出島神社(松江市西浜佐陀町)

出島神社(でじまじんじゃ)は 出雲風土記所載の秋鹿郡 不在神祇官社「出島社(いでしま)のやしろ」とされます かつて釜代(かましろ)という所に鎮座しましたが 宍道湖の波浪の浸食で崩れ 現在地に遷座したと伝わります

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳』

➂最後に出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 秋鹿郡(aika no kori)

   不在神祇官社(fuzai jingikan no yashiro)

【社名】出島社 
読み(いでしま)のやしろ
How to read(ideshima no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

官社ではない為 該当しません

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

出島神社(でじまじんじゃ)

【通称名】(Common name)

釜代大明神(かましろだいみょうじん)

【鎮座地】(location)

島根県松江市西浜佐陀町881

【地 図】(Google Map)

https://www.google.com/maps/dir/''/%E3%80%92690-0122+%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8C%E6%9D%BE%E6%B1%9F%E5%B8%82%E8%A5%BF%E6%B5%9C%E4%BD%90%E9%99%80%E7%94%BA%EF%BC%98%EF%BC%98%EF%BC%91+%E5%87%BA%E5%B3%B6%E7%A5%9E%E7%A4%BE/@35.472497,133.0193258,15z/data=!4m14!4m13!1m5!1m1!1s0x35570516ded6dc09:0x54e0b4e30d809e3d!2m2!1d133.0460423!2d35.4673633!1m5!1m1!1s0x35570ff42dfbc145:0x38c0aabcc657ad33!2m2!1d133.0168677!2d35.472648!3e0

【御祭神】(God’s name to pray)

《主》瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)
   彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)
   葺不合尊(ふきあえずのみこと)
   木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)
   豊玉媛命(とよたまひめのみこと)
   玉依媛命(たまよりひめのみこと)
   櫛八玉命(くしやたまのみこと)

【御神格】(God’s great power)

農耕漁業

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社

【創建】(Beginning of history)

由緒

出雲風土記所載、旧村社。
神社史研究会HPより

【由緒】(history)

古江村誌

古曽志の南海邊に山あり釜代山と云
古は海中へ百間斗出て古木多し 七釜代明神とて二社ありしが 是山次第に波に崩れて 一社を浜佐田村に遷し今の釜代社是也 一社當村の白鬚社に相殿に祭る 寛永中 白鬚社造立のとき 材木を釜代山より切出したりと云傳れば大木も多かりと見えたり

【境内社】(Other deities within the precincts)

御崎神社《主》須佐之男命

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

釜代(かましろ)という所に鎮座した七釜代明神」が二社あったと伝わります

古江村誌によれば「七釜代明神とて二社ありしが 是山次第に波に崩れて 一社を浜佐田村に遷し今の釜代社是也 一社當村の白鬚社に相殿に祭るとあります

この一社は 出島神社(松江市西浜佐陀町)〈当社〉
もう一社は 「白鬚社」の相殿に祭るとあり
 「許曽志神社の相殿」の事とされます

・許曾志神社〈元宮の跡〉

・許曽志神社

スポンサーリンク

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

松江しんじ温泉駅から R431号経由で西へ約3.3km 車8分程度

R431号で佐陀川を越えて 島根県警察学校手前を満願寺方面に南下すると 満願寺城跡のある小高いコブ(フタコブラクダノのコブ)のような山が見えてきます

満願寺の駐車場の脇に参道があって 宍道湖の土手の手前が社頭になります
大銀杏の側から進みます

出島神社(松江市西浜佐陀町)に参着

鳥居はありませんが 社地へ上がる階段の手前に狛犬が座しますので ここで一礼をしてから 階段を上がります

拝殿扁額には「出島神社」と掲げられています

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

拝殿の目の前には 宍道湖が広がります

松江方面眺めます

本殿横の植え込みには 荒神らしき御幣が立てられています
もしかすると これが・御崎神社《主》須佐之男命 ? お詣りをします

社殿に一礼をして 参道を戻ると土手を越えて桟橋があり 宍道湖の湖畔に出てみることにしました

湖畔から西を望むと
かつて 宍道湖波浪によって浸食されたという釜代(かましろ)という所があったとされます

丁度 夕日が雲の切れ間から宍道湖に差し込んでいます

神社の下の浜は 僅かな砂浜になっていますが さざ波が絶えず押し寄せています 宍道湖波浪によって浸食されたという釜代(かましろ)という所想いを馳せます

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『雲陽志(unyo shi)秋鹿郡 濱佐田 にある伝承

『雲陽志(unyo shi)では

七釜大明神」と記され
風土記 出嶋社と云は是なり
瓊々杵命(ニニキノミコト)出見尊(テミノミコト)葺不合尊(フキアエズノミコト)櫛八玉命(クシヤタマノミコト)木花開耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)豊玉姫命(トヨタマヒメノミコト)玉依姫(タマヨリヒメノミコト)を祭る
この宮山は古・・・・・・・要害としたり 今にその古跡あり

古老傅に 南湖二三町沖を俗に釜代(カマシロ)沖と云り 水底に釜の形のごとくなる磐有 神代に朝の御気 夕の御気(ミケ)調えし釜なりと云
船中不浄の人ありて 此釜磐の上をすぐれば船かならず覆(クツカエル)と云り・・・・古き棟札に天文二年とあれども由来しれず と記しています

※『雲陽志(unyo shi)』[黒沢長尚著]天保6 [1835] 国立公文書館デジタルアーカイブ『雲陽志』写本https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000002424&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『原文』参照

『出雲国風土記考証(Izumonokuni fudoki koshiyo)』〈大正15年(1926)〉に記される伝承

かつて釜代(かましろ)という所に鎮座したが 宍道湖の波浪の浸食で崩れ 現在地に遷座したことが記されています

【意訳】

『出島社 デジマノヤシロ
濱佐院の満願寺より西へ5町許りに釜代(かましろ)という所がある。
古はその所が入海へ百間許りも突き出ており、そこに出島社があったが、その山は波浪の作用によって次第に缺け崩れてなくなった故に、神社をば満願寺の境内に移し、釜代明神といふ。・・・・・・

【原文参照】国立国会図書館デジタルコレクション『出雲国風土記考証』 大正15年(1926)後藤蔵四郎 著 出版者 大岡山書店
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1020570映像利用

出島神社(松江市西浜佐陀町)に (hai)」(90度のお辞儀)

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.