勝日神社〈富田八幡宮 境内社〉& 富田八幡宮

勝日神社〈富田八幡宮 境内社〉は 古くは富田月山 頂上の勝日高守神社の里宮として山腹に鎮座していました〈延喜式神名帳engishiki jimmeicho にも出雲風土記(izumo no kuni fudoki)にも記載されて由緒〉その後 富田八幡宮 境内社となり 現在に至ります 

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳』

➂最後に出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

 

①【約1300年前】About 1300 years ago 

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD. 

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori) 条
    神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】 加豆比乃社
読み(かつひの)やしろ
How to read(katsuhi no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

 

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori)

【社名】 勝日神社
読み(かちひのかみのやしろ)
How to read(Kachihi no kamino yashiro)

https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用
国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫

 

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment

【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 勝日神社〈富田八幡宮 境内社〉
            Kachihi jinja)

【読み方】(How to read)(かちひじんじゃ)

【通称名】(Common name)

【鎮座地】(location) 

島根県安来市広瀬町広瀬85−番地 富田八幡宮

【地 図】(Google Map)

https://www.google.co.jp/maps/dir/''/%E3%80%92692-0404+%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8C%E5%AE%89%E6%9D%A5%E5%B8%82%E5%BA%83%E7%80%AC%E7%94%BA%E5%BA%83%E7%80%AC%E5%85%AB%E5%B9%A1%E7%94%BA+%E5%8B%9D%E6%97%A5%E7%A5%9E%E7%A4%BE%EF%BC%88%E5%A2%83%E5%86%85%E7%A4%BE%EF%BC%89/@35.397522,133.2006018,12.89z/data=!4m14!4m13!1m5!1m1!1s0x3556f95125d032d3:0xf623201828908244!2m2!1d133.2591881!2d35.4281696!1m5!1m1!1s0x35571d54624ae8cf:0xb6fe401200a23aa7!2m2!1d133.1697465!2d35.3613032!3e0?hl=ja

 

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》大己貴命(onamuchi no mikoto)

【御神格】(God’s great power)

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社

・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 所載社

【創建】(Beginning of history)

『延喜式』『出雲国風土記』に記載されている古社。

富田八幡宮 とだはちまんぐう(島根縣安来市広瀬町廣瀬)

由緒概要

欽明天皇31年(560)に創立。当初は富田月山に鎮座。保元年間(11561159に平家の武将悪兵衛景清(藤原景清富田の城郭を築くにあたり、月山頂上の勝日高守神社は城内鎮守とし、それまで山麓の里宮 勝日神社(延喜式内社)と共に霊地を求め現在の地に奉還しました。(奉還の際の話は「景清の矢中松」と言われ、境内の旧跡の一つとして、今なお保存されています)・・・・・・・

境内社

勝日神社(延喜式内社) 祭神・大己貴命 祭日・4月15日

 古くは月山頂上の勝日高守神社の里宮として山腹に鎮座

・・・・・・・

神社配布資料より

【由緒】(history)

※「全国神社祭祀祭礼総合調査(平成7年)」[神社本庁]から参照

富田八幡宮略記 社伝に拠れば欽明天皇31年に創立とあり、もと月山(旧称勝日山)に祀られてあったが保元年中平氏の将悪七兵景清出雲に来りこの月山に城郭を築かんと欲し神廟と居を同くする事を恐れて遷し奉らんと闇夜虚空に白羽の箭を放って霊地を定め今の地に遷して社殿の造営を行なった、かの箭の落ちた所は景清矢中松(やたてのまつ)とて現に当社境内の旧跡として一と株の松樹に碑を建てて識している。

かくて爾来富田城の鎮守として歴代城主の氏神としてその尊崇を受け、殊に尼子氏の如きは社領百貫の地を寄せ、神主竹矢氏に対しては他国より富田城下に入り来れる神子の司を命じたこともあった。

また毛利氏は尼子氏の定めた社領を安堵した上に神主竹矢氏の戦功を賞して種々待遇し、天正3年8月毛利元秋は遥に用材を石州に求めて造営を行い、次いで慶長4年吉川廣家またこれを修造し、且つ神田百石を寄せて神主、神宮寺以下の奉仕を定めた。

併し毎年8月15日放生会に執行した有名な神幸式の神輿が永祿八年戦捷の余勢に乘じた毛利軍のために渡御の途中に奪はれ仁多郡横田八幡宮の社頭に運ばれてより、200年を経て、竹矢信之再びこれを迎帰りて其儀を再興したままでは、久しく打ち絶えていた程で、社頭も此後吉川氏出雲を退去して堀尾氏來るや同氏も元和3年上葺造営を行なったが、社領は単に神主領として30石の地を寄進するに止つた。尤も其後検地を行った所、事実は33石9斗あつたけれど其侭に差置かれて京極氏の先例となり松平氏に至っては広瀬村に於て34石の社領となり、爾後貞享3年広瀬藩が設置された後も依然として同様の寄進を受けて来たのであつた。

而して造営に於ても同じく萬治元年の造管以來惣て藩費によつていたが、殊に安永2年8月には藩主松平近輝当社を以つてその祈願所と定むるに及び従来当社を大氏神としていた富田荘の山方里方13ヶ村の社家も、是より祭礼毎に残無く参集して当社神主と共に藩主の武運長久、領内の静謐を祈願せしめらるる事となって、当社の位置は愈々確定されてきた、何者、元来当社の「神宮司」竹矢氏は天日鷲命の後田辺布禰より39代相続し、旧藩時代には日御碕、須佐、美保等の諸社と共に所謂1社1例の社格を有して富田荘13ケ村の社家を支配し、四家の社人を従えて杵築佐陀の支配外に独立し、広瀬藩内に於ては御目見社家(当社、野城、貴布禰の3社)の上席として特に優越せる待遇を受け歴代叙位叙爵の家格を有していたものである。従って寛政2年3月舞馬の災は隨神門を除き、社頭一切を灰燼に帰せしめた時にも、特に藩議を以て社殿を再興して輪奐の美を尽くすに決し、吉川梁左衞門奉行として工匠を大阪に求め、禁裡御大工頭中井藤三郎の督下に大阪18番組大工棟梁森川六右衞門豊武、加賀の名匠玉右衞門及び彫刻師、鉄師等工事に従い大工のみにても4500人役を費さしめた。

乃ち藩船二艘に載せて彼の地より回漕し、宝政7年4月遂に当時建築の粋を集めた殿宇は新たに成るに至った。これ現社殿であって其後文政六年、天保15年、明治12年、同42年の上葺きを経たものである。

かくて維新後にあっては明治5年3月郷社に列せられて第74、5両区を管し、同13年には逓減祿の下給あり、同40年9月には、神饌幣帛料供進社に指定され、昭和2年9月9日県社に昇列せらるることとなった、蓋し本県下に於いて八幡宮としては此れの社格に列せられたものの鏑矢である。

富田八幡宮
【境内社】(Other deities within the precincts)

境内向かって右手

延喜式神名帳engishiki jimmeicho 所載社
勝日神社 主》大己貴神 《配》須佐之男神 稲田姫神

稲荷神社 《主》《主》神皇魂神 倉稲魂神

蛭子神社 主》蛭子命 大己貴命 事八十命
酒解神社 《主》大山祇命 木花咲耶姫命

境内向かって

武内神社《主》武内宿禰命
須賀神社《主》神素戔嗚尊 《配》稲田姫命 五男三女神

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

安来駅から 県道45号を飯梨川沿いに上流へ R432号に出ると右手に鳥居有

富田八幡宮に参着

一礼して鳥居をくぐります 長い苔生した参道を進みます

やがて立派な楼門が現れます 一礼をしてくぐり抜けます

正面 境内中央に富田八幡宮の拝殿が建ちます

茅葺きの屋根の拝殿 その奥に大社造の本殿が ちます
正面の左手は 境内社の武内神社

富田八幡宮拝殿にすすみます 扁額には「縣社 冨田八幡宮」

賽銭をおさめ お祈りです
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

向かって左手より本殿と境内社の武内神社を仰ぎます

各境内社に向かって左からお詣りです

境内の武内神社

境内の須賀神社 

出雲風土記』に所載の加豆比乃社(かつひの)やしろ」と呼ばれた境内向かって右手

延喜式神名帳engishiki jimmeicho 所載社
勝日神社 主》大己貴神 《配》須佐之男神 稲田姫神 

境内の蛭子神社 酒解神社

境内から 隋神門を戻ります 

長い参道を戻り 鳥居をくぐり振り返り一礼

スポンサーリンク

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)能義郡 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では
勝日神社〈富田八幡宮 境内社〉Kachihi jinja)」を出雲風土記の   意宇郡(ou no kori)加豆比乃社(かつひの)やしろ であり
延喜式神名帳の 勝日神社(かちひのかみのやしろ)としています

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]
国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『原文』参照

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)意宇郡 にある伝承

勝日神社は 出雲風土記の 加豆比乃社(かつひの)やしろ であるとしています

※『出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)
国立公文書館デジタルアーカイブ出雲国式社考写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『原文』参照

勝日神社〈富田八幡宮 境内社〉 (hai)」(90度のお辞儀)

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.