た「大きな石」に火をつけ 転がし落としましたので
麓(fumoto)で落ちてきた石を捕らえた時 すぐに焼け死んでしまいました

このことを知り御祖の命(mioya no mikoto)=母神の刺国若比売(sashikuni wakahime)は嘆き 天に上りまして 神産巣日之命(kamimusubi no mikoto)におすがり請いました時に

神産巣日之命(kamimusubi no mikoto)は 蚶貝比賣(kisagai hime)と蛤貝比売(umugi hime)を大穴牟遅神(onamuji no kami)のもとに向かわせて 神を活かし(蘇生)ました

その時のご様子は
蚶貝比賣(kisagai hime)は 貝殻を削り 粉末にして
蛤貝比売(umugi hime)は その粉をハマグリの出す汁と一緒に溶いて

母の乳汁のように塗りつけたところ (大穴牟遅神(onamuji no kami)立派で壮健な男となって 元気に蘇りました 』

古事記 原文参照
国立公文書館デジタルアーカイブ『古事記』写本

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)秋鹿郡 にある伝承

秋鹿郡の郷名の由来として

【意訳】
神戸里
秋鹿と名付けるわけは 郡家の正北に秋鹿日女命(あきかひめのみこと)が鎮座していらっしゃる だから秋鹿という

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『雲陽志(unyo shi)秋鹿郡 秋鹿 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

姫二所大明神 と記され すでに御井神社合祀されています
「姫二所大明神 風土記に載る秋鹿社 是なり」と記しています

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]
国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本

『原文』参照

秋鹿神社(松江市秋鹿町)& 御井神社〈秋鹿神社に合祀〉 (hai)」(90度のお辞儀)

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.