丹後国(たんごのくに)の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載される 丹後国 式内社 65座(大7座・小58座)の神社です

丹後国 式内社 65座(大7座・小58座)について

丹後国(たんごのくに)の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載される 丹後国 式内社 65座(大7座・小58座)の神社です

目次

丹後国(たんごのくに)について

丹後国Tangonokuniは  令制国の一つ山陰に属する
現在の京都府北部(丹後半島辺り)

和銅6年(713年)4月3日に丹波国の北部加佐郡与謝郡丹波郡竹野郡熊野郡の5郡を割いて「丹後国」として設置される

しかし 元々は 丹後地方が 丹波の中心あった
『古事記』『日本書紀』には 開化(かいか)天皇・垂仁(すいにん)天皇が この地の支配者の娘をめとった伝承を載せています

明治4年1871) 7月 廃藩置県 藩領が舞鶴県、宮津県、峰山県の管轄とな
明治4年187111月 第1次府県統合により 全域が豊岡県の管轄となる
明治9年(1876) 8月 第2次府県統合により 京都府の管轄となる

スポンサーリンク

丹後国(たんごのくに) 65座(大7座・小58座)

大社 7は 6名神大社は5社〉
小社58は 58
 65は 64

※座は神の柱数 社は神社数

〈延喜式神名帳に記載〉
加佐郡與謝郡丹波郡竹野郡熊野郡

スポンサーリンク

加佐郡(かさの こおり) 11座(大1座・小10座)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

奈具神社(なくの かみのやしろ)

伊知布西神社(いちふせの かみのやしろ)

弥加宜神社(いやかき かみのやしろ)

倭文神社(しとりの かみのやしろ)

倭文神社(京都府舞鶴市)

髙田神社(たかたの かみのやしろ)

大川神社(名神大)(おほかはの かみのやしろ)

阿良須神社(あらすの かみのやしろ)

笶原神社(やはらの かみのやしろ)

麻良多神社(まらたの かみのやしろ)

三宅神社(みやけの かみのやしろ)

日原神社(ひはらの かみのやしろ)

日原神社舞鶴市女布

スポンサーリンク

與謝郡(よさの こおり) 20座(大3座・小17座)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

籠神社(名神大月次新嘗)(この かみのやしろ)

・眞名井神社〈籠神社奥宮〉

・籠神社(宮津市)

物部神社(もののへの かみのやしろ)

物部神社与謝野町石川

弥刀神社(いやとの かみのやしろ)

須代神社(すしろの かみのやしろ)

布甲神社(ふかう かみのやしろ)

宇豆貴神社(うつきの かみのやしろ)

阿知江神社(あちえの かみのやしろ)

久理陁神社(くりたの かみのやしろ)

多由神社(たゆの かみのやしろ)

宇良神社(うらの かみのやしろ)

・宇良神社〈浦嶋神社〉(伊根町)

矢田部神社(やたへの かみのやしろ)

阿知江部神社(あちえいそへの かみのやしろ)

倭文神社(しとりの かみのやしろ)

倭文神社(京都府与謝郡与謝野町

三重神社(みえの かみのやしろ)

木積神社(こつみの かみのやしろ)

板列神社(いたつらの かみのやしろ)

杉末神社(すきすえの かみのやしろ)

吾野神社(わかのの かみのやしろ)

大虫神社(貞・名神大)(おほむしの かみのやしろ)

小虫神社(貞・名神大)(こむしの かみのやしろ)

スポンサーリンク

丹波郡(たんばの こおり) 9座(大2座・小7座)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

大宮賣神社二座(名神大)(おほみやめの かみのやしろ ふたくら)

咋岡神社(くひをかの かみのやしろ)

波弥神社(はみの かみのやしろ)

多久神社(たくの かみのやしろ)

稲代神社(いなしろの かみのやしろ)

名木神社(なきの かみのやしろ)

矢田神社(やたの かみのやしろ)

比沼麻奈為神社(ひぬまなゐの かみのやしろ)

竹野郡(たかのの こおり) 14座(大1座・小13座)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

大宇加神社(おほうかの かみのやしろ)

奈具神社(なくの かみのやしろ)

溝谷神社(みそたにの かみのやしろ)

久尓原神社(くにはらの かみのやしろ)

網野神社(あみのの かみのやしろ)

依遅神社(えちの かみのやしろ)

大野神社(おほのの かみのやしろ)

竹野神社(大)(たかのの かみのやしろ)

生王部神社(いくわうへの かみのやしろ)

志布比神社(しふひの かみのやしろ)

深田部神社(ふかたへの かみのやしろ)

床尾神社(ゆかをの かみのやしろ)

発枳神社(からたちの かみのやしろ)

賣布神社(めふの かみのやしろ)

熊野郡(くまのの こおり) 11座(並小)

国立公文書館デジタルアーカイブス  延喜式 刊本(跋刊)[旧蔵者]紅葉山文庫https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F1000000000000004146&ID=M2014101719562090086&TYPE=&NO=画像利用

熊野神社(くまのの かみのやしろ)

意布伎神社(いふきの かみのやしろ)

伊豆志弥神社(いつしみの かみのやしろ)

矢田神社(やたの かみのやしろ)

丸田神社(まろたの かみのやしろ)

賣布神社(ひめふの かみのやしろ)

衆良神社(もろよしの かみのやしろ)

三嶋田神社(みしまたの かみのやしろ)

神谷神社(かむたにの かみのやしろ)

村岳神社(貞)(むらをかの かみのやしろ)

聞部神社(ききへの かみのやしろ)

山陰道に鎮座する 560座『延喜式神名帳』の所載一覧 に戻る  

おすすめ記事

1

宇佐八幡宮五所別宮(usa hachimangu gosho betsugu)は 朝廷からも厚く崇敬を受けていました 九州の大分宮(福岡県)・千栗宮(佐賀県)・藤崎宮(熊本県)・新田宮(鹿児島県)・正八幡(鹿児島県)の五つの八幡宮を云います

2

行幸会は 宇佐八幡とかかわりが深い八ケ社の霊場を巡幸する行事です 天平神護元年(765)の神託(shintaku)で 4年に一度 その後6年(卯と酉の年)に一度 斎行することを宣っています 鎌倉時代まで継続した後 1616年 中津藩主 細川忠興公により再興されましたが その後 中断しています 

3

対馬の式内社とは 平安時代中期〈927年12月〉に朝廷により編纂された『延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)』に所載されている 對馬嶋の29座(大6座・小23座)の神社のことです もちろん九州では最多の所載数になります 現在 この式内社29座の論社は 67神社となります

-延喜式神名帳(Engishiki Jimmeicho)
-,

Copyright© shrine-heritager , 2023 All Rights Reserved.