磐坂神社(八雲町西岩坂)

磐坂神社(いわさかじんじゃ)は 御祭神として「磐坂日子命(iwasakahiko no mikoto)」を祀ります 命は 須作能乎命(susanowo no mikoto)の御子神で 出雲の国内をご巡行・視察された神様です ここが命の生誕の地とされます

目次

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した『出雲國風土記』
次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)に完成した『延喜式神名帳』
最後に『出雲國風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

【約1300年前】About 1300 years ago

【出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori) 条
    神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】 石坂社

【読み】(いわさか の)やしろ
【How to read】(iwasaka no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

【約1100年前】About 1100 years ago

【延喜式神名帳(engishiki jimmeicho)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲國(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori)

【社名】 磐坂神社

【読み】(いはさかのかみのやしろ)
【How to read】(ihasaka no kamino yashiro)

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用
国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)

スポンサーリンク

【現在】At the moment 【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name)

 磐坂神社(iwasaka shrine) 
 (いわさかじんじゃ)

【通称名】(Common name)

 小坂さん(ozaka san)

【鎮座地】(location)

 島根県松江市八雲町西岩坂946

【地 図】(Google Map)

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》磐坂日子之命(iwasakahiko no mikoto)
《配》国狭槌尊(kunisatsuchi no mikoto)
   伊弉諾尊(izanagi no mikoto)
   岩裂神(iwasaku no kami)
   表筒之男神(uwatsutsunowo no kami)
   根裂神(nesaku no kami)
《合》伊弉冊尊(izanami no mikoto)「神納社」

【御神格】(God’s great power)

・五穀豊穣 Pray for good harvest
・諸業繁栄 Prosperity of various industries
・家内安全 Safe and comfortable home life
・延命長寿 Healthy and longevity
・開運厄除 Prayer at an age considered a milestone in life.Bring good luck and happiness.

【格式】(Rules of dignity)

延喜式内社(engishikinaisha)

【創建】(Beginning of history)

・不詳

【由緒】(history)

Please do not reproduce without prior permission.

出雲風土記に石坂社、また延喜式神名帳に磐坂神社とある。

古くより氏神として崇敬され、本岩坂村の地名も当地より起こったものと思われる。

島根県神社庁HPより

【境内社】(Other deities within the precincts)

・稲荷社
・建雄神社
・社日の神《主》天照皇大神・大巳貴命・倉稲魂命・建埴安神・少彦名命
・小坂天満宮

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】(Points selected by Japanese Otaku)

合祀された「神納社 伊弉冊尊(izanami no mikoto)」は「神納山」にあったとする説があります 

「神納社」は 当社から直線で 北に約700m程にある「神納山」に祀られていたとされます
「神納山」は その名の通り 神の御魂を納めた山とも云われて 伊弉册尊の御陵だと伝わります 麓には「岩坂陵墓 参考地(宮内庁)」があります

(Google Map)

下記の【神社の伝承】 も合わせてご覧ください

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

松江駅から 県道21号 R432号 経由 9km程度 車20分くらい

Please do not reproduce without prior permission.

磐坂神社(iwasaka shrine)に到着

Please do not reproduce without prior permission.

松江市立 八雲小学校の裏手横からが 正参道だと思います
以前はこちらからお詣りしましたが 登りがかなり急です

Please do not reproduce without prior permission.

今回は 尾根沿いに上る参道がありますので そちらからお詣りします
八雲公民館を右に行くと八雲小学校ですが 左折します

右手に丘陵が見えたら 小道を右折 そのまま尾根に入っていきます

Please do not reproduce without prior permission.

コンクリートが敷かれた参道になっていて 比較的緩やかです
途中に墓地(おそらく社家のお墓)や荒神を祀る霊地などがあり そのまま進みます

右手から 八雲小学校の裏手横からの参道と合流します

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居が現れ 一礼してくぐります

Please do not reproduce without prior permission.

苔むした狛犬が座し 一礼して 神門をくぐります

Please do not reproduce without prior permission.

石灯篭の先に 拝殿が見えてきます

Please do not reproduce without prior permission.

拝殿の後ろに 御本殿の千木(外削ぎ)が見えます

Please do not reproduce without prior permission.

そのまま拝殿にすすみます 御神紋は「亀甲に大」とあります

Please do not reproduce without prior permission.

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

Please do not reproduce without prior permission.

右手から 御本殿を仰ぎます

Please do not reproduce without prior permission.

境内社にお詣りです
本殿右手には「稲荷社」があり 扁額には「稲荷神社 威福隋敬」とあります

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

本殿の裏手に 祠が2社あります
右手の社は 扁額におそらく「稲荷社」とあり
左手の石の祠は お祀りされている神は不明ですが お詣りをします

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

御本殿の左手には 立派な境内社があります
その横に 天満宮か? 古い「牛の石像」お詣りです
扁額には「建雄神社」と記され 龍神の彫刻が素晴らしいです

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

再度拝殿の前で 一礼して 参道を下がると

Please do not reproduce without prior permission.

Please do not reproduce without prior permission.

参道の上に
「社日の神《主》天照皇大神・大巳貴命・倉稲魂命・建埴安神・少彦名命」

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居の横上に「小坂天満宮」があり お詣りです

Please do not reproduce without prior permission.

鳥居を抜けて 振り返り 一礼 参道を戻ります

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

出雲國風土記(izumo no kuni fudoki)秋鹿郡 恵曇郷(etomo no sato) 条 に記される「御祭神」の伝承について

風土記の石坂社に相当します
秋鹿郡恵曇郷の由来には
御祭神 磐坂日子之命(iwasakahiko no mikoto)についての伝承があります

意訳
『 恵曇郷(etomo no sato)は 郡家の東北九里四十歩の所にあります

須作能乎命(susanowo no mikoto)の御子の 磐坂日子之命(iwasakahiko no mikoto)が 
国内をご巡行になられた時に ここにお着きになられて おっしゃったことには「ここは 国として若々しく 美好い(uru hashii)ところである 地形が画鞆(e tomo)のようである

私の宮は この所に造り仕えよ」と仰せられた
ゆえに 恵伴(e tomo)という

神亀三年に字を恵曇(e tomo)と改めました 」

『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲國風土記』
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

※社家には 次のような伝承もあるようです

この地は 御祭神 磐坂日子之命(iwasakahiko no mikoto)の誕生地であって 近くには 御祭神が船に乗られて 国内をご巡行して居られた時に 着座された船窪の地もあると云う

『雲陽志(unyo shi)』意宇郡 西岩坂 にある伝承

西岩坂には「磐坂神社」が「小坂明神」として記されています
 鎮座地は 小坂山と呼ばれ 現在の通称名が「小坂さん」との訳もわかります

意訳

『  西岩坂  小坂明神

根裂神(nesaku no kami)を祀る 
縁起なしも 鎮座はたいへん古く 慶長13年(1608)建立の棟札ありて 神社のあたりは古い樹木が多い 

・5月5日 神田植え・9月19日 7坐の神事 

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835] 『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)』意宇郡 にある伝承

風土記の石坂社(iwasaka no) yashiroとしています
合わせて 合祀の「神納社」についても言及しています

意訳
 磐坂神社

風土記に 石坂社(iwasaka no) yashiroとあり岩坂村に鎮座

風土記の 秋鹿郡 恵曇郷(etomo no sato)条に
須作能乎命(susanowo no mikoto)の御子の 磐坂日子命(iwasakahiko no mikoto)と伝わっている この神を祭れるなり

今は 岩裂神(iwasaku no kami)も祭るというのは非なり
祭日5月5日 9月19日

岸寄県の風土記鈔という物に
静に坐す 於 大草郷 岩坂村「神納山(kan no fu yama)」伊弉美命(izanami no mikoto)は「神魂社」なり 後に遷座して大庭となりたまいしなり・・ 』

※『出雲国式社考((izumo no kuni shiki no yashiro ko))』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)
『原文』参照 国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国式社考』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

出雲の国内をご巡行・視察された須作能乎命(susanowo no mikoto)の御子神 磐坂日子命(iwasakahiko no mikoto)の生誕の地
磐坂神社(iwasaka shrine)に「拝 (hai)」(90度のお辞儀)

Please do not reproduce without prior permission.

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.