⑧八千矛神(やちほこのかみ)の妻問い〈沼河比賣(ぬなかわひめ)〉

八千矛神(やちほこのかみは 武神〈いくさがみ〉ありながら 愛の歌を詠む 知性と教養のある神として描かれる

八千矛神大国主が 高志国(こしのくに)に 美しく賢い女性〈沼河比売(ぬなかはひめ〉が居ると聞き 結婚しようと通いました そして 求婚し 結ばれるシーンが 優雅な恋歌によって描かれます 

これは 当時 祭祀〈政治(まつりごと)〉を司る上で 「玉(ぎょく・たま)」は 大変に貴重なもので 材料は 上質の翡翠ヒスイ)原石であった 産出地の高志国〈王女 沼河比売〉は 重要な拠点とされていた これ出雲〈八千矛神勢力下へ併合する為に 婚姻関係を迫った時の 両国の駆け引きの様子が 〈王と王女の〉優雅な恋歌〈妻問い〉によって描かれたものとされます

Please do not reproduce without prior permission.

・天津神社・奴奈川神社(糸魚川市)《主》奴奈川姫命 八千矛神

『古事記』神話には
この 八千矛神(やちほこのかみ高志(こしのくに)沼河比売(ぬなかはひめ)と結婚しようと行かれた時 沼河比売(ぬなかはひめ)の家に着き 歌を詠まれた」と記されます

・白山神社(糸魚川市能生)

・奴奈川神社(糸魚川市田伏)

スポンサーリンク

『古事記(Kojiki)〈和銅5年(712)編纂〉』 に記される伝承

【抜粋意訳】

八千矛神(やちほこのかみ)妻問い の段

この 八千矛神(やちほこのかみ
高志(こしのくに)沼河比売(ぬなかはひめ)と結婚しようと行かれた時

沼河比売(ぬなかはひめ)の家に着き 歌を詠まれた

"八千矛神(やちほこのかみのみこと 八島やしまのくに)で 好ましい妻を娶れず ついに 遠い遠い越国(こしのくに)に 賢い女が居ると聞
美しい女性が居ると聞き 結婚しようと通いました
太刀緒(たちのお) いまだ解かず 羽織ものも いまだ解きかねて
少女寝ている家戸を揺さぶると 山のヌエ鳥が鳴き 野の雉(きじ)が鳴き 先でニワトリが鳴く 腹の立つ 鳴き声だ あの鳥どもを打ち 静かにしてくれる"

下におります走り使をする者の 事の語り伝えは かようでございます

すると 沼河比売(ぬなかはひめ)は 戸を開けず中から歌いました

"八千矛神(やちほこのかみのみこと
しおれた草のような女ですから 浦渚の水鳥のように 夫を慕います
こそ わたしの も後に あなたを慕う水鳥のようになりましょう
命ながく 生かし遊ばせ"

下におります走り使をする者の 事の語り伝えは かようでございます

"山に太陽が隠れたら 暗い夜になるでしょう
朝日のように にこやかな顔で来られて
コウゾの網のような白い腕 泡雪のよう若い胸を そっと叩き 手をとりかわし 玉のよう手を枕にし 足を伸ばしてお休みなさいませ
ですから あまり わびしく されないでください
八千矛神(やちほこのかみのみこと"

事の語り伝えは かようでございます

それで その夜は 会わ 翌夜 お会いになりました

【原文参照】

『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブhttps://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブhttps://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブhttps://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

神語りかむがたり)八千矛神(やちほこのかみ)と須勢理毘賣(すせりびめ) に進む

スポンサーリンク

”時の架け橋” 大国主神(おほくにぬしのかみ)
『古事記』に登場する神話の舞台 に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-神話の舞台
-

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.