比婆山久米神社(安来市伯太町)

比婆山久米神社(ひばやまくめじんじゃ)は 古事記「かれその神避りし伊弉那美の神は 出雲の国と伯伎の国(伯耆の国)の堺 比婆の山に葬りき」と 国生みの母神伊弉那美の神は比婆山の山頂に埋葬されたと記されていて 今でも 御神陵と言い伝えられる古い塚があり 山頂奥宮と麓の里鎮座します 

ここからは 掲載神社の呼称名を時代順に説明していきます

①まず初めは 今から約1300年前・天平5年(733年)2月30日に完成した出雲風土記

➁次に 今から約1100年前・平安時代中期(延長5年927年)完成した『延喜式神名帳』

➂最後に出雲風土記』と『延喜式神名帳』の論社(現在の神社)となっています

①【約1300年前】About 1300 years ago

出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社(Place of publication)】
The shrine record was completed in February 733 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori)

   神祇官社(jingikan no yashiro )

【社名】久米社 
読み(くま)のやしろ
How to read(kuma no) yashiro

国立公文書館デジタルアーカイブ『出雲国風土記』写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000003351&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

➁【約1100年前】About 1100 years ago

延喜式神名帳engishiki jimmeicho所載社(Place of publication)
The shrine record was completed in December 927 AD.

【國】 出雲(izumo no kuni)
【郡】 意宇郡(ou no kori)

【社名】久米神社 
読みくめのかみのやしろ
How to readKume no kami no yashiro

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1442211/160画像利用
国立国会図書館デジタルコレクション 延喜式 : 校訂. 上巻(昭和4至7)

スポンサーリンク

➂【現在】At the moment の【論社】Current specific shrine

【神社名】(shrine name) 

比婆山久米神社(ひばやまくめじんじゃor 熊野神社(くまのじんじゃ)

【通称名】(Common name)

・〈奥宮〉比婆山さん(ひばやまさん)

・〈里宮〉権現さん(ごんげんさん)

【鎮座地】(location)

・〈奥宮〉島根県安来市伯太町横屋486

・〈里宮〉島根県安来市伯太町横屋611

【地 図】(Google Map)

https://www.google.com/maps/search/%E6%AF%94%E5%A9%86%E5%B1%B1%E4%B9%85%E7%B1%B3%E7%A5%9E%E7%A4%BE/@35.3133501,133.2415925,14.67z

【御祭神】(God’s name to pray)

〈奥宮〉
《主》伊邪那美之尊

〈里宮〉
《主》伊邪那美之尊
《配》事解男之尊 早玉男之尊
《合》倉稲魂神 伊邪那岐神

【御神格】(God’s great power)

・子授・安産・子育ての守護神

【格式】(Rules of dignity)

・『出雲風土記(izumo no kuni fudoki)所載社
・『延喜式神名帳engishiki jimmeicho 所載社

【創建】(Beginning of history)

比婆山由緒

比婆山は日本で一番古い歴史書「古事記」に、日本の国をつくられた女神(伊邪那美命 イザナミノミコト)を葬られた場所として記されている由緒ある山です。

古事記原文
「故其所神避之伊邪那美神者葬出雲国境比婆山也」
抄訳(その神避りし伊邪那美の神は、出雲の国と伯伎の国との境の比婆山に葬りき)

 標高は約300あり、伊邪那美命(イザナミノミコト)を祀る御陵峰(ごりょうみね)、御陵を崇拝する社祠峰(しゃしみね)、夫の伊邪那岐命(イザナギノミコト)をみたてた妙見峰(みょうけんみね)の三つの峰からなっています。
 山頂には神事に用する浄水の湧く井戸や供饌米(きょうせんまい)を自給した献穀田(けんこくでん)の跡があり、久米神社が祀られています。この「久米」の語源は「コムル(隠し奉る)」の意で伊邪那美命(イザナミノミコト)の霊をお祀りしたと伝えられています。
 月山富田城を拠点に、中国十一州を統治した尼子氏が、守護の祭神として篤く崇拝したここ比婆山には、随神門(ずいじんもん)をはじめとした社殿や五坊(ごぼう)、鐘楼(しょうろう)など整え神仏習合一山の隆盛を極めた跡をうかがい知ることができます。
 また山頂から麓にかけて、陰陽竹(いんようちく)(島根県指定天然記念物)や玉抱石(たまかかえいし)、神龍石(こうごいし)、玄武岩柱状節理の奇勝もあります。
安来市 平成24年3月

現地案内板より

スポンサーリンク

【由緒】(history)

〈奥宮〉
当社は、延喜式内社であって出雲風土記には久米神社・熊野神社とも記されています。
主祭神は伊邪那美命でありこの比婆山は、伊邪那美命の御神陵地としても有名で社殿奥の御陵がそれである。
また尼子・松平(母里藩)の崇敬社として栄えてきたが時に子授・安産・子育ての守護神として出雲・伯耆など近在はもとより全国各地からの参詣者が多く人々の信仰を集めている。

※「全国神社祭祀祭礼総合調査(平成7年)」[神社本庁]から参照

 

〈里宮〉現地案内板より
比婆山畧記
比婆山(標高330米)は、古事記に「かれ神さりましし伊邪那美の神は出雲の國と伯伎(ははき)の國との境なる比婆之山に葬(かく)しまつりき」とあり国生みの女神伊邪那美命が葬られた処で山頂には御神陵と安産・子授け子育ての久米神社があり遠く能義平野・大山・島根半島まで眺望できまた珍しい玉抱石やこの山にしか自生しない島根県の天然記念物である陰陽竹の群生地があります。

平成3年11月 伯太井尻公民館

【境内社】(Other deities within the precincts)

〈里宮〉
荒神社 《主》須佐之男神
嚴島神社《主》市杵島姫神
嶽神社 《主》経津主神《配》建御槌神

スポンサーリンク

【オタッキーポイント】Points selected by Japanese Otaku)

出雲風土記 733 AD.(izumo no kuni fudoki)所載社の「久米社(くま)のやしろ」の論社は 二ヶ所になります

・久米神社〈熊野大社上宮の境内〉

・熊野神社 奥宮〈比婆山久米神社〉
・熊野神社 里宮〈比婆山久米神社〉

【神社にお詣り】(Pray at the shrine)

安来駅から伯太川上流方向へ 県道9号を南下 約16km 車30分程度

県道9号 横屋バス停を西に すぐ伯太川に架かる橋を渡ると久米神社〈里宮〉です 

橋を渡ってすぐ左手に「比婆山畧記」の大きな案内板があります

比婆山久米神社(安来市伯太町)に参着

一礼をして木の鳥居をくぐって 石段を数段上ると広場があり 左端の方に「山頂まで1050m」の標識があり そこが登山口となります 当日は天候が悪く山道は危険と判断して 奥宮の御参拝は断念 里宮にてお詣りをします

来待石狛犬が座し その先に一段高くなった社地に拝殿が建ちます

拝殿内に掲げられた扁額には「比婆山久米大宮」とあります

賽銭をおさめ お祈りです 
ご神威に添い給うよう願いながら礼 鎮まる御祭神に届かんと かん高い柏手を打ち 両手を合わせ祈ります

拝殿の奥は 更に高い社地があり 本殿が鎮座しています

社殿に一礼をして 境内を抜け 伯太地区から比婆山を眺め 一礼をします

【神社の伝承】(Old tales handed down to shrines)

それぞれの文献では 次のように伝承しています

『古事記(Kojiki)』〈和銅5年(712)編纂〉 に記される伝承

意訳

こうして 御隠れられた伊耶那美神 出雲国と伯伎国との堺の比婆の山に葬った

【原文参照】『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブ
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『原文』参照

出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)意宇郡 にある伝承

意訳

『  久米神社Kume no kamino yashiro)

今の本は誤りです 風土記は「久米社(くま)のやしろ」とあり 大草熊野村あり

※『出雲国式社考(izumo no kuni shiki no yashiro ko)』[選者:千家梅舎/校訂者:岩政信比古]写本 ,明治02年(1906)
国立公文書館デジタルアーカイブ出雲国式社考写本
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000040615&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『原文』参照

比婆山久米神社(安来市伯太町)に (hai)」(90度のお辞儀)

『出雲國風土記(Izumo no kuni Fudoki)に所載の神名帳(Jimmeicho)』に戻る

『出雲国 式内社 187座(大2座・小185座)について』に戻る 

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-出雲國風土記神名帳(izumo no kuni fudoki jinmeicho)
-, ,

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.