➄根堅州國(ねのかたすくに)の試練

葦原色許男神(あしはらしこをのかみ)は 女性に好かれ 試練を乗り越える力を持つ神として描かれる

大穴牟遅神が〉根堅州国(ねりかたすくに)到着すると すぐに須佐之男命(すさのをのみこと)の女(むすめ)須勢理毘売(すせりびめと恋に落ち 結婚をします

〈須勢理毘売(すせりびめ)〉「麗しい神大穴牟遅神が来られました」と報告をする 父の須佐之男命(すさのをのみこと)は これを見て「これは 葦原色許男(あしはらしこを)という神ぞ」と言われ 数々の試練を与えます しかし 妻の須勢理毘売に助けられて その試練を乗り越えます

・那賣佐神社(出雲市東神西町)《主》葦原醜男命須勢理姫命

『出雲国風土記』には
大国主命が 須佐之男命の御子で この里の岩坪で生誕せられたという須勢理姫(すせりひめ)命を娶り 通(かよ)い坐(まし)ました所〉と記されます

・岩坪明神〈神霊は 平安時代 那賣佐神社に合祀〉岩坪明神の旧鎮座地

スポンサーリンク

『古事記(Kojiki)〈和銅5年(712)編纂〉』 に記される伝承

Please do not reproduce without prior permission.

【抜粋意訳】 

〈大穴牟遅神が〉言われたままに 須佐之男命(すさのをのみこと)の御所(みもと)参(まい)りました

すると その女(むすめ)須勢理毘売(すせりびめ)が 出て姿を見て 互いに目を合せ そのまま結婚されました

須勢理毘売(すせりびめ)が帰って その父〈須佐之男命〉に麗しい神が来られましたと言いました 

その大神(おほかみ)〈須佐之男命〉 出て見て「れは 葦原色許男(あしはらしこを)というぞ」と言われました

やがて 御殿に呼び入れて の室〈部屋に寝かせました

妻の須勢理毘売命(すせりびめのみことは 蛇比へびのひれ)を授けて その夫に言いました
その蛇が うとしたら この比ひれ)を三度(みたび)振(ふり)いたまえ
教えのとおりにすると 蛇は自(おの)ずとまり それで平穏に寝て出られました 

また 次の日の夜は 呉公(むかで)と蜂(はち)室〈部屋に入れられましが また 呉公(むかで)と蜂(はち)のひれ)を 授け教えられたので 平(やすく)られました 

また〈須佐之男命が〉鳴鏑(なりかぶら〈鏑矢〉 大野〈大きな野原〉の中に射りて その矢を取って来いと命じました
大穴牟遅神が〉矢を求め その野に入ると
須佐之男命が〉火を放ち その野を焼き廻らしたので
大穴牟遅神が〉そこから出る所を知らず 困つている時

(ねずみ) 来て 云(い)うには
「内うち 富良富良(ほらほらそと 須夫須夫(すぶすぶうので
大穴牟遅神が〉そこを踏むと 落ちて隱れ入りました この間に 火は焼け過ぎていきました
その鼠(ねずみ) その鳴鏑(なりかぶら〈鏑矢〉を咥えて出て来て 奉りました その矢の羽はね (ねずみ)の等(こども) 皆食べておりました 

その 須勢理毘売(すせりびめ)は 喪具葬式の道具を持て泣きながらやって来られると その父の大神須佐之男命〉も すでに死んだとお思い その野に出てみると 

大穴牟遅神が〉その矢を〈須佐之男命に〉奉りました 

その時に須佐之男命が〉〈大穴牟遅神を〉家に引き入れ 八田間大室(やたやのおおむろや〈とても大きな部屋〉に呼び入れ その頭の虱(しらみ)を取らせました さらに 頭を見ると 呉公(むかで)がいっぱいおりました 

ここに
その妻須勢理毘売 牟久(むく)の木の実 赤土  その夫大穴牟遅神に授けました
その木の実を いやぶり赤土を口に含んで吐き出すと その大神須佐之男命は呉公(むかでいやぶり吐き出していると思い 御心(みこころ) 愛(いとしく)なられ 寢てしまわれた 

【原文参照】 

『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブhttps://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブhttps://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブhttps://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

⑥大国主神(おおくにぬしのかみ)と名乗る に進む

スポンサーリンク

”時の架け橋” 大国主神(おほくにぬしのかみ)
『古事記』に登場する神話の舞台 に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-神話の舞台
-

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.