➈神語り(かむがたり)八千矛神(やちほこのかみ)と須勢理毘賣(すせりびめ)

武神の八千矛神(やちほこのかみは 夫婦円満の和合の神として 描かれる

八千矛神(やちほこのかみの御神名は 出雲の勢力を拡大した武神〈いくさがみ〉の神威を表します 併合した各国とは 婚姻関係が結ばれ 各々の妻を持っていた

そこで 嫉妬(しっと)深い お妃(きさき)須勢理毘売(すせりびめと歌を交わしたこの歌は 神語りかむがたり)〉とされ 仲睦まじく 酒盃を交わし 互いに手を掛け合い 今に至るまで出雲に (しずまりまします) と記されます

大神大后神社(出雲大社 境内 御向社)《主》須勢理毘売命

『古事記』神話には
お妃(きさき)須勢理毘売(すせりびめと歌を交わし 仲睦まじく 酒盃を交わし 互いに手を掛け合い 今に至るまで 坐(しずまりまします)」と記されます

スポンサーリンク

『古事記(Kojiki)〈和銅5年(712)編纂〉』 に記される伝承

【抜粋意訳】

また その神〈八千矛神〉の
お妃(きさき)須勢理毘売(すせりびめ とても嫉妬(しっと)深いでした れを 夫の君〈八千矛神 心(こころ)憂(うれ)いて 出雲から大和へ上られる 支度(したく)された時に 片手を馬の鞍(くら)にかけ 片足を御鐙(あぶみ)に入れて 歌を詠われた

"黒い色の衣装(めしもの) 十分に身に着けて
沖の水鳥のように 胸元を見て 羽ばたきするようして これ似合〈ふさわしく〉ない

波が寄せるところに 脱ぎ捨て 翡翠色(ひすいいろ)の青い衣装(めしもの) 十分に身に着けて
沖の水鳥のように 胸元を見て 羽ばたきするようして これ似合〈ふさわしく〉ない

波が寄せるところに 脱ぎ捨て 山に蒔いた茜草(あかねぐさ)をつき 料の木汁で染めた衣装(めしもの) 十分に身に着けて
沖の水鳥のように 胸元を見て 羽ばたきするようして これ似合〈ふさわしい〉

睦ましい わが妻よ
鳥の群れるように 私が従者後を追って群れ去ったら 泣くまいとあなたは言っても に立つ薄(すすき)ように うな垂れ 泣いてしまい 朝の雨の霧のように立つのだろう 若草のような わが妻のみことよ"

事の語り伝えは かようでございます

すると そのお后(きさき)が きな酒盃(サカズキ)を持ち 立ち寄り 歌を捧げました

"八千矛神(やちほこのかみのみこと 私の大国主(おほくにぬし
あなたは男ですから 廻る岬(みさきみさき) 廻る埼埼(さきざき) 若草のような居るのでしょう

わたしは女ですから あなた以外に男はなく あなた以外に夫は居ません

ふわりと垂れている綾織(おりもの)の下で 暖かな衾〈寝具の柔らかな下で 白い衾〈寝具さやさやと鳴る下で 泡雪(あわゆき)のような若々しい胸を (こうぞ)の綱のような腕で そっと叩いて手をさしかわし 玉のような手を廻して 足を伸ばしてお休みなさい どうぞお酒をください"

そこで 盃を交わし 互いに手を掛け合い 今に至るまで 坐(しずまりまします)

これを 神語りかむがたり)といいます

【原文参照】

『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブhttps://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブhttps://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

『古事記』選者:太安万侶/刊本 明治03年 校訂者:長瀬真幸 国立公文書館デジタルアーカイブhttps://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000047416&ID=&TYPE=&NO=画像利用

スポンサーリンク

⑩大国主神(おおくにぬしのかみ)系譜迦毛大御神(かものおほみかみ)〉 に進む

スポンサーリンク

”時の架け橋” 大国主神(おほくにぬしのかみ)
『古事記』に登場する神話の舞台 に戻る

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-神話の舞台
-

Copyright© shrine-heritager , 2022 All Rights Reserved.