島御子神社(対馬 曽)

島御子神社は 六国史の記録として『日本三代実録(Nihon Sandai Jitsuroku)延喜元年(901年)成立』 の 貞観12年(870)3月5日 丁巳の条に嶋御子神(シマミコノカミ)従5位上」と 對馬嶋(上縣・下縣)の式内社の神々とともに記されていて 対馬でも有数の由緒を持つ古社とされています 『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)〈927年〉』に所載の對馬嶋 上縣郡 嶋大國魂神御子神社」の論社ともなっています

目次

1.ご紹介(Introduction)

 この神社の正式名称や呼ばれ方 現在の住所と地図 祀られている神様や神社の歴史について ご紹介します

【神社名(Shrine name

島御子神社Shimamiko Shrine)
(しまみこじんじゃ)

 [通称名(Common name)]

【鎮座地 (Location) 

長崎県対馬市豊玉町曽114

 [  (Google Map)]

【御祭神 (God's name to pray)】

《主》大国主神Okuninushi no kami)
   八上姫命Yakamihime no kami)

【御神格 (God's great power)】(ご利益)

【格  (Rules of dignity)

『延喜式神名帳Engishiki jimmeicho)所載社

【創  (Beginning of history)】

・不詳

六国史に 貞観12年(870)3月5日 丁巳の条に嶋御子神(シマミコノカミ)従5位上」と記されています
それ以前には 存在していたことになります

【由  (History)】

・不詳

【境内社 (Other deities within the precincts)】

・不詳

スポンサーリンク

この神社の予備知識(Preliminary knowledge of this shrine)

この神社は 由緒(格式ある歴史)を持っています

『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)(927年12月編纂)に所載
(Engishiki JimmeichoThis record was completed in December 927 AD.

延喜式Engishiki)律令の施行細則 全50巻』〈平安時代中期 朝廷編纂
その中でも910を『延喜式神名帳Engishiki Jimmeicho)といい 当時927年12月編纂「官社」に指定された全国の神社式内社の一覧となっています

「官社(式内社)」名称「2861
・「鎮座する天神地祇」数「3132座」

[旧 行政区分](Old administrative district)
(神様の鎮座数)西海道 107座…大38・小69
[旧 国 名 ](old county name)
(神様の鎮座数)対馬島 29座(大6座・小23座)
[旧 郡 名 ](old region name)
(神様の鎮座数)上県郡 16座(大2座・小14座)
[名神大 大 小] 式内

[旧 神社 名称 ] 嶋大國魂神御子神社
[ふ り が な ]しまおほくにたまのかみの みこの かみの やしろ)
[Old Shrine name]Shimaohokunitamanokami no Miko no kami no yashiro)

https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用
国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

あなたが この神社に興味が湧くような予備知識をオタク視点でご紹介します

式内社對馬嶋 上縣郡 嶋大國魂神御子神社」の論社は3つです

嶋大國魂御子神社(対馬 佐須奈)

島御子神社(対馬 曽)

国本神社(対馬 瀬田)

スポンサーリンク

神社にお詣り(For your reference when visiting this shrine)

この神社にご参拝した時の様子をご紹介します

対馬空港から R382号経由 北上 約24km 車30分程度

万関瀬戸(運河)明治33年(1900)当時の帝国海軍が軍事上の必要から開削して浅茅湾から東の日本海への航路とし〉があり ここに万関が掛かります ちょうど この位置が 対馬島の上島と下島の境にあたり これから対馬島の上島(北部)に入ります

Please do not reproduce without prior permission.

対馬上島東海岸を北上する県道39号を右折して 豊玉町曽に向かいます

Please do not reproduce without prior permission.

しばらくして 曽郵便局見て左折します

Please do not reproduce without prior permission.

そこから500m程で
島御子神社Shimamiko Shrine)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

しかし 道路と神社の間には川が流れていて 渡れません
200m程戻ると 橋が架かり 川の向こう岸に渡り 田の畔を再度 進みます

Please do not reproduce without prior permission.

石の欄干がある神橋があり 一の鳥居が建ちます 注連縄がかかり そこから先は鬱蒼とした鎮守の杜となっています

Please do not reproduce without prior permission.

二の鳥居手前には 狛犬が座し 御神域は 石垣の漆喰壁に瓦屋根載せられている立派な〈玉垣〉廻されています

Please do not reproduce without prior permission.

すぐ左に 石碑立てられていて 延喜式内社を謳っています
文中の「厓斉」とは何だろうか? 崖を整えたことの意でしょうか

貞観式 延喜式社 村社 島大國魂神御子神社
對馬仁位村 大字 曽
維持成立 厓斉 大正十一年二月二十

Please do not reproduce without prior permission.

塀の手前には「曽の力石」が置かれています
石には「雨乞紀念」とあって 説明板には「「力」を奉納して雨をもとめたのか」とあり 純真な人々の営みを窺う事ができます

Please do not reproduce without prior permission.

塀の隅が拝殿に半分かかるのを見ても判りますが 参道は拝殿と直線にはなっていません 神の通る正中を 参拝者が歩かないように配慮がされているようです 古社では見かける配慮です

Please do not reproduce without prior permission.

境内の下草は綺麗に刈られています
拝殿にすすみます 

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭箱が見あたらないので 拝殿の扉を開くと 内部には 畳が引かれていて 拝所が設けられていました
立派な奉納物掲げられています

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りをします
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿に繋がりながら奥の斜面の高い位置に本殿が建ちます

Please do not reproduce without prior permission.

境内から参道を戻ります 鳥居を抜けて 振り返り一礼をします

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

神社の伝承(A shrine where the legend is inherited)

この神社にかかわる故事や記載されている文献などをご紹介します

『日本三代実録(Nihon Sandai Jitsuroku)』延喜元年(901年)成立 に記される伝承

對馬嶋(上縣・下縣)の式内社の神々とともに 神階の昇叙が記されています

意訳

貞観12年(870)3月5日 丁巳の条

詔(ミコトノリ)を授(サズ)くに

對馬嶋(ツシマノシマ)の
正5位上 多久都神(タクツノカミ)に 従4位下

従5位上
和多都美神(ワタツミノカミ)
胡簶神(コロクノカミ)
御子神(ミコノカミ)
嶋大國魂上(シマオオクニタマノカミ)
高御魂神(タカミタマノカミ)
住吉神(スミヨシノカミ)
和多都美神(ワタツミノカミ)
太祝詞上(フトノリトノカミ)
平神(タイラノカミ)
並びに 正5位下

大吉刀神(オオヨシカタナノカミ)
天諸羽神(アマノモロハノカミ)
天多久都麻神(アマノタクツマノカミ)
宇努神(ウノノカミ)
吉刀神(キトノカミ)
小枚宿祢神(ヲヒラノスクネノカミ)
行相神(ユキアイノカミ)
奈蘇上金子神(ナソカミカネコノカミ)
嶋御子神(シマミコノカミ)
国本神(クニモトノカミ)
銀山神(カナヤマノカミ)
和多都美神(ワタツミノカミ)
敷嶋神(シキシマノカミ)
並びに 従5位上

【原文参照】国立公文書館デジタルアーカイブス
『日本三代実録』延喜元年(901年)成立 選者:藤原時平/校訂者:松下見林 刊本(跋刊)寛文13年 20冊[旧蔵者]紅葉山文庫

https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047721&ID=M2014093020345388640&TYPE=&NO=

Please do not reproduce without prior permission.

『神名帳考証土代(jimmyocho kosho dodai)』(文化10年(1813年)成稿)に記される伝承

『日本三代実録(Nihon Sandai Jitsuroku)』の神階の昇叙が記されるのみです
おそらくは 島大國魂神御子神社についての 詳細が 不明であったのであろうと思われます

意訳

大國魂神御子神社

貞観12年(870)3月5日 丁巳の条・・・並びに 従5位上

【原文参照】国立公文書館デジタルアーカイブ『神名帳考証土代』(文化10年(1813年)成稿)選者:伴信友/補訂者:黒川春村 写本 [旧蔵者]元老院
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000039328&ID=M2018051416303534854&TYPE=&NO=画像利用

Please do not reproduce without prior permission.

『神社覈録(Jinja Kakuroku)』明治3年(1870年)に記される伝承

本居宣長の随筆『玉勝間』に順じて 佐須奈村に鎮座する「現 嶋大國魂御子神社(対馬 佐須奈)」を これとするとしています
しかし 祭神については 不詳としていて 特定できていないようです

意訳

大國魂神御子神社

大國魂神御子は前に同じ
島大國魂は 志麻乃於保久邇多麻(シマノオホクニタマ)と訓ずべし

〇祭神名詳(ツマビラカ)ならず
 考証 事代主命(コトシロヌシノミコト)という 今従わず

〇佐護郷 佐須奈村に在り 〈玉勝間〉

神位 三代実録 貞観12年(870)3月5日 丁巳の条・・・並びに 従5位上---

【原文参照】国立公文書館デジタルコレクション『神社覈録』著者 鈴鹿連胤 撰[他] 出版年月日 1902 出版者 皇典研究所
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991015『神社覈録』

『特選神名牒(Tokusen shimmyo cho)』明治9年(1876)に記される内容

『神社覈録(Jinja Kakuroku)』と同様に 佐須奈村に鎮座する「現 嶋大國魂御子神社(対馬 佐須奈)」を これとするとしています
やはり 祭神については 特定できていません

意訳

大國魂神御子神社

祭神
今 按〈考えるに〉
式内社記もと 己貴命(オオナムチノミコト)一座なれど 
国史を考えるに 狭手依比賣神(サデヨリヒメノカミ)なるべし
依って これを加祭るとあるのは 島大國魂と云うに 就(ツ)けての説ながら その島大國魂ノ御子神なれば 必ずしも狭手依比賣(サデヨリヒメ)とも定めがたく 又 己貴命(オオナムチノミコト)にもあるべからず
神位 清和天皇 貞観12年(870)3月5日 丁巳の条・・・並びに 従5位上
祭日 11月1日

社格 村社

所在 佐須奈村 字 地主山

【原文参照】国立公文書館デジタルコレクション『特選神名牒』大正14年(1925)出版 磯部甲陽堂
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/971155『特選神名牒』

『式内社調査報告』昭和51年(1976)に記される内容

当社「島御子神社(対馬 曽)」を論社とする説が記されます

意訳

(現在の島大国魂御子神社)を式内社 島大國魂御子神社と考定してから、多くの論者が この説を容れ、いつしかこれが定着したやうになる。
 これに対して 曾の島御子神社は、中世の文書にも「しまのみこ」とあり、藩政時代を通じて「島之尊大明神」と呼ばれてる。これは古い神名を伝へたものと見られ、そこで當社を「島御子神」とすることは何人も異存はない。

 しかし 式内の島大國魂御子神社とすることには積極的でない人が多い。
これは 貞観123月の授位の記事に、「嶋御子神」とあるところから、それに當社を當てるからである。
 ところが 延喜式には嶋御子神社といふのはない。そこで、これは式外古社といふことになり、嶋大國魂御子神とは別神と見るのである。

そこで三代実録の神位奉授の記事を検証すると、貞観12年(870)35日丁已、多久頭神、和多都美神等と共に、嶋大國魂神、嶋御子神が載るが、嶋大國魂御子神といふのはない。
続日本後記の承和4年(837)が、対馬の神々に授位された初見であるが、それ以来の授位の記事を調べても、嶋大國魂御子神なるものは載ない。

さうなると神位を授かつたのは嶋御子神であつて、嶋大國魂御子神ではないのである。

それなのに延喜式には、嶋大國魂御子神社が載つて、嶋御子神社はないのだから不思議である。

そこで『対馬島誌』の編者が、「島御子は、農大國魂御子の前名、若くは異名と推定し得べき理由あり、」と述べてうに、これは同一神と見るべきである。さうなれば、嶋大國魂御子神社といふ式内社は、曾に祭られてる島御子神社を措いてほかにない。

Please do not reproduce without prior permission.

「曽の力石」 所在地 豊玉町曽  所有者 嶋御子神社
Chikara-ishi,
the stones from ancient festivals representing male strength and poewr

豊玉町指定民俗文化財(有形) 平成15年(2003)3月3日指定
対馬市指定文化財(有形民俗) 平成17年(2005)5月1日指定

曽の力石

「力石」とは、労働を人力に頼らざるを得なかった時代に、労働者間に発生したもので、力比べや体力を養うのを目的にした石をいいます。
昭和初期まで全国でみられた力石も、現在はその役割を終え、なくなりつつあります。(これまで対馬では正確に確認されていませんでした)。

 ここ御子神社にある6個は、力石としての大きさ、形を持ち、そのうち3個には切付もあることから、力石として使用されていたようです。おそらく、切付のある3個は奉納用として、他の3個はその以前から使われたものでしょう。「雨乞紀念」の切付からは、「力」を奉納して雨をもとめたのか・・・郷土対馬の民俗文化財として貴重なものです。

対馬 豊玉町教育委員会

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

島御子神社Shimamiko Shrine) (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『對馬嶋 式内社 29座(大6座・小23座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.