韓竈神社(出雲市唐川町)

韓竈神社(からかまじんじゃ)は 出雲風土記733 AD.』所載の出雲郡 神祇官社「韓銍社(からかま)のやしろ」・『延喜式神名帳927 AD.には「韓竈神社(からかまの かみのやしろ」とされます 巨岩を穿った岩穴の狭間を抜ければ 素戔嗚尊を祀る社が鎮座する 古い由緒を持つ神社です

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記733 AD.

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳927 AD.

➂最後に出雲風土記733 AD.』と『延喜式神名帳927 AD.の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】韓銍社
読み(からかま)のやしろ
How to read(karakama no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 出雲郡(izumo no kori)

【社名】韓竈神社
読みからかまの かみのやしろ
How to readKarakama no kami no yashiro

国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

韓竈神社(Karakama shrine)

【通称名】(Common name)

・韓竈神社(かんかまじんじゃ)
かんかまさん
智那尾権現(ちなおごんげん)〈江戸時代の呼称〉

【鎮座地】(location)

島根県出雲市唐川町字後野408

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》素盞嗚命(すさのをのみこと)
   国狭槌命(くにさづちのみこと

【御神格】(God’s great power)

子宝に恵まれる

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)733 AD.所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 927 AD.所載社

【創建】(Beginning of history)

由緒

出雲国風土記に「出雲郡官社【韓銍社】」、延喜式には「韓竈神社」と記載されている古社である。

江戸時代は、智那尾権現と呼ばれており、唐川町後野部落にある本社は、麓より登ること約百二十メートル。小さな岩穴を通り本社に参詣し、四方程、平岩有り。是を古来より「岩船」と言う。此岩本社の上へ西方より屋根の如くかざしたり。遠方よりお参りも多く、石段六百段は注意されたい。
朝鮮半島より渡来した先端的金属技術者集団の祭神であたやも知れない。

境外の「斐代神社」(ひしろじんじゃ)は、出雲国風土記に記載されている古社である。唐川八王子滝の崖に有り。江戸時代は八王子権現とも呼ばれていた。近年「唐川びと」という地元を紹介した本も話題になっている。「獅子舞」や「神事花」がある。
島根県神社庁HPより

【由緒】(history)

韓竈神社(からかまじんじゃ)

【鎮座地】 平田市唐川町字後野四〇八番地

【主祭神】 素蓋嗚命

【由 緒】
 出雲国風土記(七三三年)には韓銍社(からかまのやしろ)、延喜式神名帳(九二七年)には韓竈神社(からかまのかみのやしろ)と記されており創立は不詳であるが、非常に古い由緒を持つ神社である。

 社名の、カラカマは朝鮮から渡来した「釜」を意味するとされている。
即ち これは、祭神の素蓋嗚命が御子神と共に新羅に渡られ、我が国に「植 林法」を伝えられると共に「鉄器文化」を開拓されたと伝えられていることと、関係があろう。又当社より奥部の北山山系が古くから産銅地帯といわれ金掘り地区の地名や自然銅、野タタラ跡、などが見られることと、鉄器文化の開拓と深い関係があるといわれている。

「雲陽誌」(一七一七年)によると、当社は、素蓋嗚命を祀るとして、古老伝に「素蓋嗚命が乗り給いし船なりとて、二間四方ほどの平石あり、これを「岩船」という。この岩は、本社の上へ西方より屋根の如くさしかざしたる故に雨露も当たらず世俗に「屋方石」という。又、岩船のつづきに周二丈余り、高さ六間ほどの丸き立岩あり、これを「帆柱石」という。社への入口は、横一尺五寸ばかり、高さ八尺ほどの岩穴となっており、奥の方まで二間ばかりあり、これが社までの通路となっている」と記されている。

【例大祭】 十一月三日

社頭の案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

スポンサーリンク

【境外社 (Related shrines outside the precincts)】

・韓竈神社 遥拝所(出雲市唐川町)

韓竈神社の拝殿は集落の中にあります

・韓竈神社 遥拝所(出雲市唐川町)

境外摂社 斐代神社《主》八王子神

・斐代神社(出雲市唐川町)〈韓竈神社の境外社〉

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

岩船伝説について

岩船は 船の帆が旅伏山(出雲市国富町)の「帆筵岩(ほむしろいわ)」になったと伝えられます 帆柱のように杉の木が一本立ちます

Please do not reproduce without prior permission.

岩船

「古老伝」によれば韓竈神社の祭神 素戔嗚命は この地方に「植林法」や「鉄器文化」を開拓されたと言われているが この「大岩」はその際乗られた船であると伝えられている。

現地案内板より

Please do not reproduce without prior permission.

岩船伝説

 韓竈神社の鳥居の近くにある大岩は、新羅から植林法や鉄器文化を伝えられるときに素盞嗚命が乗られた船であると言われています。

 また、武蔵坊弁慶も修行したと言われている鰐淵寺を開いた智春上人(ちしゅんしょうにん)を3人の老翁が船で出迎え、鰐淵寺へと案内された後、老翁たちは乗っていた船の船具を分配し、船の舳先が韓竈神社の「岩船」に、帆柱が諏訪神社(出雲市別所町)の「帆柱石」に、船の帆が旅伏山(出雲市国富町)の「帆筵岩」になったと伝えられています。なお、帆柱岩は地滑りのため現在は無くなってしまいました。

出雲市役所HP 経済観光部 観光課より
https://www.city.izumo.shimane.jp/www/contents/1610698269433/index.html

岩船の簡単な動画です

社名のカラカマ」「韓銍(からかま)」「韓竈(からかま)」について

社名のカラカマ」のカマは 溶鉱炉を意味するとも云われているそうです

新羅から渡って来た鉄器(農具+武器)の神なのでしょうか?

・『出雲風土記733 AD.』所載の出雲郡 神祇官社「韓銍社(からかま)のやしろ」で使われている漢字の意味を調べると

韓(から)は新羅のことだろうか?

韓銍(からかま)銍は (音読み: チツ チチ シツ シチ 訓読み: かま)と読みます

その意味は「稲穂を刈るための短い鎌 また 稲穂を刈り取る」という意

新羅から渡って来た かまどの神 なのでしょうか?

『延喜式神名帳927 AD.所載の出雲郡「韓竈神社(からかまの かみのやしろ」で使われている漢字の意味を調べると

韓(から)は新羅のことだろうか?

韓竈(からかま)の竈は (音読み: ソウ 訓読み: かまど・へっつい
その意味は「かまどの神 かまど へっつい 物を煮炊きするところ「竈突」という意

竈(へっつい)とは 厨房用具で 土や石で作られ 中を円筒形の空間にして 鍋や釜をかけて火が焚けるようにしたもの「竈(かまど)」のこと

出雲風土記733 AD.』から『延喜式神名帳927 AD.までの194年間で
稲穂を刈り取る鎌 から 竈(かまど)に意味変しています

学者の説によれば 次のように解釈されているようです

祭神 素盞嗚命(すさのをのみこと)が 新羅から植林法やタタラ製法 鍛冶技術などの鉄器文化を伝えたことから「釜」や「溶鉱炉」を意味する

駐車場の案内板には 韓竈神社とこの地の周辺が黒鉱鉱床であると 鉄器文化伝承関連することが記されていました

韓竈神社周辺の黒鉱鉱床

この付近には、海底火山によってつくられた緑色凝灰岩が広く分布しています。この海底火山活動によって形成された黒鉱鉱床からは銅や石膏が採掘され、かつては地域の主要な産業でした。この神社周辺には金掘り地区の地名や自然銅、野タタラ跡が多くみられます。岩船伝説や鉄器文化伝承のある地として知られています。

この地域の鉱床は、黒鉱鉱床石膏鉱床であり、緑色凝灰岩(グリーンタフ)と泥岩の境界付近に層状に胚胎しています。石膏のほか黄鉄、閃亜鉛、黄銅、方銅が産出しました。採掘の始りは不明ですが、1977年まで稼行が続けられました。

設置管理者:島根半島・宍道湖中海(国引き)ジオパーク推進協議会

Please do not reproduce without prior permission.

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

雲州平田駅から 県道250号を西北へ進み 河下港〈十六島湾〉まで約8.6km 車12分程度
駐車場に「河下港から唐川川を遡るように南下」すると見どころ満載です 名所の地図がありました

Please do not reproduce without prior permission.

唐川町の西奥に駐車場があります 唐川川の河口から約4.7km 車10分程度

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

ここからは道が狭くなり 杉木立の中を通って山の下の鳥居までは800mくらい徒歩で進むことになります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

左手は唐川川〈先程とは反対側〉 右手の山裾に鳥居が見えてきます

Please do not reproduce without prior permission.

韓竈神社(出雲市唐川町)に参着

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居の先にある大岩は 新羅から植林法や鉄器文化を伝えられるときに素盞嗚命が乗られた船であると伝わる「岩船」があります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

一礼をしてから鳥居をくぐり 山への参道を上ります

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居について 宮司の佐々木 佑 氏が記しています

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居から300段と言われる急な石段で 標高差約100mをります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

途中 注連縄柱のように聳える二本の杉の大木の間を抜けてからは 岩山の様相になります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

木の根が地を這うように絡み合い進むのを躊躇いますが 手擦りで仕切られていて どうやら通路のようです

Please do not reproduce without prior permission.

この地を這うように絡み合う木の根の先が 有名な巨岩を穿った岩穴で その狭間を抜ければ社となります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

狭間を抜けると 左手に石組があり 右手は断崖絶壁の崖に細い参道があり その上にお社が鎮座します 

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

振り返ると今抜けてきた 巨岩を穿った岩穴があります

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿は里の集落の中にありますので こちらは本殿が鎮座します
扁額には「韓竈神社」と記されています

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

境内地の奥行きは少なく すぐ前は崖になります 何と結界に守られた場所なのでしょうか

Please do not reproduce without prior permission.

再び 巨岩を穿った岩穴の狭間を抜けて 俗界へと戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

なんと 岩穴の狭間を抜けて 陽の光が差し込んできました きっと良い事が起こるのでしょう 社に一礼をして 岩穴を抜けます

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

長く急な石段を戻ります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)1835AD.』盾縫郡 唐川 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

唐川「智那尾権現」と記され

素蓋嗚尊をまつる
本社 四尺に六尺 西向き 拝殿二間に三間 祭祀 三月三日 九月十八日 両度なり 境内 百間四方の山なり麓よりのぼること六十間ばかり 古木おおし

古老伝に云 素蓋嗚尊の乗りたまふ船なりとて 二間四方程の平石あり これを岩船と云う この岩 本社の上へ西方より屋根のごとくさしかざしたる故に雨露もあたらず 世俗 屋方石といふ入口 横 一尺五寸ばかり 高さ八尺程の穴あり 奥の方二間ばかり社まで通路あり
岩船のつづきに周二丈あまり 高さ六間ほどの丸き立岩あり これを帆柱石というなり」 と記しています

【原文参照】

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835]国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)1906AD.出雲郡 にある伝承

意訳

韓竈神社

風土記に 韓銍社(からかま)のやしろ とあり 宇賀郷 唐川村権現社なり

【原文参照】

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)』〈大正15年(1926)〉に記される伝承

【意訳】

韓銍社(からかま)のやしろ

延喜式に韓竈神社(からかまの かみのやしろ)とある。
唐川から杵築へ超える山中、彌山(みせん)の頂上より、北北東、水平距離十一町ばかりの処にある。岩穴に社があって、智那尾権現(ちなおごんげん)といって居たが、今はまた韓竈神社といひ、素戔嗚尊を祀り、唐川の氏神である。

【原文参照】

国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

韓竈神社(出雲市唐川町)に (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る 

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.